« 狭山事件について | トップページ | 検察庁 »

2010年9月18日 (土)

辞職勧告決議

News & Letters/208

東洋町議会は、本日、私に対して辞職勧告決議5対4で可決した。
余りにも唐突であり、あきれた決議だ。

決議の理由は、町の委託事業を受けている社会福祉協議会での不祥事件について、町長の減給処分案が物足りないというだけのことである。この不祥事件は社協内部の嘱託職員がデイサービスの利用料(同額の商品券と交換する代金)を数百万円着服していたという事件であるが、町としてはこの事実を摘発した側にあり、社協に対して損害を補填させて町の公金を回復したのであった。

町としては、この事実の摘発が遅れたという叱責は甘んじて受けねばならないが、この事件そのものの直接的な責任を負うわけではない。摘発してから一件落着させた上、担当職員には厳重注意をし、公金を収受する委託関係団体への監視を強めることを確認してきた。社協に対しても、公金の扱いは正職員自らが担当し現金出納の記録をきちんととるように強く指導し、そのようにして頂くようになった。

町長としては、摘発が遅れたことについてお詫びし、お詫びの印としてまた、総体的な責任を明確にするために、自らに実質的な懲戒処分をすることにした。当初減給5%、今回減給7%(実際には自主的に減給している20%を合わせると27%)の議案を上程した。その減給の幅が不服だということで議案を否決し、その上町長職を辞めろと言うのである。

町長の職はそれほど軽いものであろうか。
摘発が遅れた事の責任を問うことと、辞職を迫る決議の間に何かの脈略があるであろうか。

町が摘発したこと、どうして摘発が遅れたかについては、これまでさしたる質問も追求もない。
不祥事の摘発が遅れたことについて、町長が妨害したとか、知っていて故意に摘発を遷延したとか、事実を隠蔽したとか、何か公職を辞職するだけの行為や悪意が町長にあれば、辞職勧告もやむを得ない。そのようなことは一切無く、出張から戻って事案の概要を確認するや直ちに公表し処理しているのである。

辞職勧告のねらいは、私を辞職させて、夢よもう一度、ということであろう。そうはいかない。

この様な訳の分からない決議は断固として拒絶する。議員の権限を濫用して町政を麻痺させて町民に何の得がある。
このとき、ある古参の議員は、辞職勧告というのは伝家の宝刀であって、軽々に使うべきではない、という趣旨の言葉を残して議場を退席した。議会はもっと厳粛な場であるべきだ。

|

« 狭山事件について | トップページ | 検察庁 »

東洋町議会報告」カテゴリの記事

福祉問題」カテゴリの記事

コメント

昨日、梼原町長と自然エネルギーの講演会の後の交流会で知り合いました。梼原は、小水力発電で、中学校の電力をまかなう自給自足型を政策推進しています。みどりの市民会議・市民自治かたりば大学を一緒にやっていきましょうとお誘いしました。ネットでむすんだら、遠距離も大丈夫です。

東洋町は、水資源の豊な町です。これを活かさないのはもったいない。ご検討を!
http://www.japangreen.tv/life/#/000817

また、工科大学生の鳥谷君が、生ゴミのバイオガス事業の起業化を考えています。一度、具体的な話し合いの時間が取れませんか?

http://www.youtube.com/watch?v=HPlRonxkUBw

内閣府・地域社会雇用創出事業へ提出するビジネスコンペ内容がほぼ決まりました。ご意見をいただければ幸いです。

http://blog.goo.ne.jp/costarica0012/e/db90979837817e025e75043d909820c0

http://blog.goo.ne.jp/costarica0012/e/96a7848d3392af9bee611c8c4373f20c

13人のグランドマザークララに会いに行きます。生物多様性国際会議へのアクションのご相談。
クララ(いのちの言葉)
http://www.japangreen.tv/journal/#/000772

投稿: 山下 由佳 | 2010年10月10日 (日) 08時16分

http://bit.ly/as2nO7 

動き出す「水」資源ビジネス(映像)
日立ラントテクノロジーの技術を取材しました。鉄粉と微生物で、船の中で水を浄化する。

川崎市のオーストラリアへの輸出計画のように、東洋町も水資源輸出事業考えませんか?

また、●12月8日を「脱原発の日」に!のために立ち上がりました。平和活動の皆様へ、賛同者を募っています。http://bit.ly/8YSVvM http://bit.ly/bXkR9F http://bit.ly/bnrxNS 

投稿: 山下 由佳 | 2010年10月14日 (木) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辞職勧告決議:

« 狭山事件について | トップページ | 検察庁 »