« 今回の国政選挙後の大反動時代 | トップページ | 新年のあいさつ »

2012年12月21日 (金)

大反動自民党の大勝利

News & Letters/322

マスメディアが描いたとおり極右反動勢力の大勝利に終わった。
善意に解釈すれば、今回の選挙で、原発の真の責任者である自民党をその責任ある位置に置き据えたという事であって、反原発の総攻撃を自民党に向け、それとの対決での勝利をとらなければ本当に人民が勝ったという事にならない、という事かも知れない。
天は明確な対決軸を我々に与えたという事であろう。
しかし、それにしてもひどい敗北であった。
自民党ら反動勢力の大勝利を、単に選挙制度(小選挙区制)のせいにすべきではない。
確かに、2009年の自民党大敗北の選挙よりも得票数を減らしておりながら、逆に大勝利を得たというのは、小党乱立した選挙での小選挙区制ゆえの結果であるが、その結果については、しかし、機会は平等であったというべきである。
問題はやはり、主体の貧弱さだ。

1、人民の信頼を得るためには、政党として相当の経験と鍛錬の期間が必要である。
 反原発やその他さまざまな戦線では人材はたくさんいる。
 それらの人材を結集し、政治活動の経験と学習を深め政治家として鍛錬したものが党派を作って、選挙に出るのでなければならない。

2、政治宣伝活動や社会運動をする上に、政治家になる者は、オンブズマン活動をする べきだと思う。オンブズマン活動を通じて、行政の不正や腐敗を追及しながら、行政の施策の実務や法律を学習することだ。政治家は、地方や中央の官僚よりも行政実務や法律に熟達していなければならない。
官僚打破、などと叫んでも、実際に権力を握って実務は官僚任せでは、少しも官僚打破にはならない。中央でも地方でも政府を握ったものは、自ら行政実務を担当するのでなければ、権力を握ったことにはならず、結局官僚に頤使されるようになるだけだ。

3、そして、オンブズマン活動など直接請求行動は、選挙と同じぐらい重要な政治分野である、という認識が必要だ。デモや集会、行政への陳情や請願、行政への抗議、政治家に対する批判、そして山のような住民訴訟の攻勢が世の中を変革する力になり、それを背景にすれば権力奪取のための選挙地盤も形成できるだろう。
選挙で負けても、ただ一人でも住民訴訟はできる。
選挙で負けても、直接参政の機会は開かれている。

選挙でなくても、直接行動は民主主義の根幹だ。何千何万という住民訴訟で権力を圧倒することもできる。
本来の意味のプロレタリア革命は「選挙」主義ではない。
イタリアパルチザンの歌 BELLA CIAO のようにファシストに対し人民は武器をもって立ち上がったのである。それが民主主義の本当の姿だ。鉄砲や刀だけが武器ではない。

私は選挙で幾たびも敗北した。
しかし、敗北は我が身を打ち鍛える試練のムチだと考えてきた。
これまでより一層学習し、強くたくましくなろうと決心を繰り返した。
最終的な勝利までは、幾たびもの敗北があると考えねばならない。

|

« 今回の国政選挙後の大反動時代 | トップページ | 新年のあいさつ »

マスコミの報道のありかた」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

国政選挙」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/48405829

この記事へのトラックバック一覧です: 大反動自民党の大勝利:

« 今回の国政選挙後の大反動時代 | トップページ | 新年のあいさつ »