町長日誌

2013年10月18日 (金)

土佐電鉄問題について

News & Letters/375

私の本職は市民オンブズマンです。いかなる場合でも私が所属する行政へのチェックはやめません。
土佐電鉄の暴力団事件で県議会で採決が行われ、土佐電鉄元会長(会社では、独裁的権限をふるっていた男)の県会議員としての適格性が問われた。採決の結果可決となったがそれでも10人ほどの自民党県議が西岡の擁護に回った。
この中で、土佐電鉄の外部調査報告書が県や県会の認識を左右しているようだが、
彼らはその報告書の中身をよく把握できていないのではないか。

私の本件での住民訴訟での追及が参考になるかもしれないので明日10月18日の公判の準備書面を掲載しておきます。

平成25年(行ウ)第12号 補助金返還請求及び支給差止め請求事件
原告 澤山保太郎
被告 高知県知事
         原告準備書面(1)
                   平成25年9月18日
高知地方裁判所 御中
                   原告 澤山保太郎
原告は以下の通り弁論を準備する。

【第一】被告主張とその矛盾

被告答弁書の基調は、「土佐電鉄」について高知新聞などで報道された本件事件が高知県暴力団排除条例に抵触しているかどうか、これについて未だ「確認できていない」(答弁書5頁等)という1点を理由にして、被告の補助金に係る措置に違法性はないということである。
しかし、もし、事実について未確認であるということであれば、当然違法性の有無についても未確認であるから、「補助金の返還を求める要件事実がないことから、原告の主張は失当である」(答弁書8頁)とか、あるいは「補助金等を受ける資格が無い」とはいえない(答弁書9頁)などとは言えないはずである。
ここは、条例に違反する事実が確認されれば、補助金の返還請求をすることになる、とか、そうであればこれ以上の支給はしない、とかの答弁がなくてはならない。
事実が未確認なのに、あえて違法性が無いというのは、違反事実を確認しようとしまいと、違反はないという強弁であり、それはひっきょう、違反事実を確認しない、という意思表示になっていると考えられる。被告がこのような無責任な恣意を抱懐していると思うからこそ本件提訴が行われたのである。

【第二】新聞報道から確実な事実

本件に係る高知新聞の記事(甲第7号証の1~6)に指摘されている事実は以下のとおりである。特に甲第7号証の1と同号証の6に全て指摘されている。
本件事件は、平成24年5月8日土佐電気鉄道株式会社社長竹本昭和、会長西岡寅八郎が同社の本社で、また、同年5月10日高知会館において会長西岡が、特定の株主との面談の席で起こした。
一、
①土佐電鉄社長の竹本は、元暴力団組長(弘田組元組長弘田武志)の顔写真を誇示し、その「元組長」から「何かあったら、わしの名刺を見せたらえいき」と言われた、と発言した。

②その際、指定暴力団山口組トップの篠田建市、同ナンバー2の高山清司弘道会会長の名前も口に出した。それは、平成19年に元組長が高知へ来た時に「いらんことすなよと侠道会に言うちゃある、高山にも言うちゃある」と言われたという。
さらに元組長が「忍に紹介するきんなあ」と言うたけど亡くなった、と発言した。

以上①②の発言の事実は否定されていないし、名古屋から「元組長」と親しい者を呼んで証人として同席させていたことから、間違いないと考えられる。
また、「元組長」が社長や会長に言った内容

(a)わしの名刺を見せ・・・、
(b)いらんことすなよと侠道会に言うちゃある、高山にも・・・、
(c)忍に紹介する・・・

についても(a)の名刺を実際に社長が持ち、誇示していたことから事実と考えられ、また(b)、(c)については確認のしようが無いが、すくなくとも、(b)については、社長や会長は事実だと信じていた。

③社長竹本は、「僕らは必ずお参りに行きゆう」と言った。
④社長竹本は、2000年代の後半に、「名古屋へあいさつに行った」ことから元組長との交際が始まった、と言ったという。
⑤組長の引退後も、元組長は暴力団の「顧問」みたいなことをしていたので暴力団社会への影響力は「ある」と認識していたという。
⑥土佐電鉄側の話では、特定株主は、6,7年前から土佐電鉄に対し、広告掲載や全日空の株主優待券の提供など「便宜供与」を要求していたという。
  (以上は甲第7号証の1の指摘)
⑦土佐電鉄会長の西岡は、土佐電鉄の会長就任の折には会社の経営がごちゃごちゃしていた、その時元組長から
(d)「やれ」と言われた、と言い、
また、西岡会長が会社を辞めるというた時があったが、その時も「元組長」が
(e)「辞めなよ」と言われたのは事実だ、という。
「元組長」の(d)、(e)の発言は、言われた当事者しかわからず、そのような内容を明らかにすることは本人の不利益であることを承知の上での告白であるから事実であると考えられる。

(d)、(e)の「元組長」の発言は、この間の事実関係の中では最も重大であり、暴力団関係者が、土佐電鉄の最高幹部の人事にまで容喙していた事実を示している。
⑧ さらに、「この会社を分析し、

(f)(土電側が問題視する株主の保有株を)いつでも買う、と言いよら、そのなかにあんたのも入っちょった」などと発言したという。
「土電側が問題視する株主の保有株を」いつでも買う、という「元組長」の発言及び発言があったという事実の挙示は
土佐電鉄が、「問題視する株主」に対処するのに株の委譲を「元暴力団」とその資金を使ってするということを意味している。その委譲の手段は当然普通の株式の売買というものではないであろう。

  (以上は甲第7号証の6の指摘)

二、
上掲①~⑧の事実は、④⑤⑥を除いてすべて YouTube の動画に記録されていて、インターネットで一般に公開されている事実であるから誰も否定できない。
後で示す通り「元組長」は指定暴力団「弘道会」系の暴力団であり引退後も大きな影響力を行使する身分を保持していた。「元組長」と交際すること、その名を使って業務を遂行することは高知県の暴力団排除条例に真っ向から違背する。
特に①及び②、⑦及び⑧の発言は高知県の暴力団排除条例に違反することは自明であろう。上掲①~⑧について順次意見を述べる。

1、①②について
 総会屋だという特定株主がしばしば「便宜供与」を迫ってきた事に対して「やかましいき言うた」という。その「言うた」発言と挙措の内容は、関係する暴力団の力で相手の要求を退けようと意図したものである。その際、暴力団の言葉と暴力団から与えられた顔写真や名刺を使った。暴力団の顔写真はピストルや刃物と同等の威力があろう。株主への応対は会社の業務であり、業務について暴力団の威光を使った。
この行為は、県の条例第18条「事業者はその行う事業に関し、暴力団を利用してはならない。」という規定に反している。しかもその暴力団「元組長」がそのようにせよと勧めていた、と自白しているから、関係もないのにただ虎の威を勝手に借りて暴力団の名をかたったわけではない。「元組長」及びその子分筋と土佐電鉄幹部との間に意思の疎通があったというべきであり、そうでないのに、普通の人間が恐れ多くも暴力団最高幹部の顔写真や名前を使えるはずはない。

2、③について

 「元組長」の墓への毎年の墓参は、死んだ人が力になってくれるわけはないから、「元組長」直系の暴力団とのつながりを保つための行為であり、土佐電鉄幹部の暴力団に対する報恩又は忠誠心の表明行為と考えられる。
報恩とはこれまで会社が世話になったお礼の真心であり、忠誠心とは今もその心を保持するということであって、普通の市民が暴力団の墓参りをするなどということは到底考えられない。暴力団社会では命日や彼岸の日に、死んだ親分の墓参をすることは重要な行事であり、それにより血族的な団結を固くする。忙しいはずの土佐電鉄幹部が遠くまで出張しての墓参は、そのことによる暴力団との精神的紐帯を確かにする行事であった。この墓参は行った本人が告白しているのであるから事実であると考えられる。

