世界革命戦略

2022年7月25日 (月)

自民党補完勢力の台頭 参政党

今次の参院選挙ではいよいよ日本維新の会の勢力が定着し、中道、左翼勢力の凋落と安倍晋三の犠牲による反動勢力の台頭が明らかになってきた。

とりわけ、参政党なる新しい整理力の選挙演説を聞いても、日本のアジア侵略の歴史的事実を全面的に否定し、戦前軍部が掲げた大東亜圏とか八紘為宇などの侵略的用語まで使って天皇中心とした日本国のアジア支配の野望まで堂々と主張している。

コロナ対策のワクチンやマスクについても攻撃しているからほとんど狂気的集団と思われるが、この政党に参加しているのが一見まともそうな大人だからどうなっているのだと思う。ネットなどを通じてこれに賛同し熱中する若い者が多く出ているという。世も末だという感じだ。

私もワクチンは一切受けていないが、マスクや口の消毒は厳重にしている。戦後の歴史教育を選挙で公然と否定する団体は参政党だけだろう。

今ロシアがウクライナでやっている残虐なことをもっと大々的にアジアでやったのが日本なのである。
我々日本人は、100年たっても1000年たっても侵略の歴史的事実を忘れてはならない。それを否定する政治家にいかなる議席も与えてはならない。

それが最低限の日本人の良心だ。
我々は、誇らしい良い歴史も恥ずべき悪い歴史も、事実をありのまま認識し、反省すべきことは反省し、謝罪し、できる限り償いをしなければならない。

歴史的事実を認識することを自虐史観と言って非難する連中、自尊史観とか虚偽の歴史観を宣伝する連中の魂胆は、夢よもう一度で国粋主義的アジア侵略の思想を復活させようとするものであり、再び祖国を灰燼の中に引きずり込もうとする亡国の徒なのである。

「霊の御柱」などの荒唐無稽な平田派国学の流れの皇国史観を唱道する連中をいかなる政治的舞台にも挙げてはならない。権力に近づけてはならない。

それは侵略戦争と身分差別の根源であり、無辜の民の累々たる屍の上に咲くあだ花だ。

| | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

ウクライナ戦争と日本の安全保障


ロシアによるウクライナ侵略戦争を奇貨として、日本の防衛費の倍増や敵基地への反撃能力を持つミサイルなどの武装論が活発であり、それをあおるような世論調査が横行している。

プーチンのロシアや習近平の中国、金正恩の北朝鮮、アメリカのトランプなど常軌を逸した狂った連中が権力を握って何をするかわからないという現実があることは事実だ。それだからと言って我々は自衛隊の増強によって日本の安全が保障できるだろうか。

中国や朝鮮、ロシアから日本へのミサイルが同時に複数発発射されたらとても迎撃することは不可能だ。

だから第一に、外交努力によって政治的に、経済的に、スポーツも含めた文化的交流を日頃から深めることが大切であるが、狂人たちには、そのようなことでは通用しないかもしれない。

ウクライナの事態はいかなる楽観も許されず、信じられないことが起こる事を示している。
現在の自衛隊の実力では、ミサイルを防げないし、敵国中枢への反撃もその前に逆にわが国中枢がやられるであろう。

敵軍の攻撃を抑止するほどの威力も示威できない。アメリカ軍が、どれほど力になってくれるか全く不明であり、いくら同盟を結んでいても自国の安全を他国に頼るなどというのは政治的にも軍事的にも無責任だ。

大規模なミサイル攻撃を受け、侵略軍の日本上陸に対して自衛隊がどれほど抵抗できるか。ほとんど期待できないだろう。実戦の経験もないから鉄砲を投げ出して逃げるかもしれない。私が言いたいのは国民は他国の侵略に対して国民自身が戦うしかないという事だ。専守防衛というのは基本的に国民が自ら侵略軍に対し武器を取って戦うという事だ。

だから、国民は、有事の時には武装する権利、日ごろ武器操作の訓練をする権利が必要であり。そのため敵の戦車や、艦船、航空機への反撃に有効な武器やドローンや通信機器の装備を必要とする。このような武力行使のできる国民を数百万人備えることが最も重要だ。

