« 皇室典範 | トップページ | 野球賭博 »

2016年3月15日 (火)

替え歌

News & Letters/466

君が代の歌をどうしても歌わなければならない場面が過去にいくたびもあった。
それで、私はその場合少し歌詞を変えて歌っていた。

君が代は 千代に八千代に
さざれ石の 巌となりて
苔の結ぶまで

人民主権の世の中にこのような歌を国歌とするなどというのはあまりにも時代錯誤である。
             
             →替え歌1
                民が世は 千代に八千代に
                さざれ石の 巌(いわお)となりて
                苔の結ぶまで
            
             →替え歌2
                 君が代は 千代に八千代に
                 巌(いわお)石の さざれとなりて
                 苔の結ぶまで
 私は、替え歌2の方が実践的で優れているように思う。巌石が→さざれ石に 粉砕されるような凄味がある。   

|

« 皇室典範 | トップページ | 野球賭博 »

日本の歴史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/64456485

この記事へのトラックバック一覧です: 替え歌:

« 皇室典範 | トップページ | 野球賭博 »