« 人質の殺害 | トップページ | イスラム国 »

2015年2月 5日 (木)

1月17日

News & Letters/395

やはり1月17日だった。安倍のエジプトでの発言(カイロ宣言)のことだ。
1月17日は阪神淡路大震災など過去色々な悲劇が起こっている。小泉首相が海外派兵したのも1月17日だった。

金日成が朝鮮戦争をおっぱじめることをスターリンと協議したのも1月17日という事であった。

この日が悲劇的な日となることを明治の文豪尾崎紅葉がその小説で予言していた。
金色夜叉の1幕、熱海の海岸で貫一お宮が歩いたその夜、貫一が今月今夜のこの月は僕の涙で曇らせて見せると言ったその日が1月17日だ。

2014年1月17日は国内には何の災害もなくほっとしていたところだ。
この日は私の誕生日でもあった。

だが、安倍がカイロでやってくれていた。イスラムの闘う人民に対して宣戦布告をやっていたのだ。そのアブノーマルな行動によって二人の優秀な日本青年が殺されることになり、さらに日本国民がイスラムの敵国民として標的にされることになった。

安倍の行動は満州事変の発端となった柳条湖事件や、全面的な日中戦争の端緒となった盧溝橋事件と同じなのだ。昔はそれを冒険的な帝国軍人の将校がやったが現在は総理大臣自らがやったのである。

1月17日の呪われた日にわれわれが最も恐れていたことが起こったのである。

|

« 人質の殺害 | トップページ | イスラム国 »

国政問題」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

歴史観・世界観」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/58823334

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日:

« 人質の殺害 | トップページ | イスラム国 »