« 謝罪 | トップページ | 謝罪3 »

2011年2月22日 (火)

謝罪2

News & Letters/217

高知新聞の第2弾が出た。いくらたたかれても仕方がない。自分らのミスが原因であるからだ。

改めて、産地誤表示を謝罪します。

あつかましいが、次のことを指摘しておく。

高知新聞のこの事件についての報道は、他の新聞の論調とはまったく異質なものである。

1、阿南市の業者の主張をそのまま信じ、事件後の値札表示を写真で見せている。事件前の写真なら意味があるが事件後の写真に何の意味があろう、新聞記者なら分かるはずだ。

読者に何を証明しようというのであろうか。読者が愚かであることを前提にした報道ではなかろうか。たとえば、ある事件現場にいなかったのに、事件後その現場に行きそこにおる写真を撮って、事件の後の日付が入っているその写真を示して、これが現場での目撃の証拠であるといえるであろうか。

 こんな証明の仕方が通るなら日本の裁判は一切成り立たないであろう。当事者の主張を鵜呑みにするだけで記事を書くばかげた新聞はないだろう。値札は事件後にいくらでも新たなものに替えることができるのである。

 事件の前の写真があれば、それがいいが、そんなものはなかろう。しかし、その店で買い物をした消費者はいるはずである。 
 その証言が必要である。

しかし、今日の高知新聞の紙面に載った写真を見ても、われわれの主張の相当な部分が証明できる。写真に載ったフレッシュ大島の落花生にはラベルが貼っていない。値札には何か中国産という薄い文字が書いてあるようであるが、袋自体にはラベルはない。これは明らかにJAS法違反である。豆類の加工品には原産地表示が義務付けられている。

 われわれの海の駅も原産地表示が違っていた。それで責められても仕方がない。それであれば、阿南市の店のものもやはり批判されるべきではないか。これは、干し芋も同様である。

2月18日、海の駅から回収した干し芋を新聞社に見せて写真を撮らせた。この問題の干し芋にもラベルが貼っていない。間違っていてもラベルを貼って表示しようとした海の駅東洋町の姿勢のほうがまだましではないか。無論、ましだといっても責任は軽くはない。

2、また、高知新聞は肝心なことを取材していない。中国産の落花生や干し芋に徳島県産とラベルを貼った社員についてである。どうして徳島県産と表示したのか、社長なり、町長からその商品を受け取ったときどのように表示せよといわれたか、この核心 的な事実を直接取材すべきであろう。

作為を立証するには欠かせない取材だ。高知新聞はそれをせずに、どうして読者に偽装と思わせる記事を書けるのであろうか。業者を問いただし正しい指示をして正確な産地表示をすべきであった。今回それをしなかった。 しなかった懈怠について重々責任を感じている。しかし、間違った表示を故意にやったというものではない。故意と過失には、そこには大きな懸隔がある。故意であることをはっきりさせなければ、偽装ということはいえない。

 それを明確にするには当事者への取材が必要だ。事件を報道する前に、新聞社はすでに阿南市の業者に取材していた。事前に海の駅に入って店員にそれとなく取材することも可能であった。

それなくして、社長や町長の作為の責任を明らかにできないだろう。仮に中国産と分かるものを買って倉庫に入れて、徳島のしかじかの店から購入したと言いおいても、それだけでは社長の虚偽表示や偽装の責任は追及できない。それを徳島産と表示した販売員の行為の原因について究明しなければならない。そのためにはその人への取材が必須であろう。

3、JAS法の運用では、明らかにこの事案は、「常習性がなく、過失による一時的なものであり、かつ直ちに改善方策を講じている場合」にあたり、監督庁から「指導」を受けるという事案である。そのことで本件を軽いものとは思わないが、客観的に見てそうとしか考えれらない。

落花生と干し芋は新聞社が社長に接触する前にすでに販売は差し止められていた。社長は疑いを持ったから、引き上げたという。18日、事案の内容を新聞社から聞いた私は、直ちに独自の調査をはじめ、新聞社にその実態を公表した。あくる日の新聞報道の後、夜11時ごろまで各社の報道陣を相手に事実を説明し、報道陣を通じて謝罪を繰り返した。 

あくる日、落花生についてお詫びの文書を海の駅が配布し、本日店に張り出した。ばたばたとして十分とはいえないが、直ちに対処し改善策を講じてきたといえる。

 高知新聞の今回の報道振りは、各社の報道の仕方とまったく異質な形相を呈している

|

« 謝罪 | トップページ | 謝罪3 »

海の駅東洋町」カテゴリの記事

コメント

「釘、一本買えない」とまで 言われたお方が 他県でお買い物ですか…他県でお買い物・仕入する理由は 何なのでしょうか?町民にわかりやすく説明する義務があると思います。町内で商売されている方々、海の駅に出品されている方々に失礼だとは 思わないのですか? 保身や犯人捜しは 止めて 本当の事を公表して欲しいと思います。

投稿: 一般市民 | 2011年2月22日 (火) 23時24分

こんなことがあったのですね(´,_ゝ`)プッ
いつも思うのですが行政に携わる人は何で自分で調べようとしないのですか?
これ読んでいると全て良い訳にしか聞こえませんよ。
一般的に本当に自分がお客様のことを思うならいつ、どこで、誰が、どのように作ったのか調べます
これは鉄道も同じです
自分が調べもせず、腹も痛めないで行うから赤字垂れ流しの路線になるのです
二つは違うことのように思えますが元は同じです!
本当にその町のことを思うのなら今回がいい経験でしょうから、徹底的に現状を分析しあらゆる要因を見つけ大胆に対応すべきですね
自分の都合にあわさず、全てを一度拒否して0から行いなさい
でなければ、そこの未来はありません。
少しでは有りますがその地区の観光客の増加案も現在考えております。
世の中が私の案を受け入れてくれるとき、そこにもお伺いすると思いますよ。

投稿: のすひろ | 2011年2月23日 (水) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪2:

« 謝罪 | トップページ | 謝罪3 »