3、④について
 「2000年代の後半」というのは、現在まで2000年代は13年しかないので、その後半というのは2007年ごろからと推測され、おそらく竹本の代表取締役社長就任(2007年)のころであろう。高知から名古屋へわざわざ出向いて社長就任の「あいさつ」に行ったものと考えられるが、暴力団への社長就任の「あいさつ」は極めて異例のことであり、暴力団と会社間に特別な関係が無ければありえない話である。
会社を引き続き暴力団の保護下に置くという目的を持った「あいさつ」であると考える。

4、⑤について
「元組長」は暴力団を解散したわけでも、廃業したわけでもない。組織と地盤を子分に委譲して自らは役職を外れフリーの身分になった。商家や農家の隠居と同然で事実上後見役についたのである。決して一族郎党から離脱したのではない。だから、「元組長」が暴力団の「顧問」のような存在だという土佐電鉄の幹部の認識は正しいのである。現在の日本社会で指定暴力団山口組最高幹部に気安く物が言えた人間、その団体の「顧問」だと思われた人間は、そうざらにはいないだろう。というより、現在山口組のNO.1やNO.2から礼遇された人物では「元組長」を超える存在はいなかったと考える。だから、暴力団や右翼、総会屋など会社の弱みに付け込んでくる連中に対する対策として、この「元組長」に頼めば、武装した現役の暴力団の出動(暗々裏の)又はその鎧袖の風にふれるだけでも、誰もが引きさがるであろう。

5、⑥について
果たしてそれに類似した「特定株主」があらわれ執拗に「便宜供与」を迫ったので、
土佐電鉄の最高幹部は、これを撃退するために、自分たちが暴力団の庇護を受けているという事実を誇示した。株主が、「便宜供与」を求めたことが事実であるとすれば、これを毅然として峻拒し、法的措置をとるということができた。そうするのが当然であるが、そうせずに土佐電鉄の最高幹部は暴力団の虎の威を借りた。
何故か。その謎は⑦及び⑧によって相当程度解明できるだろう。

6、⑦及び⑧について
 この記事⑦の内容は深刻であって、もっとも注目すべきである。
   土佐電鉄の会社内で何かもめることがあったとき、西岡会長に対して暴力団幹部がお前が土佐電鉄の経営をやれという趣旨の話があり、それで西岡がやることになった、という。また、その途中で西岡がやめようとした時も、その暴力団幹部は辞めるなと言って西岡を慰留し、西岡はそれに従った、という。これは、土佐電鉄の経営の最高幹部の役職が暴力団の後押しによって就任が左右されていた、少なくとも西岡についてはそうだったという事実が闡明されている。本人が告白しているのであるから疑いの余地はないであろう。

 さらに、⑧では、会社に不都合な株主については、暴力団がその株を買うという手法によって問題を解決するという計略もあったというのである。
株の売買は、持ち主の自由意思のはずであるが、⑧の記事では暴力団が何かの方法で
自由に手に入れることができるような言い方をしている。要するにこれは、株の委譲を
暴力団によって強要させて会社に対する批判的株主を排除するということである。
 
三、ここで、「元組長」のその暴力団との関係について被告や土佐電鉄の社長、会長の認識を糺しておく。

1、「元組長」と交際していた土佐電鉄の社長や会長は、本件が明らかになった今「元組長」が暴力団から「引退」し、暴力団と関係が無いかの如く言っている。
しかし実際には上掲②⑤のように広域暴力団に大きな影響力があることも認めていた。
だからこそ、その名前や写真を水戸黄門の印籠のように特定株主に誇示したわけである。
 「元組長」はその死亡するまで暴力団であった。確かに彼は昭和59年に現役の組長か
らは引退したが、決して組を解散したわけでも暴力団を廃業したものでもなかった。
「元組長」は、早くから山口組傘下で中京地区で勢力を拡大し武闘派で鳴らした。昭和3
8年ごろ「弘田組」を結成していた。

昭和59年に彼は家督を子分に譲った。その子分らは「弘道会」を名乗り、それは今や
山口組の主流となった。「元組長」はその組織に出入りし、大きなイベントの折には上席
に座っていた、平成21年に死亡したときも、山口組最高幹部が出席する山口組準組葬
が営まれた、と言われる。
暴力団における「引退」とは、親族や子分などに地盤や権限を譲り重い役職から自由な
身分になったということであり、決してその一家から離脱し、やくざ社会から足を洗っ
て堅気になったというものではない。

それは農家や商家の隠居と同類であり、家督や名跡を相続した者から一定の敬意を払わ
れ比較的自由なその存在が許される、という身分である。指揮命令系統からははずれる
が、相続した者の親(分)であることには変わりはなく、一家の一大事には上座に座っ
て相続者の正当性を担保し、威厳を示してその意向はむげに無視されえない。
子分に地盤を譲り渡し、その組織のイベントで上席に据えられ、その組織の防護の中に
い、日本最大の広域暴力団の最高幹部に厚い礼遇を受ける者が、どうしてその組織と無
縁であると言えるであろうか。

2、土佐電鉄の最高幹部らは、「元組長」が名古屋方面の高知県人会(中部高知県人会)に加入しその例会に出席していたことを、その「元組長」が暴力団ではない証拠であるか
のように言っている(甲第9号証3枚目)。そもそも、そのような人物が県人会の催しも
のに参加することを許し、県民や県出身者らと自由に交際させたこと自体が問題なので
ある。 

被告は、その行政機構の商工政策課(現在地産地消外商課)の仕事として県人会の事務
局を担当して中京地区を含む各地方の県人会を支援してきた。年に一度の例会の際には
県庁職員(知事や県会議員も)がそれに出向してきた。暴排条例があろうとなかろうと
県人会の健全な発展のためには、暴力団最高幹部だったという反社会性の極致ともいうべきものを中に入れるべきであっただろうか。
高知に縁のある多くの企業者らが集まるなかに暴力団関係者を入れると、素人の企業の者は簡単にてなづけられ邪悪な道に引きずり込まれるだろう。

監獄でも、暴力団幹部は一般懲役囚とは同じ牢には入れられず、独居房であると言われている。同じ牢屋に入れて置くとどうなるか分かりきったことだ。
 もし、土佐電鉄最高幹部の言うとおり、県人会で「元組長」と出会い旧交を温めて交際が始まったとすると、「元組長」が県人会に出席することを容認してきた被告の責任は大きい。知事も出席するのであるから担当課員が出席者の吟味は十分していたはずである。

【第三】土佐電鉄による内部調査報告

一、平成25年4月16日土佐電鉄は、取締役会が行った本件に関する内部調査結果を発表した。この内部調査報告書は、一種の弁解書であり、高知新聞等で報道された内容について大筋事実として認めながら、それらについて県の条例等に違反するものではないといういわば開き直りであった。内部調査が認めた主な事実は以下のとおりである。

1、「元組長」について

①「元組長」と会長は出身地や学校が同じで、「元組長」は暴力団を20年も前に辞めていて、中部高知県人会にも出席し、高知県や名古屋の政財界人、新聞社関係者と飲食を共にしていたことから、「元組長」を暴力団とは思っていなかったこと。

 ②社長の手帳で確認したところ、社長は平成19年、平成20年、平成21年の3回「元組長」と面会したこと。

2、この内部調査では、基本的に「高知新聞で報道された事実関係と合致すると思われる動画がYouTubeにアップロード」されたことを認めた。

すなわち、
①社長は「元組長」から、「土佐電鉄に介入しようとする反社会的勢力に対して、自分の名刺はまだ効果があるかもしれない。土佐電鉄に介入するなと、自分の知り合いの暴力団関係者にも言ってある。」と言ってもらったが、当該株主に対して、それを言ったこと。

