« 東京都知事選 | トップページ | 都知事選挙 賭け »

2016年7月17日 (日)

譲位

News & Letters/500

天皇の生前譲位のニュースが突然出てきた。
その大々的なニュースの効果は、都知事候補鳥越俊太郎の決定的登場を抹殺しようとしたことだ。

1面の片隅に載せる程度のものをプロレスを報じるスポーツニュース並みに取り上げた。権力とマスコミの合作行為だ。

その後、新聞紙面やテレビのニュースには、都知事選は影を潜めている。
政敵を抹殺するのに天皇を利用する。白虹日を貫き、ブラスフィーミー不敬の至りだ。
天皇が引退しようがどうしようが国民の日常生活には何の影響もない。
ただ、天皇とその一家は現行憲法が大変気に入っており、その点で安倍晋三は嫌われている傾向がある。

現行憲法は、戦犯中の戦犯昭和天皇裕仁の命と交換で出てきたものでもあった。これによって皇統の存続が保証された。

基本的人権とかどうとかではない。皇統の絶対保持、皇室の安泰の立場から現行憲法はとても大切なものなのだ。
それを安倍がごちゃごちゃにしようとしている。我々よりもなお一層心配で不安なのである。

生前譲位も天皇自身の意思かどうかもわからない。政府側が退位させようとしているのかもしれない。

天皇一家が現行憲法を擁護する発言は、安倍ら反動右翼にはとてもたまらない。皇室尊崇の立場をとる反動右翼にとっては、肝心かなめのところでどうしようもない二律背反を背負いこんでしまったのである。

生前譲位の策は、孝明天皇のように暗殺という古い手にも通ずるものがある。邪魔者は至尊のものでも消す、これがマキャベリストだ。もともと、右翼の原理は順逆不二(北一輝)であるから気に入らぬ天皇を廃滅するのは何ともないことだし、政治的に利用することも何の遠慮もない。

天皇及びその一家は速やかに天皇などという神がかった道教由来の尊称を返上し、ある程度の財産を受けて一般民籍に入り、庶民の中で普通の人間として平穏に暮らすようにしてやることが我々国民の責務ではないか。

|

« 東京都知事選 | トップページ | 都知事選挙 賭け »

ニュース」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

社会思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/66552783

この記事へのトラックバック一覧です: 譲位:

« 東京都知事選 | トップページ | 都知事選挙 賭け »