地方の公共交通のありかた

2007年7月13日 (金)

News &letters8

地方における公共交通のあり方

くろしお鉄道(ごめん・なはり線)の集会に出席しました。安芸市長をはじめ安芸郡下の市町村長、議長がほとんど参加していました。南国市や香南市らも参加していました。鉄道会社や県庁の幹部も参加していました。18年度も赤字で1億円のマイナスだということでした。県庁の6千万円を筆頭に沿線市町村の出し前は毎年1億円から2億円近くに上っています。お客さんを増やし確保する名案は今のところないようです。このままでいいのでしょうか。阿佐東線も風前の灯です。

阿佐東線も、また、くろしお鉄道の会社を経営する場合も、次の数点を考える必要があると思います。

1、乗客の増加を図るために各沿線の市町村が何をするか、です。駅の周辺に客をひきつける何かを講じなければ、待ちぼうけのように待っているだけでは意味がありません。殺風景な荒地の甲浦の駅一帯を花の駅に変えようとする会合に呼びかけても、 鉄道会社から一人も姿を見せない。花の一本も持ってこない。乗客が少ないのは乗客 が悪いのではない。経営努力がないからだと思うべきではないでしょうか。

2、そして何よりもコストを大幅に減らす方策を講じる必要があります。コスト削減の検討をするために専門家に依頼すべきです。阿佐東線は1500万円の水揚げしかなく、7000万円に上る経費がいっている。少なくとも収入に見合った経費にすべきなのだから、今の車両をやめて簡便なトロッコに変えるなど抜本的な対策を講じなければなるまい。

くろしお鉄道も4億円の水揚げに対して5億円の経費が要り、1億円前後の赤字なの だから、1億円のコストダウンの方策を講じなければならないと考えます。県や市町村への納税は文字通り血税であり、その税金からの負担金を受けているのだから、身を切り、骨を削る努力が必要です。テレビで報道された銚子の鉄道会社のような努力
が必要です。

3、そして、県や市町村の方は、バスと競合する列車についてどう調整するかという 交通政策が明確でないといけません。限られた乗客(というよりも減少しつつある乗 客)に対して平行にバスと列車を同時に走らせて競争しても共倒れになることは明らかです。
くろ鉄と県交通・土電バスが一体となった取り組みが必要です。ようするに、バスと 鉄道がひとつの会社に統合するぐらいの県の交通政策の指導力が必要なのです。鉄道とバスとどちらかを主従とするという当然の策が必要です。

4、鉄道事業にともなってサイドビジネスもいとわず、車内でジュ-スでもお菓子でも販売する、駅舎でせんべいを売っている鉄道会社があるというが、なりふりかまわない経営努力が必要だということです。

5、県や市町村の負担金の額の制限または減額、負担する期限を切るなど、危機意識を醸成する必要があります。くろしお鉄道の今のように10億円もの基金を常に保有するように毎年負担金を積み上げておけば、誰もまともに努力しないでしょう。赤字をすべて補填してくれるというのであれば、どんなぼんくら社長なり、どんな間抜け 社員でも、誰でも会社の「経営」はできます。
阿佐東線の場合は基金の積み上げも今は途絶え、あと1、2年で食いつぶす金もなくなる見通しです。

会社は慈善事業ではないのだから自力更生の計画がたたないのであれば事業の大転換をするか、それでもだめなら閉鎖すべきです。県や市町村の財政は苦しい。無計画に、共倒れするように競合する二つの路線に湯水のように県民の血税を注ぎ込むこと については、県民に説明はつかない。 阿佐東線の集会やくろしお鉄道の集会に参加して、お歴々のお話を聞きながら、以上のように考え込んでいました。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

ふるさと産品の開発 り・ボルト社 ウェブログ・ココログ関連 エッセイ オンブズマン町長の視点 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ヘーゲル哲学 ホワイトビーチ・ホテル マスコミの報道のありかた マルクス・ノート ローカルエネルギー 三位一体改革と地方自治 世界の核事情 世界遺産 交通問題 人権問題 住民参加のありかた 住民監査請求と地方自治 佐賀での講演会と交流 佐賀との交流 健康づくり 公務員の気概 別件やみ融資事件 医療・福祉の問題 南海地震対策 原子力政策と地方自治 原子力産業の是非 反核運動 司法のありかた 国との折衝 国政問題 国政選挙 土佐電鉄バス 土佐電鉄問題 地域のリーダー 地域評議会 地方の公共交通のありかた 地方自治と原子力政策 地方自治の学校 地産地消 報道のありかた 大月町低レベル放射性廃棄物問題 天皇制について 天皇制のありかた 守口市との交流 室戸市の改革 室戸市メガソーラー問題 室戸市政 室戸市民新聞 市民オンブズマンの観点 市民自治のありかた 市町村合併問題 平和の問題 心と体 情報公開 情報公開のありかた 情報化時代について 憲法改正問題 政治思想ノート 教育のありかた 教育委員について 教育行政のありかた 文化・芸術 旅行・地域 日本の歴史 日本国憲法と地方自治 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高裁の判例 有機農業 東洋町のあるものさがし 東洋町の改革 東洋町の教育問題 東洋町の歴史 東洋町よもやま話 東洋町不正融資事件 東洋町庁議 東洋町役場の日常 東洋町町会議員の解職請求(リコール)に関する裁判 東洋町町長選挙2015 東洋町議会報告 東洋町議会選挙 核廃棄物拒否条例 歴史観・世界観 民主主義の実現と最高裁 民主主義は産業 水産業について 水産物 海の駅東洋町 環境にやさしいまちづくり 環境問題 生涯学習 生見海岸 甲浦地区 町政 町長日誌 白浜海岸 県闇融資事件 社会問題 社会思想 福祉問題 経済・政治・国際 育児 観光開発 読書ノート 警察・司法のあり方 農産物 近隣市町村との交流 道の駅・海の駅開設の為に 部落解放運動 野根地区 関西地区との交流 防災対策 青少年教育 食育 高レベル放射性廃棄物最終処分場 高知県政 高知県議会 高齢者問題 NUMO