②また社長は、「元組長」の「この言葉を当該株主に言ったらもう来なくなるのではないかと思いました。」こと。

③「元組長」の「言葉をそのまま伝えた中に現役の暴力団及び暴力団員の氏名が入っていました。」こと。

④「元組長」の話になり、「社長がこの人よと封筒から写真を取り出して見せました」こと。

3、異常の事実から、内部調査報告書は、社長は脅しのために発言したのではなく、「当該株主を牽制しようとした発言であったと判断」したという。
 会社としては、しかし、「社長が当該株主を牽制したいとの意図から行った行為は、軽率であって、道義的責任は免れない」という。

二、

1、内部調査報告書(甲第9号証)は、新聞報道などで明らかにされた本件事件の主要な事実について認めた。さらに、
 この報告書は、他の暴力団を排除するために社長らが、「元組長」系の暴力団を「味方」としてその利用について肯定的に評価した。すなわち、
 報告書7枚目に次のように評価している。
まず、社長の発言内容を検討しました。発言内容は、字句通りに捉えると、「・・・が
土佐電鉄の味方であって、暴力団又は暴力団員にも介入させないようにしてくれている」というものであります。ここでは暴力団又は暴力団員が土佐電鉄から排除されるべき存在として捉えられていることも明らかであります。

 社長の発言内容についてこの文章の前半は、「・・・」の黒塗り部は「元組長」のことであるが、これが土佐電鉄の「味方」であり、暴力団等の会社介入を防護してくれているという発言だったと評価し、後半部は、その「元組長」の力で暴力団等が排除されるべきだという認識を示す発言だったというのである。
前後を通して解釈すれば、要するに、暴力団を使って暴力団を排除するという趣旨になっていて社長の発言が肯定的に評価されている。

 日本最強の指定暴力団の最高幹部の名前とそのよしみを使って(「味方」にして)、他の暴力団や「反社会的勢力」を抑圧しようという本件についてズバリ核心を突く評価である。暴力団を「味方」にしたということ自体が問題になっているのがわかっていない。
取締役と外部からの弁護士からなるこの「取締役調査委員会」が、本件について何の反省も批判精神もないことを示して余りある。

暴力団を利用するものは、より強い悪党の庇護のもとに入り、その他の悪党からの妨害を防ぐというものであるから、上掲の評価は、最強の暴力団の庇護(味方)を頼めば、日本ではまず大丈夫という見解を表明したに等しいだろう。
本件事件の上に、本件事件の核心について肯定する、このような考えを持つ取締役が経営する会社に巨額の公金を出すことが許されるであろうか。
 暴力団を「味方」にしたこと、それを評価していること自体県の暴力団排除条例違反であろう。

2、内部調査報告書では、社長の株主に対する言動は、「社長が発言の中で名前を出した暴力団又は暴力団員等を利用しようとした発言ではない」というが、執拗に便宜供与を求める株主を排除するために、「元組長」や現役暴力団の首領の名前を使って「牽制」したことは認めた。(甲第9号証8枚目)

その名前や名刺を使用してもいいという言質をもあらかじめもらってもいた。
国語辞典(三省堂大辞林)によれば、牽制とは「相手を威圧したり監視したりして自由な行動を妨げること」などもとは軍事的な作戦用語であり、「敵の動きを封じること」という意味となっている。土佐電鉄の取締役らは、牽制という言葉で事件の意味が緩和されると思っているようだが、むしろ暴力団の発動にとって最もふさわしい言葉を選んだというべきであろう。

「牽制」したという事実で十分県の暴力団排除条例違反である。
 暴力団を利用するものは、利用者に対する様々なトラブルをかけてくる者を「牽制」してもらうために高額のみかじめ料などを出してきたのである。

【第四】外部調査報告(乙第3号証)

土佐電鉄は平成25年5月外部の有識者に依頼して委員となってもらって外部調査委員会を組織し、本件について再調査を始め、同年7月30日にその報告書を受けた。
外部と言ってもあくまでも土佐電鉄が今回の事件に臨んで急遽依頼した人間によるものであって、全く土佐電鉄と無関係だったものとは考えられない。4人の委員のうち2人が公共交通にかかわる県庁関係者である。
従って、厳しい詮議はするものの、会社を救済する(事件を揉み消す)のが目的であり、その意図は随所に見えている。特に「第7.再発防止策の提言」なる一章を設けていて、報告書の3割を占めている。不祥事件の調査報告書が再生に向けた経営政策まで提言するのは異常であろう。

この報告書は内部調査報告書とは違って本件についてさすがに露骨な擁護論ではなく、会社とは一定の距離を置いているように見える。

一、外部調査報告書(乙第3号証)の矛盾

報告書の末尾の結語でいう。
元社長及び元会長をはじめとする土電の役職員が反社会的勢力に利益供与しているとの事実は見受けられなかったし、何らかの不適切な交際があったとの事実も見受けられなかった。(26頁)
と本件事件の違法性を全面的に否定したが、しかし、他方では、
これまで述べたとおり、本件問題は、土電という企業のトップである代表者2名が惹き起した重大なコンプライアンス問題である。(19頁)
又21頁でも・・・重大なコンプライアンス違反である本件問題・・・
などと言っている。普通コンプライアンスとは法令順守のことであり、「本件問題」というのは、「平成24年5月8日に株主であるA氏との面談時に、元会長及び元社長が行った発言に関する一連の問題」(外部調査報告書1頁)のことである。
本件問題が重大なコンプライアンス違反であるとすると、違法性全面的否定の結語と矛盾する。要するにこの矛盾は、本件問題が重大なコンプライアンス違反であることを認識しながら、法令解釈を強行的に捻じ曲げて事件性を解消し世間の目を会社の再生問題にすり変えようと意図したものから生まれたものであろう。

二、この矛盾は具体的な事実の認定やその評価の論述にもはっきり表れている。
 元社長の本件行為は、以上検討したように暴排条例第18条違反には該当しないとしても、コンプライアンス上、重大な問題があったといわざるを得ない。(11頁)
という。この時この調査報告書の「コンプライアンス」というのは国の法令や県の条例に関することではなく、土佐電鉄の内部の規則や社是、宣言を言うものと位置付けているようである。すなわち元社長の「本件行為」は
「<暴力団等反社会的勢力排除宣言>に著しく抵触するとともに、コンプライアンス上極めて問題であるというほかなく、公共交通機関の代表者としてあるまじき言動として強い非難を免れない。(11頁)
という。

しかし、報告書が引用している土佐電鉄の平成25年4月24日の<暴力団等反社会的勢力排除宣言>に掲げられている内容(暴力団等の排除、暴力団等との関係遮断)はいずれも県の条例に基づくものであり、これに違背することはすなわち県の条例に反することである。県条例に基づく会社の宣言に対してコンプライアンス違反を認めていながら、県条例上の違法性はない、という矛盾した評価となっている。
一般的に企業のコンプライアンスを会社の内規の問題に限局しようとするのは、この報告書ぐらいであろう。

三、具体的な事実の認定と評価

1、この外部調査で本件についての事実関係とその評価について調査報告は全体の4分の1で8頁に足らない。

また、平成24年5月8日及び5月10日の事件そのものについての記述は半頁であり、
元社長や元会長の具体的文言も一部を除いてほとんど記載されていない。
しかし、一応要約的に確認された事実は特定株主に対し、
①5月8日土佐電鉄本社で、元会長がD氏(「元組長」)との関係を「示唆」し、②
社長がD氏の写真と名刺を「提示」し、③D氏以外も現役の暴力団員の名前を挙げるなどの「言動」を行った。④また、5月10日高知市内の高知会館で、元会長がD氏との関係や暴力団員に関する発言を行った。
という事実を認定した。

