東洋町町長選挙2015

2015年4月27日 (月)

幾たびか nobless oblige

News & Letters/409

この年になって、町長選挙か、もうやめちょけ、という声が聞こえるなか、
私は今3度目の東洋町長選挙に臨んだ。
今日が投票日で勝敗は誰も分からない。

だが、相当食い込んだことは事実だろう。

私が町長選に出たのは、第1に現町政に対する批判であり、
第2は、無論、当選して行政を実際に担当するためである。

第1の目的はほぼ達成されたと思う。市民新聞や後援会ニュースで現町政の問題点を明らかにした。街頭演説でも正々堂々と利権行政などを批判した。

第2の目標が達成されるかどうかは今の時刻では分からない。
私の様な戦前に生まれた人間が第1線で戦闘をするというのは、気恥ずかしい気もするが、しかし、年老いても、なさねばならないことはやる、ということだ。
外にやる人がいないから私がやるのである。

私はそれなりに高等教育を受け、親や家族、社会の恩恵を受けて人となった。
その恩に報わなければならない。曲がりなりにも高等教育を受けた者は、それ相当の国家社会への奉仕がなければならない。この混濁の世を横目に見ながら安穏と老後を養うわけにはいかない。

倒れて息を引き取るまで、この世に正義人道を打ち立てるために闘う義務がある。ファシズムに対して闘って死ぬるのはむしろ老人こそふさわしい。犬歯錯綜の戦線の前へ出て敵弾の盾となるのは老兵の役割だ。nobless oblige (noble obligation) いやしくも自分をインテリだと思う者は、常に前線に立て、という意味だ。

戦線。それは選挙であり、各戸ビラまきであり、裁判であり、開示請求であり、・・・・
反戦・反核、環境問題等種々の対権力大衆闘争である。

党は前へ、共産主義党員は常に最前線に立て。

     平成27年4月26日午後5時45分 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ふるさと産品の開発 | り・ボルト社 | ウェブログ・ココログ関連 | エッセイ | オンブズマン町長の視点 | ニュース | パソコン・インターネット | ヘーゲル哲学 | ホワイトビーチ・ホテル | マスコミの報道のありかた | マルクス・ノート | ローカルエネルギー | 三位一体改革と地方自治 | 世界の核事情 | 世界遺産 | 交通問題 | 人権問題 | 住民参加のありかた | 住民監査請求と地方自治 | 佐賀での講演会と交流 | 佐賀との交流 | 健康づくり | 公務員の気概 | 別件やみ融資事件 | 医療・福祉の問題 | 南海地震対策 | 原子力政策と地方自治 | 原子力産業の是非 | 反核運動 | 司法のありかた | 国との折衝 | 国政問題 | 国政選挙 | 土佐電鉄バス | 土佐電鉄問題 | 地域のリーダー | 地域評議会 | 地方の公共交通のありかた | 地方自治と原子力政策 | 地方自治の学校 | 地産地消 | 報道のありかた | 大月町低レベル放射性廃棄物問題 | 守口市との交流 | 室戸市の改革 | 室戸市政 | 市民オンブズマンの観点 | 市民自治のありかた | 市町村合併問題 | 平和の問題 | 心と体 | 情報公開 | 情報公開のありかた | 情報化時代について | 憲法改正問題 | 政治思想ノート | 教育のありかた | 教育委員について | 教育行政のありかた | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本の歴史 | 日本国憲法と地方自治 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最高裁の判例 | 有機農業 | 東洋町のあるものさがし | 東洋町の改革 | 東洋町の教育問題 | 東洋町の歴史 | 東洋町よもやま話 | 東洋町不正融資事件 | 東洋町庁議 | 東洋町役場の日常 | 東洋町町会議員の解職請求(リコール)に関する裁判 | 東洋町町長選挙2015 | 東洋町議会報告 | 東洋町議会選挙 | 核廃棄物拒否条例 | 歴史観・世界観 | 民主主義の実現と最高裁 | 民主主義は産業 | 水産業について | 水産物 | 海の駅東洋町 | 環境にやさしいまちづくり | 環境問題 | 生涯学習 | 生見海岸 | 甲浦地区 | 町政 | 町長日誌 | 白浜海岸 | 県闇融資事件 | 社会問題 | 社会思想 | 福祉問題 | 経済・政治・国際 | 育児 | 観光開発 | 読書ノート | 警察・司法のあり方 | 農産物 | 近隣市町村との交流 | 道の駅・海の駅開設の為に | 部落解放運動 | 野根地区 | 関西地区との交流 | 防災対策 | 青少年教育 | 食育 | 高レベル放射性廃棄物最終処分場 | 高知県政 | 高知県議会 | 高齢者問題 | NUMO