« 東洋町の実験 続き | トップページ | 悪意 »

2011年6月24日 (金)

核施設の差別性

  News & Letters/254

2、核施設の差別性

   私が立ち上がったのは、東洋町に高レベル放射性廃棄物を持ち込み地下に埋設するという事についてそれが危険だということだけではなかった。
  私を突き動かしたのは、それをどうしてこの高知県東部の僻地なのかということであった。そこに国家や電力会社の強い差別性、棄民性に我慢ならなかったのである。

  東洋町沖には室戸岬の沖合から大きな活断層が走って伸びている。
  野根キャニオンという名前まで付いている。断層途中の室戸の高岡漁港沖ではその断層から深層水を取水していることは有名な話だ。

  その事実は東大出版会の「日本の活断層」という古典的な書物中の地図に赤く刻印されている。南海地震の震源地の海岸に立地する町で地勢的には、核施設にはもっとも不適当な場所なのになぜだ。

それは、高知県東部の過疎地域は[文化果つる地」(大阪市大の山本登教授の著作)であるからである。核の騒動が起こる前に、ある県会議員が、東洋町は民度が低いから反対運動は起こらないとたかをくくって公言していた、そういう土地であり、遠く昭和45年1月16日には、NHKの[現代の映像」という番組(「民主主義の学校」という題名)で特に東洋町がクローズアップされたことがあったが、戦後民主主義の現代でもまだひどく非民主主義の実態が残っているシンボリックな土地として全国に紹介された、そういうところであった。

  要するに国家と電力会社は東洋町をそのような土地であると偏見して、狙いうちをしたのである。一種の貧乏くじをひかせたのであった。

  それは前にも狭山事件の論文で紹介したが、封建時代の学者荻生徂徠のやり方であり、困難な犯罪事件において犯人として貧しい被差別の人々を犠牲者にでっちあげる手法と同じであった。貧乏くじだ。
  荻生徂徠が将軍に献じたという「政談」か何かの著作でこんな話が紹介されていた。

昔、出石の国のある所で、事件があったが犯人が知れない。役人が江戸にまで上がってきて相談があった。徂徠が答えるのには、一々詮議しなくともよい、どうせ村人の誰かがやったのだから誰かに貧乏くじを引かせたらよい、と。

この論理は多くの書生が読んで感銘を受けたようだ。爾来現代に至るまで日本の権力者たち、とりわけ日本警察や検察の捜査の常道となり数々の冤罪事件を創出した。

  原子力関係の施設の設置は、全部この様な貧乏くじの論理でなされてきた。ただ昔と違うのは電源三法などで金が支払われるということである。そんな金がふるさとの環境と自らの命を購うに足るであろうか、福島の現実を見ればわかるだろう。

  差別政策又は差別意識は、各地方の行政差別や結婚など社会的悲劇を生み冤罪事件の温床となって許されないが、それにとどまらない。
  問題の深刻さは、日本国家の存立の基幹であるエネルギー政策(そのずさんさと危険性)をこの差別政策で代替し、貧しい過疎の人々に転嫁してきたことである。
  この差別政策を実行する上で貧しい地域の人々にたいする差別意識、人権軽視がなければ原発の立地の強行も核廃棄物の埋設地の選択もあり得ない。

  だから、この差別意識の故にこそ、普通なら当然想定される出来事(全電源喪失等)
  をも想定せず、対策を講じなくてもよいとしてきたのである。

最近では同和という事を嫌忌し、人権教育、差別意識の克服事業を軽んずる風潮があるが、差別問題が国家存亡の事態、権力の枢軸を担う連中が人権意識を欠落し、国家の一大事を安易に差別的に解決する道を選ぶ事、→福島原発のような大惨事を引き起こすということをしるべきであろう。

現代科学の結晶とも豪語する原発の施設はもっとも陋劣な差別意識の塊であるのだ。
  私はこのような棄民的差別政策に我慢ならなかった。

東洋町の核施設反対闘争はそう簡単には終息しないであろうと覚悟し、長期のゲリラ戦になろうとも死力を尽くして戦おうと決心して東洋町に赴いたのであった。東洋町は私の父祖の出身地でもあった。

私の祖父は、東洋町野根を幼少のころ追われるように出て、他郷に移った。差別と忍苦の生涯の果てにも「野根に帰りたい」と願いながら死んだという。

  高レベル放射性廃棄物導入反対の戦いは私の部落解放運動と分野の違うものではなく、差別と闘うという点で同じ基調にあった。
   

|

« 東洋町の実験 続き | トップページ | 悪意 »

マスコミの報道のありかた」カテゴリの記事

原子力政策と地方自治」カテゴリの記事

原子力産業の是非」カテゴリの記事

国政問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/40527512

この記事へのトラックバック一覧です: 核施設の差別性:

« 東洋町の実験 続き | トップページ | 悪意 »