« 青少年旅行村の話 | トップページ | 反原発救国戦線の拠点 »

2011年7月28日 (木)

避難民受け入れについて協力を

News & Letters/263

福島原発事故による
避難民の受け入れについて協力の呼びかけ

社員
町民の皆さん
町役場の皆さん 殿
平成23年7月28日
                      ㈱東洋リ・ボルト

福島原発の恐るべき事故によって、放射能汚染は全国的規模で広範囲に及んでいます。福島原発からの放射能雲はアメリカやヨーロッパまで広がっています。農産物、海産物、家畜などが大きな被害を受けていますが、特に子供たちへの被害が心配されています。
東北地方はもとより関東方面は深刻な汚染状況となり、続々と避難する人が増えています。

当社としては、今一番忙しい時期ですが、出来るだけ避難民を受け入れようとしています。

すでに、7月24日には第1陣の母子が到着し、当社ホテルに受け入れ中です。
今回は夏休みの林間学校という事で短期間の受け入れですが、これからもっと多くの避難民がやってくるのではないかと思います。

私たちの町の財政はほとんど他の国民の税金などで賄っています。
こんな大きな災害の時には、出来る限り困っている人に援助の手を差し伸べたいと思います。宿泊代は無料ですが、食事その他で費用もかさみます。

現在、私たち東洋町を頼って避難されている方に対し、お金はもとより米や野菜、魚などを少しでもご提供・ご支援をしていただければ大変うれしく思います。

連絡先:東洋リ・ボルト
(0887-29-3344)

|

« 青少年旅行村の話 | トップページ | 反原発救国戦線の拠点 »

り・ボルト社」カテゴリの記事

原子力政策と地方自治」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/40986995

この記事へのトラックバック一覧です: 避難民受け入れについて協力を:

« 青少年旅行村の話 | トップページ | 反原発救国戦線の拠点 »