事件の内容を新聞等で既に知っている我々には、これだけでも理解はできるが、そうでな
い人がこの①~④を見ても何のことかはっきり分からないだろう。
関係を「示唆」したとか、写真などを「提示」したとか、「暴力団員に関する発言を行った」とかでは事件性を想定することは不可能だろう。
調査報告書として事件の核心である元会長や元社長の言動についてこのような抽象的な記載しかせず、しかも、D氏との関係についても「示唆」した程度にしか認知していない。既述の新聞記事を見ても、二人の最高幹部は暴力団との関係を「示唆」したのではなく、明言さらには誇示したと言えるのであって、その言葉が本当だということの証人まで遠く名古屋から呼び寄せていたのである。

2、D氏(「元組長」)との関係について外部調査報告書は言う。
元会長がD氏との再会後に交流・交友を維持したのは、約30年前に暴力団を引退したものの現役の暴力団に対しても一定の影響力のあったと思われるD氏との関係を維持することが、株主事情の複雑な(後記第6の1(2)のとおり、特殊な株主による経営への不当な介入・要求が頻繁に生じていた)土電にとって対株主との関係において有益になると判断していた可能性は否定できないと思われる。

特に、元社長がD氏より「『侠道会にも言うちゃるきんなあ、要らんことするなよと』
『弘道会の高山にも言うちゃるきんな』」等と言われたと認識しており、D氏の死後約2年半が経過した後に実際にA氏に対してそのように話していることからすれば、少なくとも元社長は、D氏が現役の暴力団への影響力がある(影響力があった)と認識しており、かつ、そのことが土電の株主対策において有益となり得ると考えていたことが認められる。

仮にD氏(元組長)の引退が暴力団廃業を意味したとしても、なお、現役の暴力団最高幹部への影響力があったと思われる(暴力団について関心のある人ならだれでもそう思う)男に依頼したり、又は依頼するように言われた事実について対抗する相手にそれを誇示したという事実は重大である。
「元組長」は「引退」したただの老人ではなく、「引退」後も日本最強の指定暴力団に直接かかわりがあり、重要なイベントではその組織の上席に座ったといわれる大物であるから、その男の世話になるというのは、個人ではなくその背後に隠然と存在する暴力団の世話になるということである。実際「元組長」はその背後の組織の現役最高幹部二人の名前を呼びきりにして、世話をさせると約束した。いうちゃる ということばの意味では既に言っていたのか、これから言うつもりなのか判然としないが、その後実際に言った可能性が高い。外部調査報告書は、元会長や元社長が、対株主との関係において、又実際特定株主(A氏)に対して、「元組長」と交際を続け、また、実際株主との面談で「元組長」の関係を誇示したのは、D氏が現役の暴力団への影響力があると考えたからだ、と認定した。
D氏にはその当時何の神通力もなかったとしても、D氏を仲介として暴力団の威力を発動させようとしていたということになる。

まして「元組長」自体が、暴力団の現役とともに組織の会議や祭礼に出席し、その子分衆から親分としてあがめられている存在なのである。そのような「元組長」と昵懇にし、「味方」にしていると聞かされれば、普通の人はそれだけで怖気つくだろう。
これで暴力団の利用にならないと言えるのであろうか。

3、外部調査報告書はD氏については、高知県警の高知県暴力団排除条例のQ&Aの解説では、暴力団員でなくなってから5年を経過していない者が暴力団に該当するというのが一般的基準だ、D氏は暴力団を引退してから30年たっているから該当しない、という。確かにD氏は自己の暴力団組織を子分たちに引き継がせ「引退」したことになっている。しかし、解散はもとより、個人的にも暴力団から脱退したり破門されたわけでもない。名前は変わっても元の組織と深い関係にあり、影響力を行使していたと思われている。暴力団から完全に断絶してから5年と言うなら、県警のQ&Aの基準も納得できるが、断絶せずその組織と深い関係にある者には引退しようがすまいが何十年たってもその基準は適用され得ない。少しでも暴力団に影響力のある元暴力団は暴力団と同視されねばならないことは暴力団排除条例の趣旨であろう。

 4、外部調査報告書は、D氏(「元組長」)については上のようにごまかせると思ったが名前が挙がった現役の山口組の最高幹部らについては、別口の弁解を用意しなければならなかった。前掲県条例の県警Q&Aのなかで第3条及び第18条の暴力団を利用してはならないという規定について論ずる。

 県警のQ&Aの暴力団の利用の事例として4つがあげられている。すなわち、
 *交通事故等のトラブルに関して暴力団員に示談交渉を依頼すること
 *暴力団員に、相手方を脅す等の違法な行為を依頼すること
 *暴力団や暴力団員との関係を出して相手方に圧力をかけること
 *暴力団員又は暴力団員が紹介してきた相手と取引を行うこと

この4つのうち、3番目の暴力団や暴力団員との関係を出して相手方に圧力をかけること という項目がズバリ本件に該当するのであるが、外部調査報告書は次のように言ってこれをすり抜けようとした。すなわち、
元会長や元社長は、名前の挙がった現役の暴力団(高山、忍)とは面識が無く交際関係もない、また、県警Q&Aでいう暴力団の利用とは、暴力団との面識があり交際関係があることが「前提」となっている、暴力団を利用する「具体的現実的利用可能性」がなければならない、したがって面識すらない暴力団員の名前を出すことは、条例の言う利用には該当しない、というのである。

 これは余りに牽強付会の説と言うべきであろう。
 元会長や元社長が、暴力団との交流・交際の事実があったことは、すでに外部調査報告書が認定している。「元組長」が死んでからも葬式や墓参などの実績を重ねているのは、残った暴力団幹部への忠誠の証であって、単に故人をしのぶだけの話ではない。
 何のために会社の金を使い、県会議員の政務調査費と言う公金まで使ってそのような実績を重ねたのかは説明するまでもないであろう。「具体的現実的利用可能性」があるからであった。一般的に、日本には、誰でも暴力団を利用しかねないという社会的風潮があるからこそ暴力団排除条例が全国的に制定されたのである。土佐電鉄のような企業はとりわけその可能性が高いのである。

 外部調査報告書が認定する通り、「元組長」又はその男を通じて暴力団と交流を維持したことは、対株主の上で「有益」だと思っていて、実際にそれをAという株主に対して実行したという事件が明るみに出て、そのことについて調査しているというのに、「具体的現実的可能性」がなかった、というのは一体どういうことであろうか。理解に苦しむ。
第一、 暴力団排除条例第3条や第18条をどう解釈しても、暴力団との「面識」とか「具
体的現実的利用可能性」の有無とかが「前提」になっているとは考えられない。暴力団との関係が仮に虚偽または偽装であってもこの条項は成り立つのであり、暴力団と関係があるということで相手を威圧すれば十分であって、外部調査報告書の論理は付会の説というべきだ。

【結語】

内部調査報告書も外部調査報告書も、新聞報道で出された重要な発言について全部を取り上げてはいない。とりわけ、西岡元会長が役員に就任したり辞任しようとしたりした時の「元組長」の重大な発言、また、問題のある株主の株を買い取るという発言などは没却されている。しかし、両報告書とも、条例違反になる土佐電鉄幹部の言動について基本的に認めた。その事実についての評価でも結論に至る叙述の中身では暴力団排除条例に違反することを実質的に認めた。

内部調査報告書は、暴力団を「味方」にして特定株主を「牽制」したことを認めた。

外部調査報告書は、会社の代表者である元社長が、・・・・暴力団員との関係を示唆する等の、反社会的勢力の排除、関係の遮断とは逆に、助長するような言動に及んだもの・・・(11頁)