このような国民軍の創成は、憲法は禁じていない。この国民軍(反侵略国民軍)は自衛隊や政府機関には所属せず、独自の指揮命令系統を持つべきであり、他国からの侵略を受けたときにだけたちあがるとするものである。

ウクライナでのロシア軍だけでなく、ヒットラーのナチス軍団や日本軍のように侵略軍は焦土作戦を展開し、住民の皆殺しをするのであるから、被侵略国民は武装して戦うほかにないのである。

日本国憲法は国としての軍隊の保有、国権の発動としての交戦権は認めていない。しかし、国民が侵略軍に対して武器を取って戦うことは何ら禁止していない。

他国に国を守ってもらおうという日米軍事同盟などを信頼してはならない。むしろそんなあてにならない同盟によって沖縄などの大事な国土を占領されあまつさえトランプなどのような狂信者が起こす戦争に巻き込まれる。

いかなる侵略軍がやってきても最後の一兵まで戦うという国民軍の創設が、真実の安全保障だ。

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

暴虐の雲光を覆い・・

ロシアのウクライナ侵略はナチスや日本天皇軍の蛮行を髣髴とさせる。
学生自分にうたってきたワルシャワ労働歌の歌詞

 暴虐の雲光を覆い 敵の嵐は荒れ狂う
 怯まず進め我らが友よ 敵の鉄鎖を打ち砕け
      ・・・・
 というありさまが如実にウクライナの天地で繰り広げられているのである。

 人類は、このような惨劇をくぐらなければ自由で平和な世界を手にすることができないのであろうか。

 いづれにしても、ロシアやアメリカ、中国など資源大国に依存しなければ成り立たない資本主義の世界から可及的速やかに脱却しなければこのような惨事は繰り返しやってくるだろう。

 核大国の世界支配から脱却する道は地球温暖化から脱却する気候正義の道と同一である。

 自然エネルギーなど代替エネルギーの模索もいいがそれよりも何よりも大量生産・大量消費の現代人類の病を治すことだ。資源やエネルギーの消費を激減することが一番簡単で確実な方策だ。

 資本主義は、人間の過剰な欲望を掻き立て資源や領土をめぐる人と人、国と国の争いを激化させ、むこの人民を暴虐の嵐の中で殺しあわせるである。


  宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のように

  食を簡素にし日に玄米1食か2食、質素な家に住み、山の畑を耕し、浜辺で流木を拾いそのかたわら、人を助け、不幸な人を慰め、・・・・

 そういう生活をすれば資本主義の地獄がはっきり見えてくるだろう。
 荒れ狂う嵐と業火の中で勇敢に戦うウクライナの人々の姿にただ頭が下がる。

  若いころのワルシャワ労働歌がひしひしと耳朶を打つ。

| | コメント (0)

2022年3月24日 (木)

ウクライナ侵略戦争


ロシアによるウクライナ侵略を契機として第三次世界大戦が開かれつつある。

ロシアプーチンは、生物・化学兵器どころか核兵器を使ってでもウクライナ人民の抵抗を打ち砕くつもりである。

戦車や航空機、ミサイルなどの通常兵器では屈服させることはできないし、世界から受ける経済制裁でロシア自体の存続さえおぼつかない状況を突破するには、核兵器を使う以外に方法はないと判断するだろう。

アメリカやヨーロッパ各国もそれに対応し核兵器の応酬が始まる。
全面的な大戦に発展させないためには、ウクライナ人民の戦いに連帯する世界人民、とりわけロシア人民の決起が必要であるし、全面的世界大戦がはじまっても、全世界のプロレタリア人民がこの戦争終息の責任を担わなければならない。

第二次世界大戦以上に、この勝利は惨憺たる戦火のなかでの勝利となるしかない。
この大戦の中でロシア又は中国が日本列島にも侵略の手を伸ばしてくるやもしれない。自衛隊では祖国を守ることはできない。

日本国民も数百万人の義勇軍が武器を取り火炎瓶を用意しなければならない。すべての市町村で老若男女すべての日本人民が武装闘争で侵略者にこたえなければならない。

ロシアは、ナポレオンやナチスに責められ祖国防衛戦争を強いられ勝利してきた。他方また、ロシアは、明治時代中国や朝鮮に進出しアジア侵略を目指していたが日露戦争で日本によって撃退された。

太平洋戦争の末期日本の敗戦を見込んだロシアは、再び中国東北部(満州)や樺太千島列島などへ軍事的進出を強行し、北海道をもその爪牙に収めようとしていた。火事場泥棒だ。ロシアの野望は、ウクライナなどヨーロッパだけでなく常にアジアも狙っているのである。

ロシアが始めた第三次世界大戦で、ロシアを徹底的に粉砕し二度と野心を抱かせないように叩きのめす必要がある。
経済制裁で返り血を浴びるだろう。だが、この戦争に勝つためには、辛抱しなければならない。

むしろこれを機に、昔の質素な生活に帰り、地球温暖化対策に寄与すべきだ。
日本人民はこの戦争で被害を最小にするために、次のことを準備するべきだ。

1・全ての人民が武器を手に持ち敵を迎え撃つ準備をするべきだ。数百万の義勇兵を組織すべき。

すべての希望する人民が武器の使用の訓練を受けるべきだ。
その武器と技術は当然階級闘争にも使えるのである。

2,すべての原発を閉鎖し核燃料を今のうちに敵の攻撃から安全管理状態に移すこと。

3,ウクライナなどロシアの侵略の犠牲者避難民たちを救うために大型客船をヨーロッパに回航させ、100万人単位で
避難民を受け入れること。(岸田首相が避難民を受け入れますというのはリップサービスだ。直ちに客船をチャーターし避難民を満載して日本に案内しろ)

4,贅沢三昧、飽食の生活をやめ、質素で精神的文化的に豊かな生活習慣に転換すること。みんなが野菜や米麦を作ることを当たり前にし、分かち合い助け合い平等な社会をつくること。
化石燃料をやめ自然エネルギーに転換し、ロシア・アメリカなど化石燃料大国に依存する生活をやめること。

そうしなければ、いつまでも燃料大国に首っ玉を抑えられ抵抗できない。 

5,全国の市町村に蔓延している金権腐敗選挙を一掃し、投票だけの選挙ではなく、学識経験者による当選の最低の客観的基準を設けて投票結果と照合するなど現在の選挙制度を見直す必要もある。

金権に染まり腐敗した連中は売国奴となり敵侵略者側について人民を裏切る。そのような連中を見極め権力に近づけないために選挙制度の見直しが必要だ。

広島での金権選挙の実態は全国どこにも渦巻いている。
議員や首長になるために、投票選挙の前後に、思想信条や能力の実証、人民奉仕のための何らかの実績の有無を考査する客  
観的基準を設けそれをクリアしなければ当選とならない、というような制度に変えるべきだ。字が読めない者はもとより法令をまともに読み解釈できない者、本も読まない知的能力が欠如している者、

あるいは知性はあっても狡知に長け悪徳を重ねたものらが、金に物を言わせて選挙に勝ち権力を握ればどうなるか、
それらは、侵略者に国やふるさとを売るか、せいぜい小型のプーチンになるだろう。

学歴は低く、目や耳が不自由であっても、思想信条が正しく、知性があれば、その者がある程度の投票を得れば当選とする制度が求められる。

今の金権腐敗の選挙で選ばれた首長や議員では、敵の侵略を防ぐことはもとより、ふるさとの復興も何も期待することはできない。上は総理大臣、下は全国都道府県、市町村の首長の無能が日本の現在を作っているのでる。

| | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

第三次世界大戦


私は、ウクライナへのロシア軍の侵略はすでに世界大戦の序曲に入ったと考える。

アメリカやヨーロッパそして日本を含め多くの国がウクライナへ武器の供与をしていて実質的に対ロシア戦に参加していると考えられる。

ロシアは化学兵器や生物兵器のことにまで言及しているが、自らの残虐行為を口実として核兵器の使用を決意していると考えられる。今世界は容易ならざる断崖の上で文字通り累卵の危機の中で、その累卵が事実上崩落し始めたと考えるべきであろう。

中国はそれを察知してロシアからしり込みを始めたが、ウクライナ侵略に乗じて台湾への侵略を始めるだろう。
世界戦争のこれ以上の進展を阻止しなければならないが、国家レベルではこれを止めることも仲裁することもできない。

