« 大衆運動主義者 | トップページ | 釣魚台について »

2013年9月26日 (木)

反原発闘争

News & Letters/372

革共同再建協議会の雑誌「展望」9号(1911年9月)に掲載された「反原発・反核闘争の前進のために」などの諸論文はインパクトが極めて乏しい。

1、その最大の理由は、これまでの反原発・反核闘争の歴史や、自らのそれへのかかわり、あるいはそもそも、革共同は原発をどのようにとらえていたか、という解明がはっきりしていない、又は隠している点にある。

なるほど、原子力の平和的利用の日共や革マル黒寛の原子力賛美に対する批判的紹介はあるが、60年代から現在にいたる全国54基もの原発立地事件、それをめぐる一つ一つに激しい闘争・・・、原発停止の数々の訴えや闘争などが何一つ取り上げられず、そして、それへの自己のかかわり、否、非かかわりの事実を一つも明らかにしていない。
一基の原発の建設もその危険性からして日本全体にかかわる大事件であったし、革共同の活動する地域のどっかににその問題は起こっていたはずである。

私も含め革共同ら左翼は、それら反原発闘争を関知していなかったし、知っていてもその重大さを感じなかったのだ。そのことの痛烈な自己批判なしに、3・11以降の今日の反原発闘争を語る事は出来ない。「反核・反原発の闘いの歴史的総括」を表題にしながら、何の原発の反対闘争も書かないで、読者や同盟員に対し原発闘争に立ちあがろうなどと呼びかけることがいかにむなしいことか。

今からでも遅くはない、一つ一つ反原発闘争の記録を調べ、それら人民の闘いから学ぶことから始めねばなるまい。

2、次に反原発・反核闘争を戦略課題の第一に置こうとしていない。
 再建協議会(革共同中央も同じ)は、その「展望」11号「2012年9月)号で、「反戦・反核・反貧困・反差別」という戦略課題を挙げ、他の三つと並列的に反核を位置付けた。

しかし、福島原発の事故で東北や関東地方の東日本全体が広範に死の恐怖に覆われるという事件の深刻さ、日本列島やアジアの人民・世界人の生命や健康が犠牲にされるという事態とそれへの闘争は、他の闘争課題と並列的に扱われていいはずはない。
この闘争はいつ人為的な大事故、いつ原発震災が起こるか分からない喫緊の課題であり、今全力で戦わねば取り返しがつかないことになる、日本列島に人が住めなくなるというのに、他の戦線並みに闘えばよいというものではないのだ。

日本の人民は燃え盛る原子炉だけではなく、使用済み核燃料という文字通り累卵を高く掲げた危機を目前にしている。そもそも火山列島の日本に原発を作らせてはならなかったし、一切の海岸に核施設を作らせてはならなかったのである。
それぞれの戦線の日常闘争を発展しながらも、全戦線は、反原発闘争に主力を注がねばならない。ナチスやファシストに対する戦いが優先するのであって、各職場の賃上げや、一つ一つの差別事件の糾弾などと同列に扱われることではない。

反ファシスト(反原発)のパルチザン闘争という戦略図を作らねばならない。

私自身、核兵器の脅威については関心を抱いてきたが、2006年の夏、東洋町という足もとで高レベル放射性廃棄物導入の動きを察知するまで、原発の恐ろしさを身近には感じなかったし、そのことで自己自身が反原発の闘争を担うこともなかったのである。
日本人は、その生活の全部とは言わないまでも、2割か3割以上は反原発・反核闘争のために時間と金を費やすべきだろう。日本福島が太平洋から全世界を放射能で汚染しつつある現在、原発を廃止する仕事は、日本人の最低の責務であろう。

裁判や集会やデモに参加するだけではなく、関係する本を買ったり、それを学習したり、カンパの資金を蓄えたり、家族や友人と反原発について語り合ったり・・・も活動のうちである。いざという時には鎌でもくわでも持って立ち上がるべきである。

革共同や革命政党は、反原発・反核をその戦略課題の最初に置き変えねばならない。
福島の原発大事故は、革命党と革命的人士の、その実践の指針の、根本的変革を迫ったのである。

|

« 大衆運動主義者 | トップページ | 釣魚台について »

反核運動」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

歴史観・世界観」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

社会思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/53392149

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発闘争:

« 大衆運動主義者 | トップページ | 釣魚台について »