と「本件行為」を断罪した。反社会的勢力を助長した、とまで認定したのだ。
被告は、これら両報告書の内実を真摯に受け止めて答弁書を書きなおす必要があろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

第3セクター

News & Letters/202

  激しい夏が終わろうとしています。ブログを書くのも久しぶりです。
第三セクターリボルト社の支援活動に忙殺されました。

朝晩の釜たき、ホテルのシーツなどの洗濯、部屋の掃除メーク、皿洗い・・・、
めまぐるしい肉体労働、そして公務。体重は5キロ以上減量。ずぼんのバンドの穴2つ分腹がへっこみました。盆の3日間が最高のピーク。山のような洗濯物を1人で処理したため、左手首が炎症のため腫れ上がりました。今も少し腫れたままです。夜は氷で冷やしています。

よく第三セクターが赤字だ、つぶれた、残った債務はどうする、など議会や新聞で騒いでいますが、その場合出資者ら関係者がどのくらいその事業に力を入れたか、誰かに任せっきりではなかったのか、その点が少しも問題にされていない。

まかせるにしても、常にそばに行って点検をしなければならないし、出来るだけの支援・声援をしなければならない。

自分が出した金のように、市町村が出資した場合でも、金を出しっぱなしでどうでもせえや、ではいけないのである。
公金が生きるように出資側も真剣に事業に参加しなければならない。

まして、町長や職員が第三セクターに関わること、それを支援することを議会内外で非難しようと構えている人がいるが、一体どういう感覚なのであろうか。

外から企業を誘致することが困難な過疎の地域で、その産業基盤を強化するために導入し設立した第三セクターを死守すること、これは公務の延長であり、最も大事な公務の1つである。

釜で湯を炊くことによってガス代が半分に節約され、地元の学生アルバイトを雇って洗濯を自ら手洗いをすることによって毎月数十万円の節約が可能となった。徳島市内の洗濯業者に年間巨額の金を払うよりも自力で処理することの利益を教訓として残した。西の方の市でホテル経営が赤字だという新聞記事が大きく載っていたが、確かにホテル経営は厳しい。収益が上がらない反面、経費が大きい。だから、経費を削減することが最も肝心なのである。洗濯などを外注していたのでは、採算が取れない。

      澤山保太郎はもう入らない、か。

昼行灯と呼ばれた播州赤穂の城代家老大石義雄。
しかし、いざというとき主君の仇を討って歴史にその名を残した。
大石義雄は、普段は無役であった。太平が続いた時代においては城代家老は仕事はない。 平和なときには、何もしないで良いのである。いざ鎌倉と言うときに軍隊を率いて戦闘を指揮し、領地と城を守る。 江戸時代ではそれで良かった。

しかし、3000人少しの小さな市町村では、その首長はそういうわけにはいかない。
昼も夜も四六時中働かねばならない。その労働も、単にデスクワークであってはならないのである。

  確か、出典は定かではない。諸葛孔明を評した中国の古文に「出でては将、入りては相」(いでてはしょう、いりてはしょう)という言葉があった。

ふるさとや祖国の危機にあっては将軍となって軍隊を率いて戦野で闘い、平時には宮廷で宰相として国民の福祉のために働くという意味である。

私は高校生の時には、この漢文を愛読し、常に朗読しては「出でては将、入りては相」を男子としての理想像としてきた。

最近、人が言うのには、澤山保太郎は核騒動など戦時のときに必要な人間であった、平時においてはもういらないとのこと。

核騒動の戦時においては怖じ気づいて隠れていた連中が、戦後、利権屋どもを引き連れてのこのこと現れて、平時の安楽をむさぼろうというのであろうか。しかし、出でても、入りても、困難は同じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

奇妙な事件

News & Letters/201

例の田島毅三夫議員が、リコール事件の腹いせに、私を名誉毀損で訴えていました。
ところが判決文では、私は何の関係もないのですから、無罪です。

むしろ、田島毅三夫自身の方が、町長である私に対して「人身攻撃」をしている、「誹謗中傷」をしていると言う判決が出ました。それで、私は、自分への人権侵害が裁判所で明らかにされた以上、これを放置するわけにはいきません。

早速別添の訴状を認めて裁判所に手続をしました。これによって得られる賠償金は反原発の運動団体にカンパしたいと思います。裁判所がすでに認定しているのですから、後は賠償金の多寡の問題だけです。

例の男は、まさに天につばするという結果になったわけです。

訴   状

      原告 高知県安芸郡東洋町大字河内1801番地1 澤山保太郎         
      被告 高知県安芸郡東洋町大字甲浦15番地2    田島毅三夫      
        
損害賠償請求事件 
訴訟物の価額      万円
貼用印紙額        円

請求の趣旨

1、被告は、原告に対し300万円及び平成22年8月18日より支払済みに至るまで年5分の割合による金員を支払え。

2、被告は、別紙の通りの謝罪広告を東洋町内に配布せよ。

3、訴訟費用は被告らの負担とする、
との判決を求める。

請求の原因

第1、当事者

1、原告澤山保太郎は平成19年4月より東洋町長である。

2.被告田島毅三夫は、東洋町の町会議員である。

第2、請求原因

1、被告は、「議会活動報告NO1」(「平成19年8/9/10月議会号」 これを議会活動報告と呼ぶ 甲第1号証)を作成し原告澤山保太郎の名誉を毀損する記述を掲載し、東洋町内で配布し、高知地裁安芸支部の公判廷にも提示した。
 これらの記事は事実無根であり、町長である原告を公然と侮辱しその名誉を著しく毀損するものであって許すことは出来ない。
 名誉を毀損する記述は多数あるが、中でもつぎのものはひどいものである。

①議会活動報告 2頁目上から3行目
「町長は、自分に意見し反論する者、気にいらない人等には、直属の部下を使って、チラシ配布や監査請求、身辺調査、さらに告訴等、手段を選ばず服従するか沈黙するまで徹底的に弾圧を加え、絶対君主制の確立を目論むのが下衣間見える。」

②同 3頁目下から11行目

「選挙後その署名簿を現臨時職員H氏に焼却を命じたのも町長である。」

③同 4頁目上から13行目 
『振り込め詐欺』の手口極似する」

④ 同 4頁目上から24行目
「これは事実横取り、騙しの集金である。」

⑤ 同  5頁目上から15~16頁目
  何故こうしたウソを流して人を罪に陥れるのか。それこそ人間失格である。」

⑥同 5頁目上から25~26行目
「カンパ取り込みを行った上、嘘によって人を陥れることこそ人間性を疑う。」

⑦同 5頁下から4行目 
「選挙前後町長の嘘・独断横暴は限りなかった。」

⑧ 同 6頁目19~23行目
「職員や調査員を使って探し出した住民の個人情報を、新聞やブログ、チラシ等でどんどん公開し、気に入らぬ者の社会的抹殺を図るとなれば、それこそ東洋町は疑心暗鬼、行政不信から大混乱。適正な行政執行は出来なくなる。虚言癖のあるオンブズマンが権力を握ればこうなるという最悪の見本である。」

⑨ 同 7頁上から4行目
  「守秘義務の無い虚言癖町長から出た情報を鵜呑みにすれば大変なことになる。」

⑩ 同 上から10~12行目

1、「今この権力や金に媚びない正義感が目の上のコブとなって邪魔になった権力者及び取り巻きが、告訴やデマチラシで追い落とそうと画策しているのである。」

2、被告が作成した議会活動報告の上記内容は、「東洋町議会だより」第99号に同趣旨の記述が掲載され、平成19年東洋町9月定例議会で公然と発表されたものである。

3、以上の被告の行為は、公職にある町長個人へのいわれなき名誉毀損であり、憤りに耐えない。被告は少しの反省の色もなく、その後も多くの誹謗中傷をやめない。
  個人としてのみならず首長としての澤山保太郎の名誉や信用が損なわれたから、少なくとも300万円の慰謝料に相当する損害賠償を請求する。

