« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

避難タワーについての記者の質問

News & Letters/381

室戸市の津波避難タワーの建設がほとんど進んでいないことにつて
二人の報道記者から最近以下のような趣旨の質問があった。

一つは、NHK記者。

質問1:

 今日県や国から補助金が出てほとんどタダで避難タワーの建設ができるのにどうして 
     室戸市はそれをやろうとしなかったのでしょうか。

回答:

   私はこの質問にははっきり答えられなかった。多分津波に対して危機意識が欠如しているのではないか、という風な推定的応えしかできなかった。

次に本日の朝日新聞記者の質問

質問2:

   室戸市もやがて人口が激減して消滅するという市町村に入っているのに、そんなところに避難タワーを建てて何になるのだ。
 この質問は、私が室戸市50キロの海岸に集中する集落に避難タワーを早急に建設すべきだという主張に対してほとんど非難するような口調であった。予想外の質問に私もたじたじだった。  

回答:私はほとんど絶句して答えられなかった。新聞記者がこんなことを言うとは。
   
 朝日新聞が従軍慰安婦や原発事故の特ダネ記事などで仲間の新聞などから非難されて窮していたが、私はこの二つの誤報道は大したことではない、真相から少し行きすぎた報道ではあるが、真相を曲げたわけではない、と考え朝日新聞に同情的だ。

 しかし、今日の質問を聞いたとき私は唖然とした。今はいるがやがて人がいなくなる町に高価な避難タワーを作って何になるのかというのである。それでは、避難タワーだけではなく、どんな施策もやがて人がいなくなる過疎の村に施して何になるのか、どうせ死ぬとわかっているお年寄を金をかけて手厚く世話をして何になるのだ、・・・・ということになるだろう。

政府かどっかの機関の統計上の推定を真に受けるのもよいが、人間は現状を変革することができる。過疎を食い止め人口をこれ以上減らさないようにするためにどうにかしようとあがいている人間に、冷水を浴びせるような質問をして、人が返答に窮するのを見て面白いのであろうか。

死に至る病人を抱える家族と同じように過疎の市町村を少しでもこの世に長らえさせることにはそれ相応の意義がある。

新聞の字面ではなかなかいい記事が多いが、記者の精神は、侵略下の女性を慰安婦に仕立てた日本軍部と同じように、荒廃しているのではないか。やがて死の運命にある弱者の必死で生きようとする姿を見て笑っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

行政改革

News & Letters/380

昨日の朝日新聞の避難タワー建設についての記者の質問の外に、その記者は私が掲げた公約を絵空事だなどと激しく攻撃をした。
主として財源がないではないか、ということだ。

この質問には答えたが、記者は納得できない風であった。
おそらく、現状の行政の在り方について真剣に考えたことがないのであろう。
新聞を見ても現状の行政の在り方をつぶさに検討したこともない、現状肯定の報道姿勢だ。

財源は公約に掲げてある。行政改革だ。
私が考えている改革の分野はいくつもある。

例えば保育所の公設民営への転換について実例がある。
かつて室戸市内で市の全額負担の半公設の保育所があった。
それがある勢力の圧迫によって市の援助を全面的に打ち切られた。

そこでその保育所は30人程度の園児の保護者とはかって年に650万円(一人月2万円ほど)ほどを負担しあって独自の保育を開始した。数人の保母さんがいた。仕方なしに「民営化」したわけだ。

このようなやり方を最低限度の保育とすれば30人の園児の保育所に1000万円を公費負担すれば、保育料無料の保育所が十分運営できるだろう。このような保育所が2つ(園児60人)あるとして経費を2倍以上に見積もっても3000万円もあれば運営できるであろう。

50人かそこらのこの程度の園児しかいないのにある町の公立保育の運営に予算では1億円の経費を出費している。
これを公設民営化すれば、1億円が少なくとも5000万円以下の出費にに抑えられ、しかも保育料無料化が実現できる。
毎年5000万円の余剰ができれば、これを診療所を一つ開設することにすれば医療費無料か極格安料金の診療所が一つできるであろう。

このようなやり方は私が実現する機会はなかったが、室戸市では大方の理解を得られると思う。行政改革を断行する以外に資金をねん出し、その資金で室戸市民が生きる道を切り開かねばならない。

これが「絵空事」であろうか。このような改革を推し進めるためには保護者の意見や職員の待遇や議会対策等々色々な問題をクリアしなければならない。
しかし、保護者や市民全体の利益を考えるなら、関係者や市民の議論の帰するところは一致するはずであろう。

抜本的な行政改革の分野は他にもいくつもある。

既往のやり方しか考えず、短絡的な結論をもってぶった切ることをせず、人の話をよく聞くことだ。記者とはいくらでも討論するから話を聞きに来るべきだ。
やがて消滅するから何をやっても無駄だという意見についても正しい回答をしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年10月15日 (水)

