エッセイ

2019年8月 1日 (木)

甲子園球児

大船渡高校の佐々木投手が、夏の高校野球岩手県大会の決勝戦で監督が、当番をさせなかったことをめぐって、特にテレビ番組での張本勲氏の発言について論議が沸騰し、張本氏への批判が厳しい。張本氏は監督の判断(故障を防ぐため出さなかった)を批判し絶対投げさせるべきだ、故障を恐れるべきではない、などという強い主張をした。

選手の健康や故障を心配する声が張本氏の主張と対立するのは筋違いだ。私は、張本氏の主張は正当なものと思う。
球児の健康や故障の対策については地方および中央の高野連の責任である。試合のスケジュールの過密さが特に投手の健康、肩の故障をむしばみ、原因となっていることは明らかである。張本氏は球児たちの心情を吐露しただけである。

球児の立場からすれば甲子園出場が最高の目的である以上、可能な限り、負傷や疲労・体力の限界が見えていない以上たとえ3回でも5回でも登板したい、登板させるというのは当然のことであると思う。

球児が、甲子園で燃え尽きるのか、プロの世界で燃え尽きるのか、選手自身の選択の余地がある。

監督が選手たちの生殺与奪の権を握っているような現在の高校野球の姿は、改善すべきだ。選手が一挙手一投足ベンチの監督の指図を仰ぎ、選手登録や出場枠の決定、レギュラー選手の決定など監督の権限が余りにも強大である。球児はほとんど監督に頤使される奴隷のようである。
1週間に400球程度の投球は普通の投手の投球練習の範囲である。

佐々木投手の体力や気力ではたとえ完投はしなくても、相当な回数の登板は可能であっただろう。監督の一存で決勝戦の出場を逃した投手、甲子園行きが夢と消えたチームメイト、球児の無念さを張本氏は代弁した。

| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

女性記者の告発

News & Letters/628
財務次官への取材中に次官から受けたセクハラの事実を他社の週刊誌に漏らしたのは
不適切だ、と所属社の幹部が被害女性記者を非難した。なんだこれは。
第一に、女性記者がそうせざるを得ない環境に置いていたその会社の在り方が問われるべきだ。
第二に、セクハラの受難は犯罪の被害だ。取材中であっても刑事犯の被害にあった場合は
被害者は告発する権利がある。それはもはや業務の枠、会社の規則の枠の次元を超えている。
業務中に首を絞められ殺されかかったらどうする?どういう手段を講じても防衛し助けを求めるのは当然のことで会社のルールは及ばない。基本的人権を守るというのは自然法の世界の話で、会社の規則どころか法令の枠を超えた人間の根源的な行為である。特に性の問題は人間の生命現象でその拒絶反応も生命現象的人権である。
取材源の秘匿とか経営上の利得などで論ずべきものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

北朝鮮

News & Letters/579
北朝鮮のミサイル発射に対し制裁の強化、軍事的対決の姿勢の誇示など物騒な状況が続く。
しかし、少々の制裁や威嚇では北朝鮮の暴挙は止まないだろう。
北朝鮮を鎮静するには、武力や経済的制裁では収まらない。
むしろ、韓国木浦での田内先生のような人道的行為が必要である。
北朝鮮に民間病院や大学医学部などが進出し診療施設を開設し無償無料で
貴賤上下の差別なく医療を施すとか、孤児院や身寄りのない老人を世話する施設開設など
医療・福祉の方面で日本(韓国とも連携することも含め)が手を差し伸べる行動が必要であろう。
外交というのを単に政治、経済、軍事という面だけでなく、国によっては福祉を主要テーマとして行うことも必要であろう。北朝鮮はまさに医療や福祉の面で決定的に欠如していて日本が支援(無償奉仕)する必要があり、また、過去の償いの一つでもあろう。年に1000億円ぐらいは安いものだ。
惜しみなくそういう行動をとる国に対し北朝鮮もミサイルをうちこむことはないだろう。
無論在日朝鮮人の方々への支援も忘れてはならない。
虎穴に入らんずんば虎児を得ずだ。そこの人民を助けるために医療・福祉施設が北朝鮮に入るべきだ。
そうすれば憲法9条はさらに輝くだろう。
憲法9条は、憲法条文中にただ守ればよいというのではない。
それは、戦争を回避し平和を維持・発展する行動を政府や国民に促しているのであ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