4、また、民法第723条に基づき、別紙記載の謝罪広告を求める。

5、被告の原告に対する如上の議会活動報告の記事は、原告に対する不当な人身攻撃であり、そのことは、高知地方裁判所安芸支部において、平成20年ワ第21号損害賠償請求事件(原告田島毅三夫)についての判決文(平成22年6月23日言渡)でも「・・・これらの記載は、人身攻撃に及ぶなど意見ないし論評としての域を脱したものを含む誹謗中傷というべきであるから・・・」という風に明瞭に認定されている。

立証方法

一、甲第1号証 議会活動報告
二、甲第2号証 議会だより第99号

添付書類

一、訴状副本 1通
二、甲号各証 各1通

平成22年  月  日

原告 高知県安芸郡東洋町大字河内1081番地1澤山 保太郎

高知地方裁判所安芸支部 御中

(別紙)
        

 澤山町長及び町民への謝罪
                  東洋町議会議員 田島毅三夫

                    平成  年  月  日

 私は、以下のとおり根拠のない事実をあげつらい、東洋町長澤山保太郎の名誉を著しく損なう行為を行いましたので、ここに謝罪します。今後このようなことを言わないように致します。

1、澤山町長は、町民を服従させるために手段を選ばず弾圧をした。

2、澤山町長は、平成19年4月の町長選挙で、部下を使って選挙署名簿を焼却させた。

3、澤山町長は、虚言癖のあるオンブズマンだ。

私の以上の発言や主張は、根拠のないことであり、澤山保太郎町長の名誉を傷つけるものでありました。町長や町民、議会の皆さんに対し深くお詫びを申し上げ、今後この様な言動をしないことを約束致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

忙中の閑

News & Letters/197

大変忙しく、ブログを構う暇もありませんでした。
その中で、全国町村長らのある集会に出席しました。
それは高野山で開催されました。

早朝起きて町を歩きました。
堂塔伽藍、さすがにすごい景色でした。
その中で私が驚いたことがありました。

私は、高校生時代に一冊の小説を常に身から離さず、持ち歩いていた物があります。
それは高山樗牛の書いた「滝口入道」という短編小説でした。
私はこれを何百回も朗読し、幾箇所にも渡って暗唱さえしていました。
齋藤時頼と横笛、そして平の惟盛の和歌浦での入水の話。・・・・・

私の高校生時代から、半世紀も経ったであろうか。高野山でその滝口入道の旧跡にふと出くわしたのです。

滝口入道は、この高野山の大円院というお寺に住んでいたようです。
横笛は、嵯峨野で果て一基の墳墓の主となったと言うことでしたが、恋しい人をしたって鶯に身を替えて大円院にとび来たり、そこの井戸に落ちて死んだとのことです。

滝口入道と横笛とに再び会おうとは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

ブログの原稿

News & Letters/181

現在私は、新年度の予算を議会にかけて、これを無事通過させるためにあくせくしています。

ブログに載せる原稿は多々ありますが、書く時間がないのです。
今、私は、福祉や教育をより一層充実した予算を通そうとして悪戦苦闘しています。
それはバラまきだ、福祉のやりすぎだ、選挙目的だ、という批判にたいしていかにして議会を説得するか苦慮しているところです。福祉予算を削減しなければ、議会通過は困難な情勢であります。

最近広島の知人に会い私が話したこと。

核兵器反対の広島の市民が、どうして広島に原発が建設されるということに無関心な人が多いのか。
私には理解できない。

原発というのは、核爆弾のことなのであり、絶えず小爆発をして、死の灰を生産し続けている。
施設を溶融し大爆発をすることもある。

原発というのは、広島長崎級とは比較にならないほど巨大な核爆弾であるという認識が欠如しているのである。
逆に言えば核爆弾は核燃料の一種であって、小型の原発と同じなのである。直接の使用目的の名分が違うだけである。

そのことは、私が学生の時あるシンポジュムで湯川秀樹博士が、学生の質問に対し「原発も原爆も同じものだ。」と答えられたとおりなのである。

核兵器に反対する原水協や原水禁の皆さんは、原発やプルサーマル計画に当然に反対しなければ理屈に合わない。日本は核を保有しない、していない、等という空論で自足している手合いは、日本列島にある原発という核爆弾を何だと認識しているのであろうか。核爆弾を平和利用できるというのであろうか。

核兵器は敵国に対する軍事的抑止力として平和目的のために保有している、といえばゆるされるということか。原発も電気を生産しているから許されるというのか。しかし、いずれも大量の人を殺傷し自然を破壊するという性能と効果は変わらない。
原発の方がその破滅性は大きく深刻ではないか。

だから、全ての核反対運動者は、原発反対運動者でなければなるまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

無駄

News & Letters/179

行政執行上の無駄の山を処理する

東洋町はものすごい厚い福祉行政をやり、失業対策事業をやり、産業復興事業をやり、10数万人も新たな客を呼び込んだ。さらに県下一悪い整備状況と新聞にも出された公共施設の整備事業をやって、なおかつ大幅に借金を減らした。
これは一体どういう事だ、手品じゃあるまいし、という質問がちょくちょくある。これだけ福祉をやって財政がどうなるのか、財源はどこにあったのだ、など懐疑的な質問も浴びせられたこともあった。

回答。それはいろいろな工夫をこらしているからだ。とこたえるしかない。

毎日津波のように無駄な支出の決裁を求めて職員が町長の前に書類を持ってくる。数万円、数千円単位から数千万円まで大小様々な支出命令の決裁が迫られる。
おそらく、これまでの首長は機械的にどんどんはんこを押していたであろう。
だが、私はそうはいかない。

まず、1円の支出でも町長の決裁が要るるという決裁の掟を替えた。課長や担当職員の決裁で支出できるシステムを廃止したのである。
最近昨日の例では、例えば、運動公園に水道をつけるというので工事費60万円の支出命令の決裁が求められた。私は、工事のやり方を変更させ、数万円で用が足りるように指示をした。

公営住宅にネズミの苦情がありこれを駆除するのに20万円ほどの業者委託費の支出の決裁が求められた。私は、すぐに職員を連れて現場に行って、職員が道具や駆除剤を買ってきて対応するように指示した。数千円か数万円ですませられる。
また、電算機の不具合で地番が正確に出ないので

業者からソフトを購入するというので数十万円の支出の要請にたいし、不具合の戸数は知れているのでその分だけ手で訂正して用を足せとして支出命令を却下した。
小学校の廊下雨漏りの滑り止めにマットを買うというので百数十万円の支出伺い、これももっと簡便で効果的なものに替えよと却下・・・・・・・。

このように無駄な支出の津波に抗して智恵と足を使って支出を抑制している。
最近ある徳島県境の村の温泉で木質ボイラーを設置したというので見学に行っていた。そこでは2500万円の木質バイオのボイラーを導入していた。
東洋町では400万円の同熱量の木質ボイラーの設置をやろうとしている。そのボイラーを探して宮崎県まで足を伸ばし、そこの農家の温床ハウスのボイラーを見に行ってきた。
庁舎の空調施設が老朽化してちゃがまっている。

新規に発注すれば3000万円以上の費用がかかるが、中古でも構わないと言うことで1000万円の予算しか組まなかった。
どこも数億円以上の経費をかけている「海の駅」又は道の駅も東洋町は数千万円ですました。