この世界大戦を阻止できるのは、ウクライナ人民の残念ながら圧倒的劣勢の中の悲惨な戦いと世界人民の反戦運動、とりわけロシア人民の反戦的決起が絶対的条件だ。

ウクライナ人民の英雄的な抵抗は多くの犠牲者を余儀なくされるが、かつて中国が日本軍の侵略に抵抗し勝利したように「惨勝」となっても、頑張ってもらうほかない。ウクライナ人民の犠牲を一人でも少なくするためには全世界の人民が決起することだ。

ロシア人民はプーチンに対し武装蜂起し、第2次のロシア革命に立ちあがるべきであろう。
全世界の人民がこの危機を突破するための唯一の力なのである。プーチンとその子分たちを戦車もろとも火炎瓶で焼き尽くせ。

日本人民もウクライナ人民の戦いを見習い、来るべき日本革命のために準備すべきだ。火炎瓶の作り方と投てきの練習をすることが祖国を防衛し、狂気にかられたヒットラーや天皇、プーチンらによる世界戦争を止めることができる。

第3次世界戦争は既に始まっている。我々は悪夢の現実の中にいるというはっきりした認識をするべきだ。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

ふるさと産品の開発 り・ボルト社 ウェブログ・ココログ関連 ウクライナ人民との連帯 ウクライナ戦争 エッセイ オンブズマン町長の視点 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ヘーゲル哲学 ホワイトビーチ・ホテル マスコミの報道のありかた マルクス・ノート ローカルエネルギー 三位一体改革と地方自治 世界の核事情 世界遺産 世界革命戦略 交通問題 人権問題 伊方原発の危険性 住民参加のありかた 住民監査請求と地方自治 佐賀での講演会と交流 佐賀との交流 健康づくり 公務員の気概 公衆衛生の問題 別件やみ融資事件 医療・福祉の問題 南海地震対策 原子力政策と地方自治 原子力産業の是非 反核運動 司法のありかた 吉野川流域対策問題 国との折衝 国政問題 国政選挙 土佐電鉄バス 土佐電鉄問題 地域のリーダー 地域評議会 地方の公共交通のありかた 地方自治と原子力政策 地方自治の学校 地球温暖化対策 地産地消 報道のありかた 大月町低レベル放射性廃棄物問題 天皇制について 天皇制のありかた 守口市との交流 安倍晋三・国葬儀問題 室戸市の改革 室戸市メガソーラー問題 室戸市政 室戸市民新聞 市民オンブズマンの観点 市民自治のありかた 市町村合併問題 平和の問題 徳島との交流 心と体 情報公開 情報公開のありかた 情報化時代について 憲法改正問題 政治思想ノート 教育のありかた 教育委員について 教育行政のありかた 文化・芸術 新型コロナウィルス 新型コロナウィルス問題 新型コロナウィルス感染症 旅行・地域 日本の歴史 日本国憲法と地方自治 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高裁の判例 有機農業 東洋町のあるものさがし 東洋町の改革 東洋町の教育問題 東洋町の歴史 東洋町よもやま話 東洋町不正融資事件 東洋町庁議 東洋町役場の日常 東洋町町会議員の解職請求(リコール)に関する裁判 東洋町町長選挙2015 東洋町議会報告 東洋町議会選挙 核廃棄物拒否条例 歴史哲学評論 歴史観・世界観 民主主義の実現と最高裁 民主主義は産業 気候変動問題 水産業について 水産物 海の駅東洋町 環境にやさしいまちづくり 環境問題 生涯学習 生見海岸 甲浦地区 町政 町長日誌 白浜海岸 県闇融資事件 社会問題 社会思想 福祉問題 経済・政治・国際 統一教会問題 育児 観光開発 読書ノート 警察・司法のあり方 豊後水道地震と南海トラフ地震 農産物 近隣市町村との交流 道の駅・海の駅開設の為に 部落解放運動 野根地区 関西地区との交流 防災対策 青少年教育 食育 高レベル放射性廃棄物最終処分場 高知県政 高知県議会 高齢者問題 NUMO