« 玄海3号炉の耐震安全アセスメントの九電による誤入力 | トップページ | 8月30日付高知新聞朝刊記事 産地問題相次ぐ「海の駅」ついて »

2011年8月19日 (金)

リスボン震災

News & Letters/276

リスボン大震災再論

今日初めてリスボンの大震災とその歴史的意義についての論評が出た。
日経新聞(8月19日付)だ。ある建築家で大学教授がいう。
「リスボン地震は、歴史のハンドルを90度切るほどの大きな災害であったと言われている。

近代科学も、啓蒙主義も、フランス革命も、すべてこの災害の産物であったと考える人さえいる。・・・リスボン地震は、神が人類を見捨てたのではないかと考えざるを得ないほどのショックを人々に与えた。その絶望から近代科学や啓蒙思想が始まったのは、極めて自然な流れである。」、「すべてがリスボンの災害から始まり、その流れの行き着いた先が20世紀の文明社会であった。」という。

原発事故を含む今度の東北の大震災は、リスボン大震災に比肩されるべきだ。

リスボン震災では神への信仰が根底から揺らぎ、今回の東北震災はそれに代わる科学への信仰が揺らいだ。今や人類は思想的に、突然、大空位時代に陥落し、生きる支えを失ったかのようである。
震災の始末も原子力産業の始末も急がなければならないが、空虚となった精神の再建も急がなければならない。それはどのような思想か。

回答:

神や観念論体系を否定し、原子力産業という悪魔的な産業を生み出し人類や生態系を滅亡させてもかまわないという資本主義のこの様な姿を予見し、その克服を自然主義・人間主義の立場で訴えてきたカールマスクスの思想以外に現代の人類の思想的危機を脱する方法はない、と私は考える。

マルクス主義といっても、原子力産業を核の平和利用などと言って賛美してきた連中、それどころか、広島・長崎の原爆さえもその威力を謳歌していた共産主義者たちのことではない。えせ共産主義者について、私が敬愛するラーヤ・ドゥナエフスカヤ女史がその著「疎外と革命」(MARXISM AND FREEDOM)の序文で次のように書いている。
1945年8月8日フランスの共産党機関紙「ユマニテ」は次のように広島への原爆の効果を賛美したという。

「広島に投ぜられた原爆は相当の破壊をもたらしたように思われる。アメリカの報告は30万人の人口を擁する都市がまさに地表から姿を消したとのべている。原爆が発見されたことの効果はまことに著しい。それにもかかわらず、法王庁ヴァチカンは、すすんで原爆の効果を承認しようとは決してしなかった。! 

ここに、われわれがこのことを知った時感じた驚きの念を率直に表明させていただきたい。・・・」という。
ユマニテというのは人間性という意味のようであるが、こっちの方がその非人間性に驚きである。

また、イタリア共産党の機関紙「ウニタ」(団結)も1945年8月10日号で広島・長崎への原爆の効果を賛美した。

「われわれは決して若干の新聞の解説の中に示された恐怖感にくみするものではない。
なぜなら、われわれは恐るべき破壊のエンジンによってなされた具体的な効果のことを考えているからだ。」

ラーヤ女史は、マルクス主義のスターリン主義的歪曲に抗し、マルクス主義の本来のヒュウマニズムを明らかにしてアメリカの最底辺で活動してきた。

右であろうと左であろうと、神を否定し、人間性を踏みにじる科学の信奉者たちは、人類の破滅も恐れない。現代人は、18世紀の西洋人がしたように、大震災を文明のエポックとして思想の大転換を図らねばならない。そうでないと、原子力産業を究極的に止めることもできないであろう。

|

« 玄海3号炉の耐震安全アセスメントの九電による誤入力 | トップページ | 8月30日付高知新聞朝刊記事 産地問題相次ぐ「海の駅」ついて »

マルクス・ノート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会思想」カテゴリの記事

読書ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/41276151

この記事へのトラックバック一覧です: リスボン震災:

« 玄海3号炉の耐震安全アセスメントの九電による誤入力 | トップページ | 8月30日付高知新聞朝刊記事 産地問題相次ぐ「海の駅」ついて »