« 続1 丸山議員の差別発言 | トップページ | 高知新聞の本性 »

2016年2月21日 (日)

続2 丸山議員の差別発言

News & Letters/463

ところで丸山議員ら自民党の憲法改悪論の一つの大きな根拠は、これがアメリカによって作られたものだから駄目だという点である。

確かに、日本国憲法はアメリカ人が作ったと言えるだろう。敗戦当時米軍が注目した日本人独自の憲法草案があったことも事実であるが、進駐軍が作ったことは否定できない。
しかし、そのことが何も現行憲法の価値を下げるものではない。むしろいいことであったというべきだ。

当時の日本人が作ればどうしても天皇制に引っ掛かり遠慮してしまう。
天皇制や明治憲法、日本土着のわけのわからぬ差別意識などのしがらみのない誰かが作るべきであった。その場合最適なのは日本のことをよく知る外国人がいいに決まっている。

民主主義の原典であるジャンジャックルソーの「社会契約論」の一説を引用してみる。
「ギリシャの諸都市の大部分では、その法の制定を外国人に委ねることが習慣であった。近代イタリアの諸共和国は、しばしばこの慣習をまねした。ジュネーブの共和国もそうして、うまくいった。ローマは、その最も栄えた時代に、内部に専制のあらゆる犯罪が復活し、今にも滅びそうになったが、それは、同じ人々の手中に、立法の権威と主権とを集中したためであった。」

我々の憲法が外国人によって作られたことは何の問題もない。9条などの中身が大事だ。
安倍や丸山などの徒輩が立法府を壟断し、同時に行政府を専断して、戦争法案、原発再稼働、沖縄新基地、TPP・・など亡国の明らかな兆しを醸し出すのは当然の成り行きであり、権力をもつものが憲法を自分らの手で自分らの都合に合わせて作るのは、わがルソーが最も嫌忌した事態なのである。 安倍や丸山らにはルソーなんてなんだっけ、かもしれない。

|

« 続1 丸山議員の差別発言 | トップページ | 高知新聞の本性 »

人権問題」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

社会思想」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/64065398

この記事へのトラックバック一覧です: 続2 丸山議員の差別発言:

« 続1 丸山議員の差別発言 | トップページ | 高知新聞の本性 »