« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

第3セクター

News & Letters/202

  激しい夏が終わろうとしています。ブログを書くのも久しぶりです。
第三セクターリボルト社の支援活動に忙殺されました。

朝晩の釜たき、ホテルのシーツなどの洗濯、部屋の掃除メーク、皿洗い・・・、
めまぐるしい肉体労働、そして公務。体重は5キロ以上減量。ずぼんのバンドの穴2つ分腹がへっこみました。盆の3日間が最高のピーク。山のような洗濯物を1人で処理したため、左手首が炎症のため腫れ上がりました。今も少し腫れたままです。夜は氷で冷やしています。

よく第三セクターが赤字だ、つぶれた、残った債務はどうする、など議会や新聞で騒いでいますが、その場合出資者ら関係者がどのくらいその事業に力を入れたか、誰かに任せっきりではなかったのか、その点が少しも問題にされていない。

まかせるにしても、常にそばに行って点検をしなければならないし、出来るだけの支援・声援をしなければならない。

自分が出した金のように、市町村が出資した場合でも、金を出しっぱなしでどうでもせえや、ではいけないのである。
公金が生きるように出資側も真剣に事業に参加しなければならない。

まして、町長や職員が第三セクターに関わること、それを支援することを議会内外で非難しようと構えている人がいるが、一体どういう感覚なのであろうか。

外から企業を誘致することが困難な過疎の地域で、その産業基盤を強化するために導入し設立した第三セクターを死守すること、これは公務の延長であり、最も大事な公務の1つである。

釜で湯を炊くことによってガス代が半分に節約され、地元の学生アルバイトを雇って洗濯を自ら手洗いをすることによって毎月数十万円の節約が可能となった。徳島市内の洗濯業者に年間巨額の金を払うよりも自力で処理することの利益を教訓として残した。西の方の市でホテル経営が赤字だという新聞記事が大きく載っていたが、確かにホテル経営は厳しい。収益が上がらない反面、経費が大きい。だから、経費を削減することが最も肝心なのである。洗濯などを外注していたのでは、採算が取れない。

      澤山保太郎はもう入らない、か。

昼行灯と呼ばれた播州赤穂の城代家老大石義雄。
しかし、いざというとき主君の仇を討って歴史にその名を残した。
大石義雄は、普段は無役であった。太平が続いた時代においては城代家老は仕事はない。 平和なときには、何もしないで良いのである。いざ鎌倉と言うときに軍隊を率いて戦闘を指揮し、領地と城を守る。 江戸時代ではそれで良かった。

しかし、3000人少しの小さな市町村では、その首長はそういうわけにはいかない。
昼も夜も四六時中働かねばならない。その労働も、単にデスクワークであってはならないのである。

  確か、出典は定かではない。諸葛孔明を評した中国の古文に「出でては将、入りては相」(いでてはしょう、いりてはしょう)という言葉があった。

ふるさとや祖国の危機にあっては将軍となって軍隊を率いて戦野で闘い、平時には宮廷で宰相として国民の福祉のために働くという意味である。

私は高校生の時には、この漢文を愛読し、常に朗読しては「出でては将、入りては相」を男子としての理想像としてきた。

最近、人が言うのには、澤山保太郎は核騒動など戦時のときに必要な人間であった、平時においてはもういらないとのこと。

核騒動の戦時においては怖じ気づいて隠れていた連中が、戦後、利権屋どもを引き連れてのこのこと現れて、平時の安楽をむさぼろうというのであろうか。しかし、出でても、入りても、困難は同じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

奇妙な事件

News & Letters/201

例の田島毅三夫議員が、リコール事件の腹いせに、私を名誉毀損で訴えていました。
ところが判決文では、私は何の関係もないのですから、無罪です。

むしろ、田島毅三夫自身の方が、町長である私に対して「人身攻撃」をしている、「誹謗中傷」をしていると言う判決が出ました。それで、私は、自分への人権侵害が裁判所で明らかにされた以上、これを放置するわけにはいきません。

早速別添の訴状を認めて裁判所に手続をしました。これによって得られる賠償金は反原発の運動団体にカンパしたいと思います。裁判所がすでに認定しているのですから、後は賠償金の多寡の問題だけです。

例の男は、まさに天につばするという結果になったわけです。

訴   状

      原告 高知県安芸郡東洋町大字河内1801番地1 澤山保太郎         
      被告 高知県安芸郡東洋町大字甲浦15番地2    田島毅三夫      
        
損害賠償請求事件 
訴訟物の価額      万円
貼用印紙額        円

請求の趣旨

1、被告は、原告に対し300万円及び平成22年8月18日より支払済みに至るまで年5分の割合による金員を支払え。

2、被告は、別紙の通りの謝罪広告を東洋町内に配布せよ。

3、訴訟費用は被告らの負担とする、
との判決を求める。

請求の原因

第1、当事者

1、原告澤山保太郎は平成19年4月より東洋町長である。

2.被告田島毅三夫は、東洋町の町会議員である。

第2、請求原因

1、被告は、「議会活動報告NO1」(「平成19年8/9/10月議会号」 これを議会活動報告と呼ぶ 甲第1号証)を作成し原告澤山保太郎の名誉を毀損する記述を掲載し、東洋町内で配布し、高知地裁安芸支部の公判廷にも提示した。
 これらの記事は事実無根であり、町長である原告を公然と侮辱しその名誉を著しく毀損するものであって許すことは出来ない。
 名誉を毀損する記述は多数あるが、中でもつぎのものはひどいものである。

①議会活動報告 2頁目上から3行目
「町長は、自分に意見し反論する者、気にいらない人等には、直属の部下を使って、チラシ配布や監査請求、身辺調査、さらに告訴等、手段を選ばず服従するか沈黙するまで徹底的に弾圧を加え、絶対君主制の確立を目論むのが下衣間見える。」

②同 3頁目下から11行目

「選挙後その署名簿を現臨時職員H氏に焼却を命じたのも町長である。」

③同 4頁目上から13行目 
『振り込め詐欺』の手口極似する」

④ 同 4頁目上から24行目
「これは事実横取り、騙しの集金である。」

⑤ 同  5頁目上から15~16頁目
  何故こうしたウソを流して人を罪に陥れるのか。それこそ人間失格である。」

⑥同 5頁目上から25~26行目
「カンパ取り込みを行った上、嘘によって人を陥れることこそ人間性を疑う。」

⑦同 5頁下から4行目 
「選挙前後町長の嘘・独断横暴は限りなかった。」

⑧ 同 6頁目19~23行目
「職員や調査員を使って探し出した住民の個人情報を、新聞やブログ、チラシ等でどんどん公開し、気に入らぬ者の社会的抹殺を図るとなれば、それこそ東洋町は疑心暗鬼、行政不信から大混乱。適正な行政執行は出来なくなる。虚言癖のあるオンブズマンが権力を握ればこうなるという最悪の見本である。」

⑨ 同 7頁上から4行目
  「守秘義務の無い虚言癖町長から出た情報を鵜呑みにすれば大変なことになる。」

⑩ 同 上から10~12行目

1、「今この権力や金に媚びない正義感が目の上のコブとなって邪魔になった権力者及び取り巻きが、告訴やデマチラシで追い落とそうと画策しているのである。」

2、被告が作成した議会活動報告の上記内容は、「東洋町議会だより」第99号に同趣旨の記述が掲載され、平成19年東洋町9月定例議会で公然と発表されたものである。

3、以上の被告の行為は、公職にある町長個人へのいわれなき名誉毀損であり、憤りに耐えない。被告は少しの反省の色もなく、その後も多くの誹謗中傷をやめない。
  個人としてのみならず首長としての澤山保太郎の名誉や信用が損なわれたから、少なくとも300万円の慰謝料に相当する損害賠償を請求する。

4、また、民法第723条に基づき、別紙記載の謝罪広告を求める。

5、被告の原告に対する如上の議会活動報告の記事は、原告に対する不当な人身攻撃であり、そのことは、高知地方裁判所安芸支部において、平成20年ワ第21号損害賠償請求事件(原告田島毅三夫)についての判決文(平成22年6月23日言渡)でも「・・・これらの記載は、人身攻撃に及ぶなど意見ないし論評としての域を脱したものを含む誹謗中傷というべきであるから・・・」という風に明瞭に認定されている。

立証方法

一、甲第1号証 議会活動報告
二、甲第2号証 議会だより第99号

添付書類

一、訴状副本 1通
二、甲号各証 各1通

平成22年  月  日

原告 高知県安芸郡東洋町大字河内1081番地1澤山 保太郎

高知地方裁判所安芸支部 御中

(別紙)
        

 澤山町長及び町民への謝罪
                  東洋町議会議員 田島毅三夫

                    平成  年  月  日

 私は、以下のとおり根拠のない事実をあげつらい、東洋町長澤山保太郎の名誉を著しく損なう行為を行いましたので、ここに謝罪します。今後このようなことを言わないように致します。

1、澤山町長は、町民を服従させるために手段を選ばず弾圧をした。

2、澤山町長は、平成19年4月の町長選挙で、部下を使って選挙署名簿を焼却させた。

3、澤山町長は、虚言癖のあるオンブズマンだ。

私の以上の発言や主張は、根拠のないことであり、澤山保太郎町長の名誉を傷つけるものでありました。町長や町民、議会の皆さんに対し深くお詫びを申し上げ、今後この様な言動をしないことを約束致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

連帯のメッセージ

News & Letters/200

8・6ヒロシマ集会実行委員会殿

反核の町東洋町 町長澤山保太郎

皆さんこんにちは、又ヒロシマの暑い夏がやってきました。
私たち東洋町民は、原水爆など全ての核兵器、原発など全ての核施設に反対しています。
そのような町民の意志を結集して3年前の町長選挙で圧勝して私が町長となりました。

反核の強固な立場で皆さんの企画したヒロシマ集会に熱い連帯の挨拶をお送り致します。
沖縄の米軍基地の問題でも明らかになっているように日本を含む世界の権力者達は「核の抑止力」の幻想を信じて、世界人類の切望する核のない世界の実現を拒んでいます。
原水爆は、戦争の抑止力どころか、それを製造し保有する施設を維持すること自体で、すでに自国民に甚大な被害を及ぼし、通常兵器でも破壊される攻撃目標ともなる代物です。それは勿論周辺諸国民に被害を与えますが、それはいわば戦前の特攻隊の自爆行為と同じであり、戦争の抑止ではなく、戦争を扇動し次々と誘爆するものです。

元々原水爆製造を基軸とする原子力産業は米国の政府中枢に入り込んだ死の商人達の利権産業であり、ヒロシマ、ナガサキへの原爆投下も戦争遂行目的ではなく、原水爆産業の実験であったという事実が明らかにされています。

中曽根康弘らが原子力の平和利用という名で導入した原子炉建設事業もその内実は日本の核武装が目的であったということも明らかになっています。原爆も原発もその建設の動機も死の灰の製造もその人類への加害の結果としては全く同じであります。原発施設の白い巨塔こそは原子爆弾の巨大な公然装置そのものであります。皆さん、みなさんはこの原水爆に反対する運動だけではなく、いろいろな分野で我々国民の生命や人権を守るために日夜活動されている方々です。

核の問題とならぶ地球温暖化問題などわれわれが直面している人類史的な危機に対して、ブルジョワジーとそれに仕える各国既成政党は何らの解決策も示すことが出来ません。
自分たちの利益を追求するためには、人類史を閉じても構わない、地上の生ある物全てを殺しても構わないという連中に我々の運命を任せてはなりません。

この人間史がこのまま急速に消滅するのを許すかどうかは、我々プロレタリアートの胸三寸にあります。全世界のプロレタリアートの団結の鉄血でもって腐りきった帝国主義体制を打倒することこそが唯一の解決策であります。

最後に、しかし、ここで私は、ヒロシマ、ナガサキに原爆が投下された当時、国際共産主義の各国の党派機関紙がどのような意見を表明していたか紹介することにします。
フランス共産党(1945年8月8日号ユマニテ):「原爆が発見された効果はまことに著しい。にもかかわら法王庁ヴァチカンはすすんで原爆の効果を承認しようとは決してしなかった。」

イタリア共産党(同年8月10日号ウニタ):「我々は新聞の解説に示された恐怖感に組みする者ではない。我々は恐るべき破壊のエンジンによってなされた具体的な効果のことを考えている。」
現体制の補完をなすのではなく、その根底的な否定に立つ我々の真のプロレタリアヒューマニズムでもって、核抑止力理論を打ち破り、世界恒久平和を勝ち取りましょう。

   欠席のご報告

実行委員会殿
           東洋町長 澤山保太郎

                   平成22年8月4日

誠に残念でありますが、公務多忙のためヒロシマ集会に出席することが出来なくなりました。申し訳ありません。その代わりメッセージを送らせて頂きます。
集会のご成功をお祈り致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

ご無沙汰しました

News & Letters/199

大変ご無沙汰しています。
第3せくたーのリボルト社の事業を支援するために暇がありません。
公務は落ち着いてきましたが、事業展開は大変です。
夏本番を迎え大勢の観光客が東洋町に押しかけてくるからです。
公務をしっかりやりながら朝から夜遅くまで汗だくです。

最近庁議で次のような歌を歌う機会がありました。

   DONA DONA

On a wagon ,bound and helpless lies a calf ,
who is doomed to die.
High above him fles a swallow ,
soaring gaily through the sky.
The wind larghs in the cornfield,larghs with all his might,
larghs and larghs the whole day through and half way through the night.
Dona dona dona dona,
Dona dona dona dah
Dona dona dona dona
Dona dona dona dah

これは、脚を縛られて荷台に乗せられた仔牛、死ぬべき運命にある仔牛がざわざわと風の吹くトウモロコシ畑の
中、ツバメが楽しげに空へ舞い上がって飛んでいる、風が笑い転げてるような、そんな中を仔牛は連れられて行っている。
これは、ナチスがユダヤ人らを拉致してトラックや列車に乗せてやがて虐殺するという光景を歌ったもの、ということはずっと後でわかった。

東洋町の白浜のキャンプ場で心なくも同じような光景を見たのであった。軽四トラックの荷台に子鹿の脚をくくってそれを子供達に見せていた。見せていた本人は善意で、都会の子供に子鹿を見せてやろうという約束を果たしていた、ということであったが、・・・・・・。動物虐待と受け止められないように願います。口蹄病のこともあり、動物愛護の立場から中止をさせてもらった。

その子鹿は有害鳥獣駆除の一環で捕らえられたものである。我々田舎の人間が有害な獣を駆除するのは仕方がない。
しかし、それでとらえた動物たちを残虐な仕法で人に見せるとなると悪影響を考えざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »