« 出資金返還 | トップページ | 東洋町職員措置請求書(住民監査請求) »

2012年3月26日 (月)

橋下維新の核武装への論理

News & Letters/295


先に私は、橋下の「船中八策」が日本の核武装路線を基底に持っていると指摘した。
橋下の最近の3月22日のツイートはそのことを立証した。それによると、次のような文章が載っていた。

「原子力の技術を保持しておく安全保障上の理由についてはこれは電力供給の話とは別次元ですから完全なる国策であり、電力供給問題とは混同してはいけないと思います。」

「安全保障上の理由」とは核武装のことである。安全保障上原子力の技術を保持しておくというのは、核兵器製造の技術を保持しておくということであって、電力供給のための原子力発電はだめだが、核武装のための原子力技術、とりわけ使用済み核燃料から取りだすプルトニウム精製の技術、そのための高速増殖炉や核の貯蔵施設、高レベル放射性廃棄物の処理施設は必要だというのである。

これまでの原発推進派が原子力の平和利用という名で隠れて核武装の材料と技術を保有してきたが、橋下は、そのようなまどろっこしいことではなく、国策として安全保障、核武装を公然と掲げて原子力を利用するという考えなのである。

この考えは、さきにこのブロッグで明らかにしたわが高知県の中谷元や山本有二らと同じであり、極右の幸福の科学とかとも共通の亡国国防論なのである。

ただ、橋下が、原発を廃止しようという動きをしているのは、それはそれでわるいことではない。彼は自己が核武装国家として日本を「自立」させようという政治活動をする中で、どうしても権力を奪取するためには一旦は脱原発の大衆の気運に迎合する必要があるという事でそうしているに過ぎない。

我々の立場からは、それは理性の狡知として評価はすべきであろうが、しかしその狡知は理性の大道に収容し解毒してから咀嚼するべきものであって、それ自体が善であるわけではない。

橋下が、悪をなさんとして善をなす、というものだ。

|

« 出資金返還 | トップページ | 東洋町職員措置請求書(住民監査請求) »

原子力政策と地方自治」カテゴリの記事

原子力産業の是非」カテゴリの記事

反核運動」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

政治思想ノート」カテゴリの記事

コメント

中国は原子力潜水艦に搭載した核ミサイル、アメリカ西海岸に直接到達する弾道ミサイルを保有しています。
そんな国に対して自国民数千万人の命を危険に晒してまでアメリカが核報復をしてくれると思いますか?
核の傘なんて幻想です。
また、実際に撃ってこないまでも、日本が実際に核による恫喝を受けたときにどのように対処すれば、国益を害する妥協をしなくてすみますか?
具体的に機能しうる対案は核武装しかありません。
対案も出さずに議論をしようとしただけで「亡国論」などと、あなたのほうがよほど亡国論者に思えます。

投稿: Zero | 2012年10月24日 (水) 15時35分

>Zeroさん
核武装が対案?
あまりに短絡と言うか、前時代的で失笑モノですね。

その手に剣を握る資格は、また剣によって自らの命を絶たれる覚悟を有するものだけです。

この時代、核を持たない国が核攻撃を受けたとして、世界がどう反応するかをもっと想像した方がいい。
そうすれば、自ずと核武装が如何に意味の無い事かわかろうってものです。
中国のトップだって、そのくらいのリスクはわかっています。
核兵器は、先に使ったものが負けなのですよ。そんなもの持つ意味なんか、ありません。

投稿: みや | 2012年11月 3日 (土) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/44635506

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下維新の核武装への論理:

« 出資金返還 | トップページ | 東洋町職員措置請求書(住民監査請求) »