警察手眼

News & Letters/508

差別虐殺の容疑者の名前が植松という。
植松という姓は全国各地にある。
私の知っている植松は室戸市佐喜浜町の旧家である。
明治初年、日本の近代警察の骨格を形成する上で重要な役割を果たしたという人が
この植松家からでた。さとこさんという高齢の女性が古い家を守っていて、私が行けば常に歓待してくれる。

その人の名前は植松直久といい、明治15年9月21日に37歳で没した。墓は近くの墓地にある。
その人の編著作の書が『警察手眼』だ。
この書は明治以降今日でも警察とは何か官人とは何か、肝に銘ずべき格言が詰まっている。
今回の相模原の前代未聞の差別襲撃事件に対する警察の対応ついて疑問があり、この書を開いてみた。

次のように書いてあった。

「警察要旨」

「行政警察は予防をもって本質とす。すなわち人民をして過ちなからしめ、罪に陥らざらしめ、損害を受けざらしめ、もって
公同の福利を増益するを要するになり。」

「探索心得」

「声なきに聞き形なきに見るが如き無声無形の際に感覚せざるを得ざるなり。」
「怪しきことは多く実なきものなり。決して心を動かすべからず、しかれども一度耳に入るものは未だその実を得ざるといえども又怠らざるは警察の要務なり。」

相模原では、容疑者は襲撃計画まで作っていて、その対象に今回の施設の名前を挙げていた、という。

それでも警察はほとんど何もしなかった。職務怠慢というような言葉で片づけることはできない。

その根因は、どこにあるか。驕慢な権力意識だとおもう。
事件があってもできたら動かずにことが収まるほうが良い。東洋町の海の駅の放火事件のようにもみ消す。
権力を自分らが持っていてこれが最大の利権だ。人民のために動かすのは最小限度でよい。
政権に関係する政治家の犯罪事件には介入しない。甘利らは守られ、福島原発の犯人らは放免された。

権力を握りその上に安座する。それが現代の警察・検察の姿だ。そういう意識だから、襲撃予告が宣言された

施設を防護する処置をとらないのは当然なのだ。実際に19人もの人間が殺されてびっくりしたようにふるまっている。

『警察手眼』に聞いてみよう。
「官員は元来公衆の膏血(こうけつ)をもって買われたる物品のごとし。故にその価に適当する効用をなさずんばあるべからず。もしこの効用なき者はその買主なる公衆に疎まれ又その物品中にもあやしまるる無論なり」
「それ官員は公衆の膏血をもって買われたる物品なれば、その価だけの効用なくんば人民に疾悪を受くるは言をまたざるべし。」

植松直久は、フランス流の人民を守る警察を日本に建設しようとした。
その思想の根幹には、警察や政府官員は人民によって買われた物品だという位置づけがあった。

人民主権の筋が通った警察を作ろうとしていたのである。いわく「警察官は人民の為には保傅(ほふ)の役なり」

室戸市佐喜浜の植松家は90才を超すおばあさんが元気でひっそりと守っている。おばあさんは正義感がきわめて強い

方で植松直久さんを大変大事にしている。近代日本警察を研究する学者がこれまでたくさんこの家を訪問してきたという。

またこの植松家から自由民権の有名な県会議員も出ている。
この『警察手眼』の本は、植松家にまだ幾冊かあり、分けてもらえるのではないかと思う。
この史跡を訪問したい方は私が案内します。素晴らしい史跡だが国も県も市もそのような指定はない。

100年を越えるこの古い家は地震が来れば倒壊するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

夕食

News & Letters/497

私が夕食を断って一日2食、はや1年有半。体重63kgは全く変わらず、ほとんど毎日1万歩の散歩も実行している。

変わったことは、毎年高熱を発する風邪をひいていたのが、それがなくなったということ、食費が半減したこと血圧も上が120以下、下が60いくつ、・・・。今は夕食ということ自体を完全に忘却している。

今まで食べていた夕食は何の意味があったのか、しかも朝食や昼食よりもずっと力を入れ費用をかけていたあの
夕食は、無駄だったのか。否、むしろ夕食は有害だったのかもしれん。
夕食をとらない夜、夜中は胃腸が休んでいるから夜もぐっすり寝られているように思う。