累卵の危機

News & Letters/379

東電福島第1原発の4号機の使用済み燃料は文字通り累卵の危機の上にある。
それのみならず1号機、2号機、3号機の使用済み燃料も同じだ。

これらを収容しているプールが破損すれば核の累卵は崩壊し、割れた卵から噴出する放射能で日本列島はもとより地球全体が覆われる。しかもこれは、必ず崩壊する。地震は必ずやって来るからだ。崩壊を止める方法があるだろうか。否、崩壊を止める努力を誰かが真剣にしているだろうか。回答。それをとめる方策はない。誰も真剣にそれをとめようとはしていない。

差し迫っている破滅的なCatastrophyの到来を政治家たちはまったく想像することもしないからだ。逆に言えば、安倍をはじめとする享楽的な政治家やそれを支える官僚、資本家、マスメディア、労組・・・、など現体制を支える連中を排除し新しい革命勢力によってプロレタリア政権、それによる福島第1の危機を回避する努力ができる可能性はいまやほとんどないからである。

革命勢力は四分五裂し、新しい勢力の結集も存在しない。
そのうちに累卵は崩壊するであろう。小出先生の話には何かしら諦観がただよっている。
空も海も地も過剰な放射能に覆われ、人間も生物全体も放射能界での生息の時代に突入するということだ。

「禁じられた遊び」という映画音楽が静かに流れる。破滅への序曲だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

私の現在の活動

News & Letters/378

現在私は本年11月23日に行われる室戸市長選挙の準備中である。

私が出馬を決意したのは、室戸市政があまりにも反市民的であり、利権行政体質であって、私の故郷の人々の嘆き悲しむ声を無視できないからである。

たとえば、小学校の子供二人を抱えて、収入を得る仕事がない、生活保護を申請しても
車を売れとか何とかといわれ申請が認められない、親子5人で市外へ出ようと考えている、という。

2万人ほどの人口がこの十数年のうちに5000人減少した、という。
何か大震災か戦禍でもあったかという事態である。

パチンコ屋に勤めていたという青年の経験談によると、福祉事務所がパチンコ屋を調べに来るというときには、それまでパチンコに打ち興じていた受給者と思しき人たちがサーと引き上げるという。

これは受給者の誰かに市役所の誰かが情報を漏洩しているのではないか、とその青年は首をかしげていた。

また、羽根小学校は耐震補強もされず、防潮堤のすぐ近くで津波の危険性が高い、
平成16年の台風の折には、波が校庭に打ち込んできたが、予算がないということで何も対策なし、という。

今日、太平洋の高波が打ち込んでくるところに公立の学校を経営しているなどというのは全国でもありえないだろう。

また、陰の市長だとも言われる男がおりながら、防潮堤がうずまって海岸の浜と集落のレベルが1メートルのもない
、防潮堤を強化したり、津波避難タワーを作ってくれといっても、取り合ってくれない、というところもある。

この地域は安政の南海地震のときに、百数十戸が流失したという記録があるところだ。
その傍ら、ジオパークだとかで数億円で施設を作っているが、さらにまた追加として最近1億7千万円もの金を注ぎ込んだ、という新聞記事があった。お金の感覚がないのではないかという使いっぷりだ。

50キロ近くの海岸線がありそこに人口の大部分が集中している室戸市で、未だに一基の避難タワーも完成していない、という。
市議会では来る南海地震の津波では4000人の市民が犠牲になると議論されているのに・・・。

東北の大震災の前だったが私が東洋町長の折には、貧しい会計の中から巨額の資金を捻出して4基の津波避難タワー建設費として予算を計上し、そのうち2基を完成し2基を残して町長を去った。その当時は特に避難タワー建設のための国や県の制度はなかった。大震災のあとの現在は避難タワーは市町村の金を使わなくても建設することができるようになっていた。現に黒潮町は室戸市の半分ほどの海岸線しかないが4基を建設中であるという。それには町の金は一銭もつかわないという。

行政が何もしない、一部の利権に長けた連中だけが生き残れる町。
最近の新聞記事では、ある有力な会社の工場を津波から避難させるということで高台に移転することになった。土地の購入や造成費の移転費用は4億2400万円。その工場が出した金は2億1200万円。ではその差損2億円以上はどう説明するのだ。
特定の会社のために2億円を越す差損をしてまで土地を構える、その法的根拠は何か。そんなことを許す法令は何もない。

複数の工場を誘致するために工場団地を造成し、公募して、土地を適切な対価で譲渡または貸し付けるというなら話はわかる。
だが、一特定工場のためにだけ巨額の費用をかけて土地を購入・造成し、巨額の差損をすることを許す法令はどこにもあるまい。

しかも津波避難というが、県の津波浸水のハザードマップではその工場が現在立地するところは、15メートルを越す地点にあって浸水する可能性はきわめて低い地点だ。その南には確実に浸水するという中学校や伝統文化の町並みが存在するが、そこには避難タワーのひとつも建設されていない。

また、最近の話だが、ある地域の小さな町工場にその周辺の家庭排水や市道の側溝の水が流れ込むという仕組みになっていて、その排水が大雨のたびにあふれ工場を水浸しにするという。普段でも家庭排水の腐敗臭で我慢ならないという。
この状況の改善を数十年にわたって訴え続けてきたが、市役所は何にも措置しないという。
丸山長寿園という老人ホームも行政財産ごとただで身内に譲渡したという。