町長が木の板ですませるつもりで準備していたものを、数万円の鉄板を勝手に発注したということで職員は町長に怒鳴りつけられた。・・・
こういうやり方で毎日過ごしている。

私のような考え方が習性になるように全ての職員の思考形式が鍛造されなければならないが、まだまだ徹底できないでいる。
押し寄せる無駄の大波にのみこまれないように、油断してはならない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

旧土電の跡地

News & Letters/165

 高知市の中心はりまや橋の南東かどのデパート旧土電・西武が消えて数年経った。その跡地をみぐってけんけんがくがく、果ては署名運動まで起こっている。
新聞やテレビでの話では、署名の趣旨は、パチンコ屋ができるそうだ、それはいけない、行政がこの土地を確保して何かに使え、ということらしい。署名運動の主体は高知の経済界のお偉方ということのようである。県は買う気がないらしい。

私の見解1:

 県や市が購入して、公益にかなう何かに使うのも一案であろう。しかし、何でも行政に買わせ、行政にやらせろ、でいいのであろうか。
今NHKで人為的に人気絶頂になっているあの坂本龍馬はどう思うであろうか。
龍馬であれば、藩ではなく、俺たちがやる、ついて来い、というであろう。
龍馬であれば、民間から金を募って、そのうちいくらかは県から金を引き出したとしても、草もうの志士の主導、事業の計画から実行まで決して行政にものごとを預けないであろう。
龍馬の時代の人は、権力に・・・してくれ運動とは無縁であった。
智恵と度胸で自分たちが主導し、そうした上で藩や財閥を乗せるのである。

見解2

 高知市の中心にパチンコ屋はいけない、というパチンコ屋への偏見。
私個人はパチンコは好きではないし、そんなものに使う金は一銭もない。時間もないし、パチンコ台の前に立つと急に憂鬱になる。
しかし、人が嬉々としてやっているのを見ると、パチンコは何も不潔な商売ではないし、犯罪性もない。何兆円もの巨大な遊興の市場であり、多くの国民の支持がある。その金がどこへ流れているかについては大いに疑問があるが。

 競馬や競輪に公費をかけているのとくらべ、パチンコ業はどこからも一銭の補助金も受けていない健全な事業だといえる。
もう少し、安く、家計に響かないように遊ぶパチンコの仕法を工夫する必要はある。
それで競輪、競馬、競艇と同じように公設のパチンコを開くことも考えるべきであろう。

 競輪などはれっきとしたバクチであり、その上がりが福祉資金になる限りにおいて、刑法の処罰から免れているに過ぎない。それで県も高知市も公認のバクチ競馬を平然と開催している。
赤字になってでも競馬を続行すると言うことになると、バクチを禁止する刑法が前面に出てくる。

 しかし、パチンコは賭博ではない。自分がするゲームの勝ち負けだ。
パチンコ屋が旧土電デパートの跡地に出来ることは、何の差し障りもない。売春宿が出来るのとは訳が違う。昔は、高知市はもとより、県東部の港町などでも町の真ん中に売春宿がおおっぴらに店を開いていたのである。
パチンコのゲームをもっと手軽に、格安値段で楽しめるように改善する余地は大いにある。

 土電西武デパートの跡地にパチンコ屋や映画館、本屋、喫茶店、土産物屋、コンビニ、地場産品販売店・・・など種々雑多な業種が集まって娯楽と手軽なショッピングの集合体、新しいデパートが出来れば、・・・と私は思う。
それは、私らが購入したホテルのように民間の資金で立ち上げ、複数の行政にも一口、二口・・・乗ってもらうという手法が大事であり、これが龍馬の発想であると私は思う。
 土電の社長さんら高知市の経済界のお偉方の発想は、最近とみに衰えてきているのではないか。

 昔、私は解放運動の現状を批判したことがあった。
ひどい戦前の差別と弾圧をくぐり抜け、戦後運動が随分大きくなり進んで、何でも行政が言うことを聞くようになった。それで、・・を行政にやらせろ、・・・を行政にやってもらう、という、やらせ族と、もらい族がはやりだした。私は強くこの傾向に警鐘を鳴らし、自分でやれ、自分で闘い取れ、という自主解放、反権力闘争としての解放運動を全国に呼びかけたものだ。
手や足がなえ、頭が回転しなくなり、もらい族とやらせ族は滅亡するしかないのである。

 民百姓の年貢米に寄生していた武士たちが武器を取って澎湃として立ち上がって、維新回天の事業を推進した。幕末の武士たちは、長い間のもらい族の身分を捨てて自分の実力で時代を切り開いたのであった。その中に坂本龍馬も確かに居たのである。
私が何度も言うように、龍馬を観光の道具にするのではなく、生きる指針として仰ぎ見る必要があろう。
署名だけではなく、一銭でも1万円でも資金を集めて自分らで土地を確保して、新しい事業を構想するべきであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

町長の仕事

News & Letters/153

リ・ボルト社への出資者の中には、「町長は、役場の仕事をしておればよい、事業に関わるべきではない」、等といって、会社の経営権を握ろうという手合いが現れたようだ。会社はもうつぶれかかっているなど悪宣伝に余念がない。
その連中に近い人の話では、総会屋的な意図で、リ・ボルト社で「大もうけをする」といっていたという。

現在の日本の行政の実態を知らないようだ。否、日本の行政府の歴史を知らないのであろう。
一般には意外なことと受け止められることであるが、日本の官僚ら公務員の数は、欧米諸国の中では極めて少ない。半分以下ではないか。雇用者全体に占める割合でも、GDP全体の賃金が占める比率でも最低の数値に位置している。この少ない役人の数で、膨大な行政を遂行しているのは立派なものと言わねばなるまい。そのやり方は、官庁外に無数の外郭団体や補助金団体の樹状を張り巡らし、それら民間、半民間の団体を無数の規則や行政指導で動かしてきたのである。日本の役人は、その行政機構を通じて欧米に追いつけ追い越せの動因で経済行政をどんどんやってきたのである。このような能動的な役人軍団は世界的にいって日本だけであろう。

天下りなどそれについての毀誉褒貶はいろいろあるであろう。しかし、日本という国家は、明治以来そのような官僚や公務員によって成り立ってきたのである。それは、今、動脈硬化を起こして腐朽しつつあるあることは否めず、確かに歴史的な使命を終えようとはしているが、それに替わる政治形態は未だ出ていない。

民主党が如何に政治主導といっても政官業の癒着体制は容易に崩れない。しかし、それを非難するだけで能事終われり、というわけにはいかない。それに代替する政治機構を構築しなければならない。

それとは趣が少し違うが、地方では行政が主導して福祉や産業を推進するというシステムは社会を存続させる上で不可欠なものである。少子高齢化、過疎などで民力が著しく衰えている東洋町などでは、底力のあるのは行政機関だけである。そこが踏ん張らなければ、誰が社会を担当できるだろう。市町村役場が、その首長から職員らが鍬やかまをもって野や山に出かけ、海や川に入って産業を興し、雇用の場を開拓しないで誰がする。

祭も災害出動も公務員はその先頭に立たねばならない。それが何時の時代でも本来の公務員の姿だ。
そういうことで私は朝出勤前に出勤し、会社の用務員のような仕事で一汗かき、そうして役場で仕事をし、夕方はまた、会社の用務をこなしている。

それは薪釜で芋を煮たり、おにぎりを作ったり、洗濯をしたり、便所の消毒をしたり、「海の駅」で皿洗い・・・などの雑用である。産業復興とはこういう仕事のことを言うのであって机の上で計画を作ったり文書を作ったりすることではない。
かくて、「海の駅」はおかげで4ヶ月余りを残して悠々と7千数百万円台を越えている。

