教育委員について

2013年12月21日 (土)

教育委員会制度

News & Letters/392

自民党政府は現行の教育委員会制度を骨抜きにし、教育の中立性を解消しようとしている。愛国主義教育、大東亜戦争史観の植えつけ、秘密保護法、憲法改正・・・など一連の反動攻勢の一つとして教育委員会制度の破壊を目論んでいる。

個々で現在の教育委員会制度について意見を述べる。
現在の教育委員会は制度としての建前は一応立派であるが、重大な問題がある。

1、二重の意味で現行の教委制度は自民党らの策謀が実態となっている。

①一つは、教育委員は教育行政の執行官であるが、現状では教育委員会事務局の飾りのようなもので、せいぜい諮問委員程度の機能しか働いていない。
従って実際は自民党らが策謀するとおり首長の教育委員会支配の実態になっている。

②また、現在の教育委員は首長が推薦し、議会の承認を得て委員が決まり、そしてその5人の委員の互選で教育長が決まる、ということになっている。従って実際には首長の意向で教育委員や教育長が決まっているのである。

③そしてさらに重要なことは、事務局の職員は結局首長が任命する。教育長の次のポストである教育次長が実権を握ることになる。
東洋町で私がびっくりしたのは、教育委員会の組織図であった。事務局を統括するのが教育次長と言う位置づけで、その下に事務局職員が束ねられるという図表であった。
教育長はその事務局の上で教育委員と一緒に並んでいた。教育長が事務局を統括するという図式ではなかったのであるから、教育長は委員会だけしっかり出てきて普段はぶらぶらしておればいいわけだ。この東洋町の組織図は毎年県教委に提出されていたが、県からは何も言われなかったという。

④教育委員会の予算の編成権も教育委員会にはなく、市町村長ら首長にある。
だから、権力から相対的に自立して教育行政を行うなどと言うのは単なる制度の建前であって実際はとっくの昔に権力の前に無力化していた。自民党らはこの悲惨な実態を新たな法制度にしようとしているにすぎない。それではどうするか。

改革案:

1、教育委員を公選化すること。首長選挙の時か議会議員の選挙の時に同時におこなえ 
 ばよいし、農業委員のように独自に行ってもいい。

2、委員の常勤化。5人のうち少なくとも3人は常勤としなければならない。
 常勤化しなければ、日常業務を執行できないし、教育現場の実態を把握できない。
 15万円以上出来れば議会議員と同等の待遇を与えることだ。
 教育委員は諮問委員ではなく法律的には行政執行官である。
 その分一般職の職員を本庁に返し、委員が全般的な事務をとららければ責任ある教育 
 行政とはいえない。ボランティアでやれというのも酷だ。

3、首長の教育予算編成権も大枠の予算と、施設整備や給食など学校費用だけにとど
 め、細部の個別事業への関与は排除すべきである。教育のソフト面に使う費用など教 
 育員会の独自予算編成権も設定するべきだ。


教育委員公選制でない以上、教育の権力からの独立と言ってもほとんど機能していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

News letter16

教育委員会制度は戦後アメリカから移入されたものだ。教育行政を権力から切り離し民間のコントロール下に置くということが最大の狙いだった。しかし、その委員会制度は当初の狙いとは大きく外れて、形骸化、行政機関の粉飾に化してしまった。そのことが最近マスコミでも問題にされ、民主党などはこの委員会の廃止まで政策に入れるに至った。

私は以前から県教委のあり方、市教委のあり方を議会活動や、オンブズマン活動の中で問題にし、その形骸化を批判してきた。

私は、しかし、教育委員会の制度は必要だと思っている。民間人が教育行政を監視し、指揮するというのはいいことであるからだ。しかし、制度はあっても実体が伴っていない。

その理由は二つある。

①地方にはこの制度を支える人材が十分ではない。

そのため、校長先生あがりとか、役所のOBなどがよく就任し、民間素人(レイマン)コントロールの実が挙がってこなかった。また、現在子育て中とか法令で定められている保護者の委員就任が極めて困難であるということである。子育て中の親は一生懸命働かねばならず委員としての仕事を引き受ける余裕がないのである。

