« 相撲部屋の暴力 | トップページ | 高知新聞2月10日記事「高知政経懇話会ノート」について »

2018年2月 7日 (水)

高知大学(高知医大病院)への質問状

News & Letters/616
高知大学医学部附属病院は数年前、その薬剤発注に関する契約等において澤山らの告発を受け会計検査院が入り込みその不法行為が弾劾され、国会にまで報告された。
だが、財務担当の理事が交替するや否や、またぞろ大きな権益事業(「アメニティ施設新設」)について異常な公募をしている。
これは官製談合の疑いがある。既に大手県外企業Hの名前が取りざたされている。
応募期間が1週間という短さを一見しても明らかであろう。出来るだけ公募も公表もせず特定業者と契約したいという意図が見える。
これとおなじ調剤薬局を核とする「アメニティ施設」が滋賀医大でも建設されたが応募期間は1ヶ月であった。
 

|

« 相撲部屋の暴力 | トップページ | 高知新聞2月10日記事「高知政経懇話会ノート」について »

医療・福祉の問題」カテゴリの記事

市民オンブズマンの観点」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/72865021

この記事へのトラックバック一覧です: 高知大学(高知医大病院)への質問状:

« 相撲部屋の暴力 | トップページ | 高知新聞2月10日記事「高知政経懇話会ノート」について »