利権行政が横行する中で、市民の生活と生命は無視される。

このような事態は何も室戸市に限ったことではないだろう。しかし、私は私が生きている限り、私の身近でこのような不正は許せないし、このような不正に苦しむ市民を座視傍観できない。私を見つめて、苦しい、苦しい、といっている人をどうして見捨てることができるであろうか。

私が毎日市長選挙の準備で市内各地を歩いている原動力は、それらの人々の姿である。

    み吉野の
        吉野の鮎
           鮎こそは 島辺もゑき
                ゑ苦しゑ
                   なぎのもと せりのもと
                          吾れは 苦しゑ
                                (日本書紀)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

朝日新聞の慰安婦問題

News & Letters/377

戦前戦中の日本軍による従軍慰安婦の存在は歴史的事実である。
朝鮮、中国、フィリピンなどアジアの女性たち、オランダなどの欧米の女性たちにまで
その恥ずべき行為の魔手の犠牲としたことこそ、国辱なのである。

他国を侵略し、その国の婦女に暴行するなどというのは劣等な民族の証であるが、
その事実に直面することを避け、その事実を明らかにするものを憎悪する連中は、
さらに劣等な人種である。

    敷島の大和心を人問はば、朝日に匂う山桜花

日本民族の性質が、すがすがしい風に舞う山桜のようであれば、侵略戦争もなければ、
< span>従軍慰安婦も存在しなかったであろう。しかし、現実はそうではなかったし、今もそうだ。

そのことの記事において朝日はある特定人の証言を鵜呑みにして誤報を演じた。
それが誤報だとすればそれ自体は誰も弁護できない。

しかし、その朝日の一誤報を攻撃するあまり、従軍慰安婦問題全体を存在しないと
する主張は許されない。朝鮮を植民地支配し、過酷な労役を強い、反抗するものを
残虐に刑戮した非道はいくら強調されても尽くせない。その史実を暴き、その責任を自覚することは、加害者として当然の行為であって、その行為の中で誤認や行き過ぎた誇張は是正されねばならないが、しかし、その過ちにつまづき、加害行為の事実の確認とその継承に少しでも逡巡や遅滞があってはならない。

国辱なのは、その国辱的加害行為を隠蔽したり、責任を放棄することである。
現実の身が汚辱に満ちているからこそ、朝日に匂う山桜を慕うのである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

おごり

News & Letters/376

 我々は自然に対し慣れ親しむあまり、自然への畏怖を失った。

 往昔、人々は、海や川や山、谷や森や岩や大木・・・をおそれ神として祭った。
 今、人々は自然を破壊し生活の用具とみなし、観光や享楽の場として踏みしだいた。

 人々が地獄や天罰という言葉を忘却してから久しい。おごりの春はたけなわだ。
 だが、自然は、浅はかな人間を見下し時として人間を打ちのめす。

 福島原発爆発に続く御嶽山の噴火は、日本人という人間のおごりを鉄のしもとで
 たたきつけた。我々は謙虚に自然の前にひれ伏し許しを乞う必要がある。
 自然を侮り、自然を破壊し、これを足で踏んずけて汚す行為をやめ、自然の摂理を理解し、
 その恩恵の中で静かに生を営むことを考えねばならない。

 地殻は怒り大津波を引き起こし、火山は憤怒して人を打ちつけた。
 気象庁をののしるまい。昭和21年の南海地震の折に私の祖母は庭に出て
 「世直れー、世直れー」と 地に付し天に叫んでいたという。

 我々も、地に付し天を仰いで、科学というおごりを捨て、許しを乞い、天の怒りを鎮めねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

御岳山の叫び

News & Letters/375

御岳山の爆発

たくさんの登山者が犠牲になった。
私はこれは仕方がなかった、予測できなかったでは済まない
と思う。御岳山はしょっちゅう爆発を繰り返している活火山だ。
それに十分備えて登山すべきであり、備えのないものは登山させるべきではない。

第一にガスマスクは絶対に携行させるべきだ。
噴石の直撃は仕方がないが、有毒ガスでの窒息死は防げるだろう。

第2に、噴火の予知は困難だということだが、予兆は地震計で記録されていた。
それだけでは爆発と断定できなかったというが、自分の能力の限界を理由に
その異常な現象を示すデータを一部にしか公開しなかった、という。
ある事象を見てそれについて判断能力がないということであれば、少なくともその判断は国民に任せればいい。

国民は、観測所がとらえた異常、正常の数値についてその公開を求め観測数値について確認してから登山を決めるべきであり、異常数値を確認していれば、登山装備や登山の位置も選択できる。

爆発があるかもしれないということを覚悟して登山するのとそうでないとは文字通り雲泥の差だ。異常な地震動が観測されていたということを知っていれば多くの人が登山を控えたと思われる。

原発の場合もそうであるが、科学は公開すべきであって、自信のない科学者が探知した観測数値を独占すべきではない。
同じデータについて科学者の判断が正しいとは限らない。科学者の判断も参考にして国民は自ら判断しなければならない。

御岳山は、私たちの科学へのいい加減な姿勢を痛打した。
御岳山上で倒れた人々の叫びを無駄にしてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »