« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

維新の教育思想

News & Letters/288

橋下維新の会の教育思想は、その内容や手法において恐るべきだ。
内容的には、極右・反人権であり、手法は弾圧的権力の行使である。
やっこさんは、憲法九条を改悪し、アメリカ帝国主義の下で日本を軍事強国化する。
原発に反対するようだが、核兵器保有には身を乗り出すだろう。

労働者の団結権、政治的活動の自由を奪い、貧窮者の生活保護を切ってしまう。
そして、TPPに賛同しブルジョワジーのお先棒を担ぐ。

原発には反対の様だが、原発住民投票条例には反対だ。現行の議会や教育委員会制度を段々に破壊し、翼賛的議会のみを承認する。
この様な内容を教育の世界に持ち込むために、公務員制度と現行の教育体制に切り込んでくる。
教育の世界にストレートに権力の顔をむき出しこれをコントロールしようとする。

何度も言うが、首長も教育委員も、教育の内容に関与してはならない。

現在の法や制度では、首長や教育委員が出来ることは、教育条件の整備である。

その主なものは、①学校や公民館の施設を建設・維持すること、②教員や教育専門職を雇用しその生活と活動を支える財政を構えること、③教科書など教材や給食や制服など児童生徒らが通学し勉学に勤しむ材料を整えること。④私学や産業、地域での教育活動を財政的に支えること、などであろう。

これらのことが首長や教委のおもな仕事だ。これらの事業を通じて首長や教委は間接的に教育に自己の影響力を行使するのである。

世の中には、教育の場はいくつかある。学校教育、塾・各種学校、家庭、地域、職場、
各種団体だ。学校は先生であり家庭は親、それぞれの世界で、教育するものは決まっている。職場はもとより、各家庭での親の教育に関与できないと同じように、権力は学校や公民館の教育内容に直接関与してはならない。

学校での教育内容は、教員の担当である。教員が個人であれ団体であれ、教育を担当する。教員も一定の倫理観をもち、政治思想をもって政治活動をもする。教育は中立であるとはいえ、正しい政治教育をすることは義務付けられている。何が正しいかは、憲法の趣旨に照らし又本人の良心に基づいて判断されねばならない。

教員から教育の自由を奪うことはできない。その教育に彼らの道徳観や政治思想が出てくるのは仕方がないことだ。また、そうでなくては教育にならない。教育は、どのような知識や技術を教えても、それ自体に思想が入っている。原子力を教える場合に、原子力を肯定するか否定するかの思想は避けられない。

松下村塾の松陰先生に時の幕府に対する批判をやめよということは、松陰から教育事業を取り上げるのと同じだ。生徒や門弟は、その先生の思想を慕って集まって来る。

教員は大学で教育を受け、地方自治体の採用試験を受ける。教員の思想を左右したり関与したりできるのはその二つの場面だけだ。採用試験の場で、首長や教委は、論文などを書かせて、応募者の思想的傾向を把握できる。採否の決定には一定のルールがあるがある程度は、選考する側の裁量の部分がある。

私の経験では、ある年の採用試験で、小論文の選択的課題に南京事件を入れておいた。それをテーマに選んだ青年が、南京虐殺の史実を否定する論文を書いていた。

私は不快であった。論旨がはっきりしていなかった。他の試験委員はどう採点したか分からないが、私はかなり低い評点を出した。結局その青年は学科試験などが良好な成績であり、論文に配された点数はさほど多くなかったので、合格となった。このようにある限定された範囲内で採用者の思想的傾向が試験の評点に影響し、又受験者も、採用者の思想的傾向に迎合するような小論文を書くという場合もあるのである。

採否の決定に採用者の思想的傾向がある程度関与するのは避けられないだろう。しかし、私の経験でも、その影響は最小限でなければならない。小論文に決定的な評点を割いてはならないのだ。採否の評価において、思想性に大きな点数を割けば、権力者の考えが絶対正しいという姿勢となり、精神の自由が侵される。

最高学府である大学の教育では、もはや、学問の自由はだれも侵すことはできないから、権力者が、教員志望者の思想を左右することは困難である。そこで培った教養や専門知識・技能を学校などの現場で、既成の価値観をもって拘束しようとすることは、人権にかかわる事態となりそればかりか人類社会のためにならない。

教育者は次世代の人間を育てるのであって閉塞した現実の時代を切り開く人材にかかわるのであるから、現実世界の利害に制約された政治家や権力者の言うままになっては、その使命を果たせないのである。

教員は独立不羈であり日本国憲法に従うということと本人の良心とその研鑽した学問による以外何物にも束縛されてはならない。本人の良心の世界にその教員の世界観が入って来る。どんなに弾圧しても、真の教育者から思想や良心をはく奪することは出来ない。政治思想を含む思想のない教師からは立派な生徒は生まれない。

もし、橋下が己の思う教育をやりたいなら、一教員として教壇に立つことだ。自ら実践して己の教育が正しいかどうか見せるべきだ。
選挙で選ばれたからといって、教育を自由にしていいという権限まで与えられたわけではない。

但し、橋下が批判する現行の教委の有り様は極めて無責任体制だ。
教育委員は教育行政の執行官であるが、今の現状は諮問委員程度で教委事務局のイエスマン的存在である。

私は教育環境の整備については、教委や学校現場を超えてどんどんやってきた。
鉛筆から消しゴム、ノート、学級費やPTA会費に至るまで義務教育費を無償化する財政措置も取った。学校給食も100%実施し無料化した。中学3年生まで医療費も無償にし、保育園から高校生まで毎月米の配給もやった。

プラネタリウムや高性能の天体望遠鏡まで予算措置をしたが、議会の反対で実現しなかった。・・・・・。越境入学の惨状については厳しく対処した。

教育委員会や首長は、もっとこの様な教育条件の整備に力を注ぐべきだ。
不満は大いにあっても、しかし、教育の内容には一切関与はしてはならない。
ガサツな政治家が教育の世界を荒らし出せば、それは亡国の予兆である。
政治家自身が学問思弁の師を探し、常に教育を受けねばならない存在だ。

橋下は、教員が組合の政治方針を教育現場に持ち込んでいるではないか、選挙で選ばれた首長が教育内容を決めるのは当然だという。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

大坂維新の会の橋下市長の市役所労組攻撃

News & Letters/287

先の市長選挙で大阪市の職員組合が現職市長である相手候補を応援した、市役所の職場を使って選挙運動をした、という事を激しく攻撃し、挙句には市職員の政治活動のアンケート調査までやりだした。労働組合の政治活動に敵対した感じだ。

確かに大阪市の職員組合に問題があった。民間企業ならともかく、公の機関を拠点にして特定候補の支持活動することは明らかに公選法違反であり、権力執行機関の選挙運動はもっとも忌むべきことだ。それは民主主義の根幹を揺るがす。北朝鮮や中国などと同じであり、票のすり替えや今回のロシアのように二重、三重投票ですらやりかねない。

かつて室戸市長選でも選挙カーごと候補者ら運動員が市役所の敷地内に入り込み、正面玄関前に陣取って演説したり、運動員が庁内に入って呼びかけをするなど選挙運動を展開したことがあった。その候補者は選挙直前まで市役所の幹部だった男だ。

それを告発したが、警察はお咎めなしであった。
市町村の職員は、労働者であると同時に権力執行を担う公務員である。その職場では自ずと政治活動に制限が出てくる。沖縄の防衛省の幹部が選挙について部下に説示したように、仮に中立的な発言であっても、権力をもつ者の発言には、言外にその意を汲めという示唆がにじみ出てくる。

橋下はこれを衝いた。職員組合の腐敗を剔けつした。失業と低賃金にあえぐ大阪の労働者や市民達に比べ、安定した身分と高給の待遇が保障された・・・一種の労働貴族と対決するという姿勢を取って、大きな得点を稼ぎつつある。

さらに、その組合の背後にある連合は原発推進の大きな原動力の一つであって、日本列島放射能汚染、それどころかアジア諸国へも原発輸出(原発侵略)に踏み出す、その母体となる労働貴族に対して、橋下は脱原発の方向性を掲げて、この点でも労組の腐敗と対決する構図となる。大阪市長選では、現職は橋下に対峙して原発に反対する劇的なアッピールが出来なかった。関電ら原発推進派に応援されたのでは、大衆の支持は期待できないだろう。関電を敵にし、労組を敵にした橋下が勝利したのはごく自然であろう。

だが、橋下の狙いは、労組の腐敗をただすということではない。目的は労組をやり玉に挙げて人気を博することであって、そのための口実として、職員組合の腐敗追及がある。
例えば大阪市役所の職員組合が後援会名簿集めなどをして橋下を熱狂的に支援していたとしたら、橋下は、これほどまでに組合を攻撃はしなかったであろう。政治活動は自由だとか言って組合を大いに擁護したであろう。

原発を橋下がやめようとしているのは、それ自体大変いいことである。それも大衆に迎合しなければ権力奪取の野望が実現できないからであり、権力を取った場合に脱原発の方針を貫くかどうかわからないだろう。脱原発の観点から、勢いに乗る橋下維新の会の力で、その野望を達成する方便としての脱原発であっても、これを遂行させられるかどうか、国民大衆の動向にかかっているだろう。
原発を止めるのであれば、橋下が止めるというのでもい
いだろう。選択肢がそれしかなければそれもやむを得ない。だが、橋下の力を借りずに、原発を止めなければならない。

だから、日本人民には二つの道がある。

①破綻調の橋下で原発を止めるか、それとも②国民独自の力で原発を止めるか、だ。
①の場合でも国民が油断をしていると橋下は脱原発路線から脱線するだろう。

労組員がたとえ労働貴族化し腐敗したとしても、政治活動を含む労働運動自体を権力が抑圧してはならない。労働者を主体にしなければ現代社会は支える者はいない。

大衆運動は大衆自身の力でしか浄化できない。大衆運動、大衆が腐敗すれば、その役場なり会社なり、さらには国は滅ぶ以外にない。福島原発事故に至る日本の原発史は、日本の大衆自身が許し齎したものであって、労働運動の腐敗の結果に外ならない。
橋下は普通の保守反動ではない。反体制側の腐敗を衝いて勢力を伸ばしてくる。

橋下と対決するには、厳しく自己を浄化し人類に課せられた課題を迅速に実現する戦いと働きをしなければ、勝利はおぼつかない。百の会議をし実行は一つ、では勝てない。一の会議で十の実践をしなければ再度の会議をかけるべきではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

大阪府の学区制自由化

News & Letters/286

橋下維新の会は大阪府の高校の学区制を廃止する、とのことである。
これは子供たちの選択の自由をひろめる、ということで歓迎する向きもある。
しかし、維新の会は義務教育や高等学校で学区制が布かれた意義が全く分かっていない。私の町東洋町も学区制が相当崩れていた。いわゆる越境入学だ。

越境入学で東洋町にある二つの中学校の一つ(野根中学校)が消滅しかかっていた。
役場の職員でさえ子弟を越境入学させていたのだ。

越境先の中学校の運動会では、部落対抗リレーのとき、越境組の地区が優勝するなど
喜んでほめてやるべきか、それとも悲しむべきか、困惑したものだ。
私は越境入学に厳しく対処した。

学区制の崩壊は単にその地域の学校の存亡の問題だけではない。
それは明治初年の学制がしかれた時の歴史的事情にさかのぼる。

学区制によって、サムライだった家の子も商人の子も百姓の子も、そして旧被差別民の子供たちも、みんな一緒の教室、同じ机に座らされた。学区制は、身分や貧富によって学校が違うという前近代の制度を粉みじんに砕いた。教室の中だけは身分制度は廃止された。金持ちの子も貧乏人の子もみんな仲良く学び遊ばなければならない。それは単に学科の勉強だけではなく、教室が一個の現実社会を投影して、それを学ぶ場でもあった。金持ちの子や官吏の子が貧乏人の子供とも交流しお互いに理解し合うことになった。

そして、学問に王道なし、という言葉が毎日の教室にさらけ出された。貴族の子や金もちの子よりも貧乏人の子の方が学力が勝り体育も勝るという事態が遠慮なく実現された。
学校を一歩出れば旧身分差別を含む激しい階級差別の嵐が吹きまくっていたが、学校の子供の世界だけは、楽しい清風が吹いていた。

そこは雅に福沢諭吉の「学問のすすめ」の世界で、上下さまざまな身分や職業の子弟が集まり、彼ら自身はそれぞれ階級社会の出身と宿命を負いながらも、努力するものが称揚されるという自由平等の世界であった。この学区制は今も続いている。
学区制では、貧乏人を嫌い金持ちは金持ちの学校に、貧乏人は貧乏人の学校という事が許されない。

学区制を廃止するという事はとりもなおさず、学校を前近代の階級別教育機関に復旧させることである。そして、上流階級の子弟は、貧乏人の友達を失い、貧乏人の生活や感情について何も知らずに社会に出、権力を握り・・・・、ひどい階級社会や国家を形成する。橋下維新の会には、そのようなことは何も分からず、しゃにむに歴史への反動に挑んでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

橋下徹のツイッターを見て

News & Letters/285

1、教育について

教育行政について橋下は大きな間違いをしている。
国や地方自治体などの行政は教育条件の整備をするのが担当の仕事だであって、教育内容や教員の活動やそのあり方まで担任している訳ではない。
実際に教育を行うのは学校では教員であり、家庭では親であり、職場では上司であり、地域では大人たちである。それぞれの現場の教育担当者はその教育についてなん人からも干渉されたり、妨害されたりする事から自由でなければならない。
学校では、教壇に立つ教師が教育の全責任を負い、その教師は憲法に制約されるほかは自らの良心に従うだけだ。だから教師の任務は重く、常に自己研さんが必要である。

マスコミの寵児となった無教養なにわか政治家にはこの原則がわからない。
テレビや新聞などマスコミや選挙で人気があって当選したからと言って、教育内容や教員の活動を左右する資格まで付与されたわけではない。
かつて粛清に次ぐ粛清でスターリンがソ連邦の権力を握った時、何の学問の素養もないこの男が哲学など学問・文化分野にまで口を出し、ソ連の学問の世界を墜落させたといわれるが、権力者が学問や文化を基底にする教育分野の内容に介入し出したら、日本の文明はたちまち世界最低に落ち込むであろう。

新しい教育基本法では、確かに教育方針は国や地方自治体が決定することになっている。国や地方自治体が決めるというのは、首相や首長が決めるとも解釈できる。

1、仮にそうであっても、首相や首長が独断で決めるという事にはならない。
国民や市民の意思を反映するしかるべき手続きを踏まねばならない。

2、教育方針を決めるにも憲法の趣旨やその各条目に沿ったものでなければならない。
  憲法と離れて首長の政治思想や特定の政策を教育現場に持ち込むことは許されな い。憲法9条など現実世界と乖離するものがあったとしても、教育は憲法の意味とそ の精神を、ストレートに子供や国民に教えねばならない。

3、しかし、教育方針を決めても、それは目標の設定であって、教育の現場をそれでもって規律し首長が指揮監督するという権限を意味するのではない。方針を決めるという事に限定されていて、その実現過程まで任されたわけではない。教育現場で行政が専 断的に行いうるのは教育環境の整備事業だけだから、総理大臣や地方の首長はその整備事業を通じて自ら掲げた教育方針の実現を図る以外にない。

  国や地方自治体が決めた教育方針が学校や地域などで実行されるかどうかは、何も 法律上の定めはない。それが尊重され実行されるかどうかは国民の意思に依存している。
 日本の政治制度では、教育行政は教育委員会が実施するとなっている。「地方教育行政・・・」等国の法律では教育委員会の任務は教育条件の整備となっていて、教育内容にまでその行政は及ぶことはない。文部文化省も、学習指導要領を押し示して教育内容にまで介入してきているが、それにも限度がある。

教育そのものは学校でいえば校長以下の教員が行うのであり、どのような教材を使いそれをどのように教えるかは、その教師の自由裁量だ。
例えば日本軍が行った南京事件について通説を紹介したうえで教師自身の解釈を生徒に語ることは当然許される。憲法と良心に従って自己が研鑽してきた蘊蓄を吐露することは教師たるものの本懐であって、教壇に立つ教師は教育することについては誰からも干渉されない無冠の帝王でなければならない。

「君が代」を歌う事を自らよしとしない、生徒にもやらせたくない、という考えは憲法に最も適合した考え方だ。それを実行したからと言って行政罰を与えるというのは権力の乱用であって、むしろその乱用者が罰せられるべきだ。
現行憲法下の日本の政治体制は「君が代」ではないからだ。

もちろん「君が代」をよしとして憲法に違反しないと考えて、自らも生徒にもそれを歌わせようという連中がいても不思議ではない。如何なる場合でも権力でも何の力でも、教員の精神の自由と教育の自由を奪ってはならない。

 教育や文化に権力が介入することは亡国への道だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

大阪維新の会 橋下大阪市長

News & Letters/285

橋下大阪市長が日本の政界に旋風を巻き起こしている。

日本の保守陣営に大きな交代劇が進行している感じだ。

既成保守政党、自民党・民主党・石原新党?その他もろもろの保守反動勢力に替わって、
橋下維新の会が猛々しく登場し出した。おそらく次の総選挙では自民・民主党などに替わって政権奪取の可能性を見せている。現状の保守陣営の面々では、もはや日本を統治できないことが明らかであるから、橋下維新の会の躍進は時代の要請であろう。
貧しい多くの民衆は橋下に現状打破を求め、圧倒的な投票を集めるであろう。

とりわけ日本ブルジョワジーは既成政党を捨てて橋下に乗り換える、巨額の政治資金が維新の会に集中されるであろう。

維新の会が突風のように日本を席巻しその結果強力な権力機構が作られるであろう。
それはすべ基本的に現在の民主主義的ルールで進められる。誰も文句がいえない形で物事は進展していく。
橋下の政治思想は、これまでの中途半端なタカ派のうわごとではない。権力をかさにきて次々と実行する。

その要諦は、

1.日本のブルジョワジーの最も必要なことを迅速に実現する。橋下はブルジョワジーの   寵児となる。

2、維新の会によって労働者や貧窮者たちの生活や人権は踏みにじられる。
    民主的手続きによって法律は変えられる。人々は困れば困るほど橋下の詐術的演説     に酔う。

3、だが、民主主義の外形は守られる。国民大衆が支持するからだ。

4、維新の会が勝利を謳歌してやりたい放題をするその結果、日本は急速に破滅に向か     う。
  日本の国家は崩壊し、資本主義体制は崩壊する。
  維新の会のそのタカ派政策で近隣諸国と戦争をおっぱじめるかも知れない。
  軍隊(自衛隊)幹部が急速に橋下に近づくだろう。

5、原発は維新の会によってどうなるか分からない。今のところ脱原発依存とか言って     いるが、いつ原発維持・発展に転ずるか分からない。橋下の悪魔性が大衆を引きつ     ける。
 
保守陣営が、橋下という申し子によって革新され急進化するのに引き比べ、日本の左翼は混低迷し続けている。この混低迷を脱する思想をもった核になる勢力もなく、リーダーもいない。

  橋下維新が日本を奈落に落とし込んだその時に、私は、へんぽんと赤旗を翻して登場する救国戦線のプロレタリアート人民の姿を思い描きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »