« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

南海地震の 予兆か 大量のミミズ

News & Letters/385

南海地震は必ず来る。室戸半島には陸上に二つの活断層が走っていて
さらに西海岸、野根沖から室戸岬はるか先まで沖合数キロの至近距離
50キロ以上の長大な活断層が横たわっている。その活断層を利用して
高岡で深層水がくみとられているのだ。

昨日、多分一昨日からであろう、野根海岸から佐喜浜町の入木あたりまで
国道55号線上に多数の大きなみみずが出て這いまわっていた。おびただしい数だ。
また、昨日も今日も、甲浦の奥河内の町道にもおびただしいミミズが出て這いまわっていた。

昨日、甲浦の浜田の方でも気持ちが悪いぐらいのミミズが道路に出ていた、という人がいた。
今日徳島の牟岐町の東の方の山道の国道でもたくさんのみみずが生きたり死んだりしているのをみた。

私は、これは何か地下で異常なことが起こっていると思う。
地殻変動が電気を発生するか、人間には感じられない微妙な振動が起こっているか、
何かでなければ表層地下の生物がはい出してくるはずがない。しかも今は冬である。
夏場にミミズがはい出しているのを見るが、冬場にこんなに多くのミミズが出ているのは初めて見た。

いずれも青黒いもので、大きいものでは子供の蛇ぐらいの大きさである。
南海地震は必ずやってくる。地下で生物が耐えがたいぐらいの重大な出来事が起こっている可能性がある。
今でも死んだり生きたりしているおおきなミミズを上記の地点で確認することができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

我に七難八苦を与えたまえ

News & Letters/384

2014年室戸市長選挙に敗北しました。支援して頂いた方、期待してくれた皆様にお詫びします。

街頭などの様子から訴えはかなり浸透したと思いますが十分な体制も組めず、また8年間の自分自身の空白もあり、集票力が動きませんでした。

津波避難タワーの未整備や小中学校校舎の耐震補強工事の遅滞など重大な政治課題について相当な論議をわき起こしたという点では、一定の成果があったと思います。

私自身は、山中鹿之助のように、月に向かって、我に七難八苦を与えたまえ の精神で敗戦の翌日から立ちあがって、足腰の鍛錬からやり直しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

市町選挙戦を終えて nobless oblije

News & Letters/383

このたびの選挙は、室戸市長選としては最後の者となると思います。
私の陣営は貧弱でありましたが、予想通り大きな反響を市内に巻き起こしました。
勝敗は別にしてもこれだけでも十分成果があったと思います。

主として南海地震対策、津波避難タワーの建設の問題が大きな争点となりました。
このたびの選挙戦は、私が室戸市の皆さんに負う義理を果たすという意味もあったわけです。

ひどい状態におかれていた室戸を捨てて東洋町に移り、8年間も故郷を顧みることもなかった。

その間室戸市は人口が激減し行政は利権にまみれ、市民生活は全く顧みられなかった。
だから、私はこれを座視できず立ったわけです。

それは    nobless oblije

という古いフランスの諺を実行したという思いです。私は何も高貴(nobless)
でも何でもないですが、精神だけはそうありたいと願ってきた私ですから、
困難を顧みず、闘いの先頭に立ったわけです。多くの同志に迷惑をかけたことは言うまでもないが、勘弁願いたい。

犬歯錯綜する戦線において、紅軍に 党は前へ という命令が下ったときに、銃弾をくぐって真っ先に飛び出す党員兵士の気持であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

警告

News & Letters/382

私は今室戸市長選を闘っている所です。

私は選挙資金は全部、関西の大学の学友と解放運動の先輩、私の姉、ごく近しいお婆さんの金と、後はすべて自前の金で賄ってやっています。それ以外の者からは一切お金はもらっていず、全てボランティアです。合わせて100万円程度です。それらは後援会の新聞や看板代金など雑費です。これ以上何のお金も必要もありません。一切カンパはしないでください。

供託金100万円は私の自前の金です。これは1ヶ月ほどすれば必ず戻ってくる金ですから出費ではありません。私の名前で金集めをする人がいても取り合わないでください。
私を応援しても1銭も私から金を貰うことはできません。

私は自分のために選挙をやっていないのです。悪い奴をやっつけ、貧しい大多数の人々のために選挙に出ているのです。だから、お金もそれほど使うつもりはないし、必要以上におカネを集めようという気持ちもありません。100万円あれば十分戦えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »