« 天皇狂騒曲 | トップページ | 私年号 水平98年 »

2019年5月 5日 (日)

哀悼

高知県安芸郡東洋町生見の弘田祐一さんが本年5月1日に亡くなった。丁度82歳だったとのことである。昨日葬式が終わってから甲浦の方から私に知らせがあった。その人も死亡したことを昨日まで知らなかったとのことである。

弘田さんは国家公務員で退職してサーフィンで有名な生見海岸の集落に住んでおられた。
弘田さんは2007年~2008年の東洋町での核廃棄物闘争の最も重要な人物であった。

彼は早い段階で反対運動に立ち上がり、高レベル放射性廃棄物埋め立て処分場反対の条例制定請求の署名運動、それに続く町長リコール請求運動の中心人物であった。私は表面に立ったが弘田さんは裏方に徹し東洋町の町民闘争を最後まで支え続けた。

私は当事者として弘田さんに感謝しなければならないが、また、日本国民を代表して弘田祐一氏に感謝の言葉を捧げたい。彼は、激動の中で常に冷静で穏やかであった。人格として完成された感があった。

私は、市民オンブズマンとして死ぬまで戦って生きるつもりであるから、天国でしばらくご冥福を待ってもらって、私のゆく手をお守りくだされ。

ただ哀悼の思いでいっぱいである。

|

« 天皇狂騒曲 | トップページ | 私年号 水平98年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

核廃棄物拒否条例」カテゴリの記事

環境にやさしいまちづくり」カテゴリの記事

反核運動」カテゴリの記事

原子力政策と地方自治」カテゴリの記事

市民オンブズマンの観点」カテゴリの記事

NUMO」カテゴリの記事

高レベル放射性廃棄物最終処分場」カテゴリの記事

市民自治のありかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇狂騒曲 | トップページ | 私年号 水平98年 »