« 奇妙な判決 | トップページ | 私の日課 »

2010年7月 9日 (金)

忙中の閑

News & Letters/197

大変忙しく、ブログを構う暇もありませんでした。
その中で、全国町村長らのある集会に出席しました。
それは高野山で開催されました。

早朝起きて町を歩きました。
堂塔伽藍、さすがにすごい景色でした。
その中で私が驚いたことがありました。

私は、高校生時代に一冊の小説を常に身から離さず、持ち歩いていた物があります。
それは高山樗牛の書いた「滝口入道」という短編小説でした。
私はこれを何百回も朗読し、幾箇所にも渡って暗唱さえしていました。
齋藤時頼と横笛、そして平の惟盛の和歌浦での入水の話。・・・・・

私の高校生時代から、半世紀も経ったであろうか。高野山でその滝口入道の旧跡にふと出くわしたのです。

滝口入道は、この高野山の大円院というお寺に住んでいたようです。
横笛は、嵯峨野で果て一基の墳墓の主となったと言うことでしたが、恋しい人をしたって鶯に身を替えて大円院にとび来たり、そこの井戸に落ちて死んだとのことです。

滝口入道と横笛とに再び会おうとは!

|

« 奇妙な判決 | トップページ | 私の日課 »

町長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忙中の閑:

« 奇妙な判決 | トップページ | 私の日課 »