人類が夕食をやめて2食にすれば、病気も減り、食料も大幅に節約でき、原発どころかエネルギーの消費も減少させ、またその分夜の趣味や学習の時間が多く取れるのではないか、何より主婦の家事労働が大幅に減少するのではないか。

午後外出し趣味や政治活動をしていても夕食の準備のため早々と帰宅しなければならない、そういうことがなくなる。

朝起きて食べるご飯がないという私らの少年時代の悲しさを、今もなお少なからぬ子供たちが味わっている。

他方ではまた、多くの者が飽食し、肥満となり様々な病気にかかっている。政治の現実は、この飽食する側の人々が抱く思惑を基準にして動かされている。夕食に何万円もかけて酒池肉林に酔う化け物たちが支配する世は、まだまだ続くのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

電柱

News & Letters/485

大地震・大津波が発生したとき、人は海岸から遠いところ・高いところに避難するために家を出て道路に出て走る。徒歩で、車や自転車で、押し荷車にすがって逃げる。
しかし、擁壁や電柱が倒れて道がふさがれてしまうと避難場所へ移動できない場合が出てくる。

とりわけ、長い電柱が道路を完全にふさぎ避難者の逃走の邪魔になる。
電力会社が設置している電柱はほとんどが道路沿いに地面に打ち込んである。
大概はコンクリート製で木製の電柱は影をひそめた。

だから、道を電柱が塞いでも、これをチェンソーなどで切断して道を開くことはできない。
かてて加えて、電力会社はその電柱の副え柱は道路と反対側に据えているから、電柱が倒れるときは道路の方に向かって倒れるようにしてある。すなわち電力会社は、地震や突風の折には、公の道路を占拠して倒れるように電柱を建ててあるのである。この電柱の建て方は不法行為ではないか。

しかも、これによって甚大な被害を住民に与えるのである。
お年寄りや足腰の弱い人はどうしても車に乗せて避難させねばならない場合が多い。
電柱が道路をふさいでは、柱や電線が避難路を封鎖させる。
   
     四国電力など電力会社、国等へ申し入れ

1、電柱を道路沿いに建てるのはやめろ。畑でも田圃でも山でも人畜無害の場所に建てる    べきだ。

2、地震などの時に電柱が公道側に倒れるような副え柱はやめろ。災害時に公道を占拠す    る設計の電柱は直ちに是正せよ。

3、道路沿いに建てる場合でも、それが倒れるときには道路と反対側かまたは、道路と並    行に倒れるように設置すべきだ。だから、電柱の副え柱は道路にむかってその反対側    に据えてはならない

4、道路を管轄する国、県、市町村は、電力会社に対し、災害時に公道を不法占拠する可    能性のある電柱について可及的速やかに是正措置を取るように命令せよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

続1 丸山議員の差別発言

News & Letters/462

日本国憲法がアメリカによって作られたことから、日本はアメリカの第51州だ、それだったら日本州からも大統領を出せる、それくらいアメリカはダイナミックだという反語の比喩として丸山は、オバマ大統領の黒人、奴隷の人種及び身分差別を持ち出し、そんなんでも大統領になったんだぞ、だから、日本州からも大統領を出せるというって何が悪い、といった。

昔、幕末土佐藩政下で、似たような話が合った。それは次の通りだ。
土佐湾に外国船がやってきて困った藩庁は、これを海上でうやうやしく接待した。
当時土佐藩は吉田東洋らを中心にして藩政改革の過程にあり、国難に備えるため、士分の厳しい身分制を緩めたり、農漁民からも兵士を選抜して登用しようとしていた。
それに反対する守旧派が匿名のにせ嘆願書を書いて役所や市中にばらまいた。
その嘆願書は、土佐藩のもとで身分差別に苦しんできた旧賤民がお上にお願いするという形をとっていた。

異人毛唐に対しても人間同様に扱うのであれば、我々旧賤民も人間同様に扱ってくだされ、という趣旨である。

これは、反語であって、外国人を異類として下等視していること、旧賤民を決して人並みに扱ってはならないという妄執(当時の常識)を前提にし、外国人や旧賤民を人間並みに扱わないのが当然であり、厳格な身分制度の改革などもってのほかだ、として藩庁に抵抗しようと試みたのである。

当時の土佐藩には南学系統の改革派と国学系統の差別的身分守旧派の鋭い対立があり、前者が主導して維新回転の土佐藩勢力を中原に引っ張っていったのである。
後者の抵抗は陰湿であり、卑劣にも部落差別や排外主義を煽って封建の旧体制を守ろうとしていた。

丸山の主張は、黒人・奴隷の子孫が大統領になれるのだから、日本からもアメリカ大統領が出せるではないか、という反語を使ったのである。黒人・奴隷と、日本国憲法の両方を侮蔑し否定すべきだというのが丸山の狙いである。
こんな男が国会にいるという事自体が国辱ものであろう。

(追記)上に紹介した差別的嘆願書は歴史学上では有名であり、多くの権威ある学者が、その反語性を見抜けず、この嘆願書をまともに受け、これを真実の部落民からの嘆願書であるとして高く評価している。このことについては近く私が刊行する部落問題の著作で明らかにされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

丸山議員の差別発言

News & Letters/461

丸山議員の黒人大統領オバマ氏への差別発言が問題視され、議員は謝罪はしたが、発言は撤回せず正当だと居直っているという。問題の発言は「アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。」

この発言は端的に言って差別発言であろう。特に最後の「これは奴隷ですよ」という発言には、差別感情が露骨に込められている。オバマ氏は、これは奴隷だ、といわれる理由は何もない。オバマ氏の父の先祖は奴隷にされたかもしれないが現在のオバマ氏は黒人の血を引くが、奴隷ではない。これは奴隷ですよ、という時の これ という言い方は、人を人として見ていない、物か動物を指すような、さげすんだ感情が剥き出ている。

この事件についていろんな報道を見てみると、丸山の発言の要旨は次のようである。
 丸山は、憲法を審議する国会の委員会で概要次のように言ったとされる。
①日本国憲法の改憲の立場から、日本国憲法は、アメリカによって作られた。それで、日本はアメリカの第51州目の州だと言っても何も問題ない。そうだから日本州からアメリカの大統領が出ても構わないではないか。

②アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。
  リンカーンの奴隷解放、マルチン・ルーサー・キングらによる公民権の回復があった。
  「でもですね」
  アメリカの歴史上信じられないこと、黒人、奴隷が大統領になるなんて。
  それはアメリカがいかにダイナミックに変革を遂げてきたかを示している。

丸山の差別性はこの①②の構文の上からもはっきり言えるだろう。①が丸山の主とする主張であり②は①を補完する比喩である。

①では、日本憲法の成立についてアメリカによって作られたことを自虐的に描いていて、日本をアメリカの第51州だとしてもいい、日本から大統領も出せるぞという。これはありえないこと、あってはならないこと、すなわち反語である。

②もまた反語であって、黒人が大統領になるなんていうのは通常はあってはならないこと、あってはならないことがほんとうにおこってしまった、という慨嘆なのであり、最後の「アメリカがいかにダイナミックに・・・・・」は付け足しに過ぎず、構文上意味をなさない。

アメリカによる日本国憲法。第51番目のアメリカの州としての日本。そのあってはならないことの例示として丸山は黒人大統領の出現を持ち出したのである。
出自を明らかにしたり強調することでも問題だが、「これは奴隷ですよ」という発言は、現にそういう身分だという蔑みが込められている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

民主主義

News & Letters/452

安保法制、原発再稼働、憲法改正など今日ほど民主主義とは何か問われる時はない。
しかし、戦後民主主義をいう人々も、果たして民主主義をどれほどわかっているのか。
自民党など保守陣営はもとより左翼という世界に活動する人間たちも、民主主義の原理を学習する必要があるであろう。

国家的な機構だけでなく小さい団体でもいたるところに非民主的な行動様式を見る。
マルクス主義者でもスターリン主義的な傾向を持つ指導者やそれを受け入れる活動家が大勢を占めている。

民主主義の原理は、何よりもフランス革命の直前に出版されたルソーの「社会契約論」にありそれを学習すべきであろう。

明治初年に漢訳された中江兆民の民約論である。我々は明治の急進的知識人やフランスの革命家がルソーの社会契約論を読んだ時の衝撃を今追体験すべきであろう。我々の民主主義の理解ががいかにおそまつであるか、痛感するだろう。
ルソーの人民主権論はブルジョワ革命を超えてプロレタリア革命における民主主義の原理をも説いている。

カントはもとより、マルクスやエンゲルスもルソーの思想を前提にして革命を考えていたに違いない。

人民主権は議員や首長を選挙で選ぶ「投票」行為で終わるのではない。代表者を選びそれにすべての政治的権限を与えるのが人民主権ではない。人民主権が、譲渡することができない神聖な権利であることを学ぶべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

フランスのテロ

News & Letters/392

フランスでのイスラム系テロとそれに対する大規模な抗議デモ。
欧米の文化(言論の自由)とイスラムの信仰とが激しくぶつかっている。
不毛な対立だ。特に欧米・日本の反テロの合唱からは何も生まれない。
ただ敵対関係が激化するだけだ。

フランスの側に、人を侮辱することもなく、武力攻撃をすることもないのであればこそのテロは非難されて当然だ。

だが性質からしてこのテロそのものは抗議の内実を持っている。
新聞やテレビはこの姿を全く逆転させフランスが一方的に被害を受け、抗議をし
ているように描いている。

自らの命を犠牲にしたイスラム系人士のテロで、米帝、独帝、佛帝、英帝そして日帝らがアジア・アフリカ、そして中近東で行ってきた残虐な武力行使を少しなりとも反省する、そのきっかけにもせず、「言論の自由」などという空疎な叫び声をあげて、対立感情をむき出しにする。終息なき憎しみの溝はますます広がるだろう。

民族排外主義は高揚する。しかしそれでも虐げられた者たちの逆十字軍ジハードにはかなわないだろう。身を犠牲にしても正義のために闘うという人は、欧米や日本には今はほとんどいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ふるさと産品の開発 り・ボルト社 ウェブログ・ココログ関連 エッセイ オンブズマン町長の視点 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ヘーゲル哲学 ホワイトビーチ・ホテル マスコミの報道のありかた マルクス・ノート ローカルエネルギー 三位一体改革と地方自治 世界の核事情 世界遺産 交通問題 人権問題 住民参加のありかた 住民監査請求と地方自治 佐賀での講演会と交流 佐賀との交流 健康づくり 公務員の気概 別件やみ融資事件 医療・福祉の問題 南海地震対策 原子力政策と地方自治 原子力産業の是非 反核運動 司法のありかた 国との折衝 国政問題 国政選挙 土佐電鉄バス 土佐電鉄問題 地域のリーダー 地域評議会 地方の公共交通のありかた 地方自治と原子力政策 地方自治の学校 地産地消 報道のありかた 大月町低レベル放射性廃棄物問題 天皇制について 天皇制のありかた 守口市との交流 室戸市の改革 室戸市メガソーラー問題 室戸市政 室戸市民新聞 市民オンブズマンの観点 市民自治のありかた 市町村合併問題 平和の問題 心と体 情報公開 情報公開のありかた 情報化時代について 憲法改正問題 政治思想ノート 教育のありかた 教育委員について 教育行政のありかた 文化・芸術 旅行・地域 日本の歴史 日本国憲法と地方自治 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高裁の判例 有機農業 東洋町のあるものさがし 東洋町の改革 東洋町の教育問題 東洋町の歴史 東洋町よもやま話 東洋町不正融資事件 東洋町庁議 東洋町役場の日常 東洋町町会議員の解職請求(リコール)に関する裁判 東洋町町長選挙2015 東洋町議会報告 東洋町議会選挙 核廃棄物拒否条例 歴史観・世界観 民主主義の実現と最高裁 民主主義は産業 水産業について 水産物 海の駅東洋町 環境にやさしいまちづくり 環境問題 生涯学習 生見海岸 甲浦地区 町政 町長日誌 白浜海岸 県闇融資事件 社会問題 社会思想 福祉問題 経済・政治・国際 育児 観光開発 読書ノート 警察・司法のあり方 農産物 近隣市町村との交流 道の駅・海の駅開設の為に 部落解放運動 野根地区 関西地区との交流 防災対策 青少年教育 食育 高レベル放射性廃棄物最終処分場 高知県政 高知県議会 高齢者問題 NUMO