新しいホテルもオフシーズンではあるが、購入してから2ヶ月あまり、月々黒字が続いている。
首長が汗を流して住民と一緒に働くことが地域復興の要諦である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

警告第2弾

News & Letters/151

市議会議員選挙や町長選挙で応援をした、ということで何かにと私に特別な要望をしてくるものがいる。いまだに市議をしていた室戸方面からも相談が来るぐらいだ。
東洋町ではそれが激しい。野根、甲浦の「選挙応援者」が私を通じて町政を左右するぞ、という大きな態度で何かにと私に言いつのってきた。

私は、はっきりお断りをしてきた。選挙で応援されたからといってその「応援者」らに特別な配慮をする、不正な利益を与えるようなことはあり得ない。

「応援者」たちは、町政について毎日のように私になんやかんや言いたい連中もいるが、地区懇談会など公の場でものを言うべきである。個別に話があれば町長にアポを取って面会に役場へ来るべきである。選挙で応援したからといって特別な関係を結び特別な配慮がもらえるという考えは捨てるべきだ。選挙応援者らが自ら取り巻き気分になって、町政や人事について「私らの言うことを聞かない」、ということで非難しても、私としては、不当な要望、いいがかりには応じられないのである。

私は特別関係を求める連中について、この2年半、次々と手を切ってきた。その連中に出入り禁止を言い渡してきた。次の選挙で応援しないぞ、ということを言いたいらしいが、私は、次の選挙のために仕事をやっているのではない。私は権力に恋々とする人間ではない。「応援者」らからの特別関係強要に辟易している。行政は正規の機関で決定して遂行する。一部のとりまきによって進めるのではない。

東洋町では、議会でも堂々と町政について「私に相談がない」などといって町長を攻撃するのがいるくらいだ。選挙は町民全体が判断をするものである。
誰が投票において支持したか誰もわからない。
反対の投票をした人にも賛成の投票をした人にも(誰もそんなことは知り得ない)等しく行政は公正に執行される、誰からでも町長は等しく相談に応じる。

町長選挙の際に明らかに反対陣営にいたという人でも、否それどころか、反対陣営の長であった前町長に対しても、何のこだわりもなく話をし、話を聞かせてもらっている。
町の外部からでも内部からでも、町政やリ・ボルト社など公のことで、「応援者」だといって、町長と特別関係を結んで特別な発言権を得よう、特別な利益を得ようということは断じて拒絶する。

私はそういう人間であることをよく理解して頂きたい。個人としての友誼と公の行事とは峻別しなければならない。
何度も言うが、私は次の選挙のために行政をやっているのではない。
私は公には市会議員であり、又オンブズマンであり、今町長である。住民の生活と人権を守るために不当な権力と戦ってきた。私は学生となり物心ついてよりこの方、その立場で社会運動に参加し続けてきた。反戦平和運動と部落解放運動が私の主な戦場であった。後年市会議員やオンブズマンをやってきたが、志は少しも変わっていない。

実質総会屋もどきでありながら、オンブズマンの仮面を被ってこけおどしをやっているものとは根本から相違している。
私は残された期間、私の良心と名誉をかけて与えられた任務を誠意を持って全力で遂行する。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

町長の立場

News & Letters/127

首長の立場は、基本的に全住民に対して不偏不党、公正・平等に対処する、ということです。
東洋町には平成18年から19年にかけて高レベル放射性廃棄物の導入をめぐる一大争乱が起こり私はその反対を唱えて町長に就任したわけです。
私は町長になりたくてなったわけではありません。
他に、立候補する者がいないということで要請され、やむなく候補者となったわけであります。

しかし、引き受けた以上4年間は一所懸命に努めなければなりません。
町長としては、選挙の折、核反対派であれ、核賛成派であれ、そんなことはもう何も関係ありません。
どちらさんであっても新町政に協力してくれるよう皆さんにお願いするしかないのです。

核反対で町長選挙で応援をした、ということで何か特別待遇を要求する者には往生しています。

また、核賛成派だった人が未だに根に持っているとしたら、それは筋違いというものです。早く過去のこだわりを解消してください。逆に核推進派と仲良くしている、と非難されても困ります。町政に協力して頂く人であれば、どなたでも仲良く協調していかねばなりません。

昨日の敵も今日の味方となればいいのです。
今日、東洋町で核の問題が起こるおそれは1つもありません。私がここにいる限りは、誰もそれを復活させようという勇気のある人はいないでしょう。
いかなる利権も私の前では通じません。

先だって議会が、南山の利権話を持ち出して、ある人に4千万円とかの大金を支払ってやれという議決までしましたが、その人には誠にお気の毒ですが、示された資料だけでは町としては支払うことは不可能である、ということをお答えしました。話の通りであるならその方をだました人にこそ罪があるわけで、まことにお気の毒であります。
議会がどういおうと、正当な利権であれ不当な利権であれ、私の前では利権は通らないのです。

それでは私はどうか。給料の20%カットをしていることもあり、私の貯金通帳は惨憺たるもので、数年前室戸市会議員を辞めた当時の預金と現在の預金とはほとんど変化がありません。

私には何の利権もないばかりか、どういう訳かお金が逃げていくのです。自分の身辺や財政について誰かに民営化する必要があるかも知れません。
私の亡母はそんな私を恐れて、一切の財産を私の名義にせずに死んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ふるさと産品の開発 り・ボルト社 ウェブログ・ココログ関連 エッセイ オンブズマン町長の視点 スポーツ ニュース パソコン・インターネット ヘーゲル哲学 ホワイトビーチ・ホテル マスコミの報道のありかた マルクス・ノート ローカルエネルギー 三位一体改革と地方自治 世界の核事情 世界遺産 交通問題 人権問題 住民参加のありかた 住民監査請求と地方自治 佐賀での講演会と交流 佐賀との交流 健康づくり 公務員の気概 別件やみ融資事件 医療・福祉の問題 南海地震対策 原子力政策と地方自治 原子力産業の是非 反核運動 司法のありかた 国との折衝 国政問題 国政選挙 土佐電鉄バス 土佐電鉄問題 地域のリーダー 地域評議会 地方の公共交通のありかた 地方自治と原子力政策 地方自治の学校 地産地消 報道のありかた 大月町低レベル放射性廃棄物問題 天皇制について 天皇制のありかた 守口市との交流 室戸市の改革 室戸市政 室戸市民新聞 市民オンブズマンの観点 市民自治のありかた 市町村合併問題 平和の問題 心と体 情報公開 情報公開のありかた 情報化時代について 憲法改正問題 政治思想ノート 教育のありかた 教育委員について 教育行政のありかた 文化・芸術 旅行・地域 日本の歴史 日本国憲法と地方自治 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高裁の判例 有機農業 東洋町のあるものさがし 東洋町の改革 東洋町の教育問題 東洋町の歴史 東洋町よもやま話 東洋町不正融資事件 東洋町庁議 東洋町役場の日常 東洋町町会議員の解職請求(リコール)に関する裁判 東洋町町長選挙2015 東洋町議会報告 東洋町議会選挙 核廃棄物拒否条例 歴史観・世界観 民主主義の実現と最高裁 民主主義は産業 水産業について 水産物 海の駅東洋町 環境にやさしいまちづくり 環境問題 生涯学習 生見海岸 甲浦地区 町政 町長日誌 白浜海岸 県闇融資事件 社会問題 社会思想 福祉問題 経済・政治・国際 育児 観光開発 読書ノート 警察・司法のあり方 農産物 近隣市町村との交流 道の駅・海の駅開設の為に 部落解放運動 野根地区 関西地区との交流 防災対策 青少年教育 食育 高レベル放射性廃棄物最終処分場 高知県政 高知県議会 高齢者問題 NUMO