« 竹島」について | トップページ | 虚報 »

2012年10月14日 (日)

百年河清

News & Letters/314

衆議院選挙が近づき、来夏には参議院選挙がある。
だが、日本国民の多くには投票すべき適当な人物がいない。

選択肢がないのだ。悪はいくらでも出てくる。維新の会だの、石原党だの、松下政経塾、・・・・新旧の悪がウドウドと育って名乗りを上げている。旧来の政党の多くも悪ばっかりだ。実力で現体制の権力を打倒する展望は今ではまるでない。

当面は議会や行政機関に人民の代表を送り出して体制打破を図るしかない。
原発を始め日本や世界が解決しなければならない喫緊の課題は山ほどあるが、権力機構のほとんど全部を悪党どもに占領されている以上、少しもいい方向への進展がない。
それどころかますます負の世界は深刻化し拡大している。新聞やテレビなどの報道がでたらめで国民をだまし、真実を隠し、現権力に逆らう事を阻んでいる。
公職の選挙でもまともな人間が出てこれない。

松下政経塾や防衛大学にに対抗するような反原発人民戦線的な人材の養成機関が必要だ。革命兵士の軍官学校や大衆運動政治家の国民学校が必要なのである。

市民運動で反対運動をしておれば何とかなる、という幻想は捨てなければならない。
はじめから権力を人民の手に奪取するという戦略をもって、人材を集め教育する学校を早急に作らねばならない。講師陣はたくさんいる。先ず、大阪と東京に作り、段々と全国都道府県に普及させる。開講は夜間でいい。

もちろん法律や歴史や環境問題等を体系的に学習するだけでなく実習・実践も併課される。思想信条や宗教はとわず、ただ、反原発、反戦、人権の、3つほどの原点的確認があれば、後は自由思想、自由行動でよい。
国会議員だけではなく、地方の議員や首長に至るまで学校の生徒たちが立候補し、当選するよう努力しなければならない。この学校や学生を支援する国民的な応援を組織しなければならない。

今は許されているのであるから、議会を通じ選挙を通じて権力の奪取を図らねばなるまい。福島原発等どんなひどい事故にあっても、権力と資本は、原発をやめようとしない。原発全開を望む自民党が復権すれば一層絶望的になる。

今度の選挙には間に合わないかもしれないが、原発を廃止するには人材を育成しなければならない事は火を見るよりも明らかだ。

既成政党のましな誰彼を選んだり、いい人が自然に登場するのを待つのではなく、われわれ自身が我々の中から真の代表を育て上げなければ、原発を廃滅するとき、日本の夜明けの到来は、百年河清だ。

|

« 竹島」について | トップページ | 虚報 »

原子力産業の是非」カテゴリの記事

反核運動」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

国政選挙」カテゴリの記事

憲法改正問題」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

歴史観・世界観」カテゴリの記事

民主主義は産業」カテゴリの記事

社会思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/47443969

この記事へのトラックバック一覧です: 百年河清:

« 竹島」について | トップページ | 虚報 »