« 憲法前文 | トップページ | 砂川事件最高裁判決 »

2015年6月30日 (火)

安全保障問題

News & Letters/418

安倍自民公明政権の政治家どもが狂奔する集団的自衛権、安保法案などは
すべて、日本が中国や北朝鮮、はたまたイスラム国らからの脅威をあげつらって、それを
理由にしている。

戦後70年の国際情勢の中で現行憲法は少しも不都合なことはなかった。
むしろ、その憲法のおかげで日本の平和が保たれたというべきであろう。
しかし、自民と裏右翼政党は現在以降はそういう状況ではないとして戦争準備を急いでいる。

ここでわれわれにとって真の安全保障問題について論議するべきときであろう。
確かに日本の安全保障問題は、最近特に明らかになった。その要素はいくつかある。

第1の問題は、安倍自公政権に見るとおり日本の政治勢力が大きく右旋回し、アメリカと共同して侵略戦争の準備に入り、特にアジア情勢を険悪化させていることである。

第2に、そういう中で沖縄をはじめ日本に蛮居する米軍基地の存在がますます危険度を増していることである。

第3に全国に散在する原発の存在であり、これが不断に事故の危険性、国土総汚染の危機をはらんでいるだけではなく、テロ攻撃や外からの爆撃のターゲット化してきたことである。
これらの日本の安全保障問題はすべて日本由来のものであり、これによる外からの脅威はすべて日本の戦争推進勢力が招来させるものである。

戦争法案に賛成の連中は例外なく原発推進派であるのは、プルトニウムが欲しいのであり、
日本の核武装を狙っているからである。
われわれは自ら日本の真の安全保障のためには、戦争法案や沖縄基地、原発を推進する国賊どもを殲滅する必要がある。

|

« 憲法前文 | トップページ | 砂川事件最高裁判決 »

原子力産業の是非」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

社会思想」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/60564508

この記事へのトラックバック一覧です: 安全保障問題:

« 憲法前文 | トップページ | 砂川事件最高裁判決 »