« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月25日 (水)

中間貯蔵施設

News & Letters/448

東北から関東に広がった汚染物質、福島原発からの放射能で汚染された土や枯葉や汚泥やら瓦礫・木材などがあちこちに集積されて放置されている。それをどこに貯蔵するのか。どこの市町村も拒絶反応である。
それは当然である。汚染されたものをどこかに集めできるだけ環境に害を与えないように処理をしなければならないことは皆
汚染物質をもたらした者への責任追及もさることながら、その汚染されたものそのものの処理もまた我々が避けて通れない。そのことも関係市町村の住民も分かっている。わかりきっている。

だが、それが自分の町や村に持ち込まれることに反対する。
その反対の理由は、

第一に、それによって自分たちの居住地域がさらに汚染されることは認められないからである。

第二に、政府や電力会社が原発推進・再稼働を言う以上は、汚染物質処理について政府や電力会社に協力できない。自分たちが少々犠牲になるとしても全体として焼け石に水となる。むしろその施設を受け入れることによって、一層政府や電力会社は原発稼働をやり続ける。

第三に、政府や電力会社は、汚染物質や使用済み核燃料の処理について真剣に取り組んでいるのか。中間貯蔵施設が、どれだけ安全性が保障されるのか、これまでのやり方では全く信用できないから、受け入れたそこが、放射能の新たな汚染発生場となる。技術的にも間に合わせの超危険な施設しか作られない。維持管理についてもどれだけ政府が責任を持つのか不明である。
                 
年数がたち、しまいには政府によって放置される可能性もあり、そこの市町村が管理せざるを得なくなる。市町村が核汚染物質を管理することは不可能である。

第四に、こうして、中間貯蔵が永久貯蔵で安全性の低い最終処分場になる可能性が大である。政府やNUMOの地下埋設計画などにしてもほとんどまだ初歩的な技術研究の段階に過ぎない。

「中間」貯蔵施設という最終処分場(日本中の汚染物質集積場)を認めることはできない。
 いずれにしても、核廃棄物の処理を国民に提案する場合には、最低条件として現在のすべての原発をやめること、これ以上核廃棄物を生産することをやめることである。そうでなければ誰も真剣に話し合うテーブルにはつけない。

それはまるで、テロをやめろと言いながら、そのテロの発生原因である空爆を続けるアメリカやフランスに少し似ている。

中間貯蔵施設受け入れを拒絶する現在の東北・関東の住民の立場は、2007年の高レベル放射性廃棄物地下施設建設計画の際の東洋町の住民と基本的に同じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

維新の勝ち

News & Letters/447

残念ながら大阪知事選市長選とも維新が勝った。

原因はいろいろ言われている。自民党の二人が対立候補では勝ち目はない。
安倍が背後にいる自民党大阪府連のために一生懸命運動する人はあまりいない。
わざわざ投票に行く気がしない。誰かほかにまともな候補者はいなかったのか。いろいろな話が出ている。

しかし、維新が勝った理由は次の理由と私は思う。
おそらく大阪の底辺にいる大衆が、橋本維新を心情的に支持したのであろう。
橋本らは何一つ行政改革はしてはいないし、何一つ国民の福祉のために成果を上げていない。

大阪の経済の発展にも何も貢献していない。
だが、彼らは、大衆の心をつかんでいる。橋本のぶっきらぼうな言葉には、現体制を無茶苦茶にしてしまいそうな
幻想をふくらませる。

たとえば、街頭演説で橋本は、しばしば公務員の給料の高さ、その特権的な身分について攻撃を加える。

普通の政治家は絶対にそれは言わない。都会でも田舎でも選挙では公務員の力は侮れない。だが、底辺の民衆は、公務員の特権的な身分を攻撃してもらうだけで気分が上昇する。実際には橋本市長も松井知事もほとんど公務員制度には手を付けない。現状打破の期待は底辺大衆の根本的な精神状況だ。自分たちのみじめな生活に比べ自分たちの税金でたらふく食って盤石安泰な公務員と公務員制度をぶち壊したい、そういう絶望的な願望に口先だけでも応えているのが大阪維新だ。

反権力、反腐敗、の民衆の感情をつかむものが選挙で勝つ。ナチスもそうだった。
現在の維新の政治手法は未熟でその政治思想も何やらわからない。橋本がもっとしっかりしていればファシスト政党として日本国の権力奪取に向かえたであろう。橋本とそのエピゴーネンたちのへちゃめちゃのおかげでこの程度の被害で済んでいるのである。民衆の立場に立った新しい強力な政党を今のうちに作らなければ、大変なことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

テロリストの心

News & Letters/446

中東のテロリストたちの心は悲しいものがある、と私は思う。
しかし、日本のテロリストたちは原発を武器にして、自国民を大量虐殺してやろうとしてきている。

その第1の犠牲者が1999年JCOの事件であり、福島の大事故であった。
原発を推進してきた連中は、原発の危険性を十分知っていた。

その稼働における原子炉の危険性と、その使用済み燃料の廃棄物の危険性とである。
安全、安全という。世界一厳しい安全基準だという。しかし、その実態はJCO事故が典型だ。素手で濃縮されたウラン溶液をバケツで運搬させ、高濃度の放射性物質の溜まった容器で臨界ー青い光が発した。作業員は殺された。

福島原発はわざわざ高い崖を崩して海と接するように敷地を作くり原発施設を造った。非常用の発電機をその低くした敷地の地下に置いてあった。このようなやり方は、その危険性がわからずにやったというようなことではない。大津波が来ることはわかっていても、何も対策を打たない。

激烈な地震が来れば施設はひとたまりもないということを感じているが、その感性を押しつぶした。それが「安全」の実態だ。彼らの「安全」というのは危険性を何の妨げもなく解放することである。

また、裁判では、玄海原発の裁判でもそうだが、MOx燃料の重要な情報については法廷で明らかにしない。
いわく[商業機密」だとか「企業秘密」だという。

「商業機密」というのは国家安全保障上の機密とか、犯罪捜査上の機密、あるいは個人のプライバシィ上の秘密とは違う。
そのものずばり会社の利潤が侵されることを防ぐための機密なのである。
だから、裁判で[商業機密」といって情報を秘匿するのは、安全第一ではなく、利潤第一という事の別の言い方なのである。

日頃宣伝では安全第一というが、現実には利潤第一のずさんな作業をやらせ、裁判では、あからさまに[商業機密」→利潤優先といって何憚らない。原発から、福島や関東や東日本一帯に放射能を無限に解放すること以上の白色テロルは、この世に存在しないだろう

彼ら日本のテロリストたちは、中東の、シリアのテロリストの悲しい心、無差別空爆への憤慨など、人間らしい感情は全くもちあわせていない。ただ利潤のため、人を殺す。殺しても構わない、とふてぶてしく居直っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

人類の未来

News & Letters/445

ロシア機の爆破墜落、パリでの銃撃、アメリカ、フランス、ロシアなどによる空爆…福島の原発事故を含めて考えると人類は少しも賢くなっていず、どんどんどんどん破滅に向かっているようだ。

第2次世界大戦よりももっと大規模な殺戮戦がこの地上で起こりつつある。
しかし、これらの根因は明らかである。アメリカ帝国主義だ。これに追随する日本を含む中小の帝国主義の無法な行為がすべての原因である。

パリやそれら各国の主要都市は狙われるだろう。次々と悲惨な犠牲者がシリアと同じかそれ以上に出るであろう。その最大の焦点はいつ原発がやられるかだ。原発は核兵器とともに最大の大量虐殺兵器である。

自国国民を日々殺すために存在し稼働しいつか大爆発を起こして日本も世界もめちゃくちゃにしてやろうと構えている。

テロの格好の標的でもある。その悪魔的な巨大施設は強烈な呪術的吸引力があるのか、多くの資本家たちの神話的崇拝の対象になっている。最も危険のものが、最も安全であるように見える【安全神話】という宗教だ。

この神話の御神体は原子炉でありそれには放射能が詰まっている。テロリストたちの標的は米日仏露独などの帝国主義であるが、彼らは異教徒の偶像やご神体を破壊するのと同じく各国帝国主義国の宗教の御本尊(原子炉)を爆破することを必ず思いつくであろう。確かな対策はない。空爆をやめないからもうどうしようもない。

怨恨と復讐のリサイクルはどんどん発展する。こうして人類は確実に破滅→全滅に向かうのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »