« 杜牧の詩 | トップページ | 大阪維新の会 橋下大阪市長 »

2012年1月22日 (日)

ことしもよろしくお願いします

News & Letters/284

最近は大変忙しいのでこのブログも怠りがちです。

もう昨年となった3月11日がやがてめぐって来ます。

その3月11日から日本の歴史は違った歴史となりました。
すでに原発を建設し始めた時から違った歴史は底流として動いていましたが、今は完全に違った文明社会が始まったのです。それは放射能と共存するという時代です。
福島を中心とする東北地方や関東地方など東日本だけではなく、日本列島一帯の空気、土地、河川、海洋が放射能汚染で満ちており、どこで何をしてもそれを避けられない状態になったのである。ただ、濃度、被害の程度が違うだけなのである。

火負うなく我々はこの現実を受け入れなければならない。以前までは国破れて山河ありといえたが、今は汚染された山河しかない。出来る限り子供や若い人々にはこの汚染を避けさせなければならないが、逃げるところがない。福島県を廃止し人が住めないようにすることはできないだろう。除染などしても気休めほどの効果しかあり得ない。

汚染地帯で生き、そこで作られたコメや野菜、魚介類を食べながら生きるしかない。
土も水も木も瓦礫も何もかも取捨選択できない。選択肢はただ汚染度の高いものは大人が頂き、子供たちや娘さんたちにはなるだけそれの低いものを食べさせる、というしかない。

福島第一の4基の原発から新しい厖大な放射能は今も明日も半永久的に放出され続ける。この現実を受容し耐えなければならない。すなわち放射能と共存することである。

人は常に死という恐怖を抱きながら生きる運命にある。が、それはやがて来るものであり、生きている限り明日の晴れ渡った朝を望むことが出来たが、今以降はやがて来る死への恐れと同時に、今の生そのものでも深い絶望を抱いて生きなければならない。

そういう業苦を背負った人類として私たちは始まったのである。明朝のすがすがしい朝を期待できない、いわば希望を失った文明である。それは倫理的・宗教的な意味ではなく人体や自然界を直撃する物質的な原罪をもった人類文明である。

だからどうしてもこれ以上の原発を許してはならないのである。

|

« 杜牧の詩 | トップページ | 大阪維新の会 橋下大阪市長 »

エッセイ」カテゴリの記事

世界の核事情」カテゴリの記事

原子力産業の是非」カテゴリの記事

コメント

連日お忙しいことと存じます。
ご存じの通り、佐賀のヤラセメール知事古川康が、議会の無能と県民の無関心を良いことに「しら切り、居直り、口裏合わせ」を決め込み、やりたい放題の居座りを続けています。何せ、地元新聞とテレビ局が彼の応援団、さらには関連企業や取引先を無数に有する彼の飼い主、九電様の圧倒的支持があるのですから、もう盤石です。
人々が永劫の眠りから醒めることは本当にあるのかはなはだ疑問です。
重大会議の会議録を作成していないと開き直る政府、米軍には重大な情報を迅速に伝えながら国民には隠蔽を決め込む政府。地元企業の力で楽々当選し中央とのパイプをうたい文句に地方を牛耳る元官僚首長。
資本主義の一般的危機状態を背景にのさばるミニファシズム。これに日共のアジプロ万能主義が跋扈し出せば、この世は地獄と化すでしょうね。

投稿: 摂政関白大アホ大臣 | 2012年1月25日 (水) 07時30分

はじめまして。

大変感銘を受けました。

私は原発事故をきっかけに東京から兵庫へ移住しました。
賃貸物件が見つからずに、
妹が購入しました家に身を寄せています。
もうすぐ二歳の息子を守るためです。


農的暮らしをするために
定住の地を求めて居ります。


Twitterで東洋町を紹介されている方があり
興味をもって検索したところこちらにたどり着きました。

恥ずかしながら東洋町の出来事を知りませんでした。

こんなに熱い町長さんも居られるのですね。


そんな場所に行ってみたくなりました。

積雪で畑はお休みです。
近く東洋町を訪ねます。

素晴らしいチャンスを頂き感謝致します。

突然のコメントにもかかわらず、私的な長文の無礼をお許しくださいませ。

投稿: 小勝良美 | 2012年1月25日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/43830072

この記事へのトラックバック一覧です: ことしもよろしくお願いします:

« 杜牧の詩 | トップページ | 大阪維新の会 橋下大阪市長 »