« 朝日新聞全国版の政務活動費報道 | トップページ | おごり »

2014年10月 1日 (水)

御岳山の叫び

News & Letters/375

御岳山の爆発

たくさんの登山者が犠牲になった。
私はこれは仕方がなかった、予測できなかったでは済まない
と思う。御岳山はしょっちゅう爆発を繰り返している活火山だ。
それに十分備えて登山すべきであり、備えのないものは登山させるべきではない。

第一にガスマスクは絶対に携行させるべきだ。
噴石の直撃は仕方がないが、有毒ガスでの窒息死は防げるだろう。

第2に、噴火の予知は困難だということだが、予兆は地震計で記録されていた。
それだけでは爆発と断定できなかったというが、自分の能力の限界を理由に
その異常な現象を示すデータを一部にしか公開しなかった、という。
ある事象を見てそれについて判断能力がないということであれば、少なくともその判断は国民に任せればいい。

国民は、観測所がとらえた異常、正常の数値についてその公開を求め観測数値について確認してから登山を決めるべきであり、異常数値を確認していれば、登山装備や登山の位置も選択できる。

爆発があるかもしれないということを覚悟して登山するのとそうでないとは文字通り雲泥の差だ。異常な地震動が観測されていたということを知っていれば多くの人が登山を控えたと思われる。

原発の場合もそうであるが、科学は公開すべきであって、自信のない科学者が探知した観測数値を独占すべきではない。
同じデータについて科学者の判断が正しいとは限らない。科学者の判断も参考にして国民は自ら判断しなければならない。

御岳山は、私たちの科学へのいい加減な姿勢を痛打した。
御岳山上で倒れた人々の叫びを無駄にしてはならない。

|

« 朝日新聞全国版の政務活動費報道 | トップページ | おごり »

情報公開」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/57541631

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山の叫び:

« 朝日新聞全国版の政務活動費報道 | トップページ | おごり »