また、女性委員が全員でなく過半数を超えるようにするべきだろう。女性のほうが子供のことをよく知っているし、教育に関心が高いからである。しかし、実際的には教育委員として教育行政に携われる人材(女性)はなかなか出てきていないのである。

②また、この委員会を運用する法令上に問題がある。

  業務のほとんどを教育委員会が教育長(事務局)に委任するということになっていて、教育委員の実際の実務は月一回の定例会への出席でいいという状況となっている。教育委員は非常勤だというのが法律の定めだがほとんど非勤というのが一般的な姿となった。月1回の会議とか式典などへの出席以外は何もしなくてもよい、ということになりかねない。

要するに教育行政の執行官としての教育委員は名ばかりで、実際にはその執行権限は換骨奪胎されていたのである。

私は今何とか本来の教育委員会の制度を実現したいと考えているし、そのことを教育委員の方に説明した。その話がよく理解されず、自分たちを馘首にする理由にしていると誤解されているようだ。しかし、現実には①②の問題があり各市町村の首長の希望はなかなか達成されがたいだろう。

教育委員の方々もそのことはわかっていると思われるが、どうにも動きが取れないのである。しかし、現状を是とすることはできない。少しでも教育委員の方が教育行政に実質的にかかわることができるようにしなければならない。そのための法令上の整除、報酬などの条件整備を進める必要があると考える。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

ふるさと産品の開発 り・ボルト社 ウェブログ・ココログ関連 エッセイ オンブズマン町長の視点 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ヘーゲル哲学 ホワイトビーチ・ホテル マスコミの報道のありかた マルクス・ノート ローカルエネルギー 三位一体改革と地方自治 世界の核事情 世界遺産 交通問題 人権問題 住民参加のありかた 住民監査請求と地方自治 佐賀での講演会と交流 佐賀との交流 健康づくり 公務員の気概 別件やみ融資事件 医療・福祉の問題 南海地震対策 原子力政策と地方自治 原子力産業の是非 反核運動 司法のありかた 国との折衝 国政問題 国政選挙 土佐電鉄バス 土佐電鉄問題 地域のリーダー 地域評議会 地方の公共交通のありかた 地方自治と原子力政策 地方自治の学校 地産地消 報道のありかた 大月町低レベル放射性廃棄物問題 天皇制について 天皇制のありかた 守口市との交流 室戸市の改革 室戸市政 室戸市民新聞 市民オンブズマンの観点 市民自治のありかた 市町村合併問題 平和の問題 心と体 情報公開 情報公開のありかた 情報化時代について 憲法改正問題 政治思想ノート 教育のありかた 教育委員について 教育行政のありかた 文化・芸術 旅行・地域 日本の歴史 日本国憲法と地方自治 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高裁の判例 有機農業 東洋町のあるものさがし 東洋町の改革 東洋町の教育問題 東洋町の歴史 東洋町よもやま話 東洋町不正融資事件 東洋町庁議 東洋町役場の日常 東洋町町会議員の解職請求(リコール)に関する裁判 東洋町町長選挙2015 東洋町議会報告 東洋町議会選挙 核廃棄物拒否条例 歴史観・世界観 民主主義の実現と最高裁 民主主義は産業 水産業について 水産物 海の駅東洋町 環境にやさしいまちづくり 環境問題 生涯学習 生見海岸 甲浦地区 町政 町長日誌 白浜海岸 県闇融資事件 社会問題 社会思想 福祉問題 経済・政治・国際 育児 観光開発 読書ノート 警察・司法のあり方 農産物 近隣市町村との交流 道の駅・海の駅開設の為に 部落解放運動 野根地区 関西地区との交流 防災対策 青少年教育 食育 高レベル放射性廃棄物最終処分場 高知県政 高知県議会 高齢者問題 NUMO