« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月18日 (日)

北原白秋

News & Letters/186

東洋町は、正式に江藤新平の慰霊祭に参加した。
町長、議長、教育長、職員、各種団体代表らが4月13日の万部島慰霊祭、と14日の江藤新平銅像祭に参加した。本行寺のお墓にも参った。佐賀の人から大変温かく迎えられた。江藤新平の曾孫である江藤兵部さん家族の方にも親しくお話をして頂いた。

佐賀に行ったついでに私は筑後川を隔てた柳川へ行ってきた。北原白秋の生誕地であり、白秋記念館があるところである。柳川は水郷であり私の青春の心のふるさとであった。
私は、私が秘蔵していた白秋の肉声の録音付の一冊の詩集をここに寄贈してきた。
この盤は邪宗門秘曲と若干の和歌を白秋自らが朗詠したものであった。私はこれを学生時分に京都の古本屋で見つけて買ったものである。いくらで買ったか忘れた。
印象深いのは、白秋は自作の和歌を詠うとき、ご詠歌のような節回しで歌っていたことだ。
このレコードの曲盤は記念館にもない貴重なものであり、今日、東洋町役場に礼状が届けられていた。
私はこれを手放すになんにも惜しくはない。

私は白秋に大きな恩義を感じている。
私は高校生の時から白秋の詩を愛唱し、柳川は水であるという文章を暗唱さえしていた。

私は、激しい青春時代のなかで、幾度も挫折し、絶望の淵に立たされたことがあった。

そのたびに、真っ暗い部屋にねていると、闇の中から、勃然と白秋の一片の詩がわき起こってきた。
その詩は次ぎのようなものである。

秋の陽は 赤く照らせり
誰が墓ぞ 風のひかりに、
鶏頭の黄なるがあまた
咲ける見て 今日も野に立つ

母ありき 髪のほつれに 陽もてりき
み手にひかれて
 かかる日の かかる野末を
泣きぬれて 歩みたりけん

ものゆかし 墓の鶏頭
さきの世か うつし世にてか
かかる人ありしを見ずや
われ1人 涙ながしぬ

幾たびか、私が絶望の淵にあるとき、忘れきっていたこの歌が自然とわき起こってくるのであった。
何故、この歌なのか、分からない。それはふるさとの母の姿が映し出されているからであろうか。
この歌を自ら歌い、涙を流しながら、私は生きる力を得て、布団からはい出て起きあがり歩き始めるのであった。

詩歌には、人をよみがえらせる力がある。
白秋の原郷に立ってしみじみ感じたことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

私の系譜

News & Letters/185

 私は、昭和19年の1月17日に生まれました。
1月17日は歴史上いろいろ不幸な事件が起こっています。近くでは、阪神大震災も1月17日でした。
この1月17日はすでに明治の文豪尾崎紅葉が金色夜叉」という小説で予言しています。

 場所は熱海の海岸。人は間寛一とお宮さんです。
「今月今夜のこの月は、僕の涙で曇らせてみせる」

 私の父は阿波の徳島の川田という駅の近くで、父母までは天の村雲神社の神主をしていたという。

 母は高知県室戸市の吉良川町西灘という寒村で小作農の娘として生を受け、父とは19歳の時に大阪で結婚し、私と姉を生みました。
父母は私が小学校2年生の時離別し、私と姉は母と一緒に高知に逃げ帰ってきました。母は父の籍に入っていず、従って私と姉はいわゆるててなし子という事になりました。父が、母を入籍しなかった理由ははっきりしませんが、母の出身が同和地区であるこに関係があったのではないかと思われる。

 私が大阪の高校生の時、60年安保闘争がありました。多くの労働者のデモの隊列を見て感激し、いつしか渦の中に入っていました。
その前に中学生の時勤評闘争があり、私らの先生が赤いはちまきして座り込んでいました。

 私が大学にはいるときには、赤旗と立て看板をくぐりながら校門に入り度肝を抜かれました。

 学生部長が天皇のことをてんちゃんとか、皇太子のことをちびてんとか呼んでいて、これにもびっくりしました。
 私は、1人の貧しい人民として人民のために勉強しようと決心して大学に入ったのでした。

 私は、当然のことのように反体制運動に入っていきましたが、最初からマルクス主義になびいていたわけではありません。

 私が最初に心を打たれ一生懸命勉強したのは、自由主義者たちの著作でした。
河合栄次郎に深く傾倒し、この人の本を買い集め繰り返し読みました。この人はリベラリスト・ミリタント(LIBERALIST MILITANT)とも言うべき人で、かの2・26事件を公然と批判し、ついには大学を追われる事になった人です。
河合には「T.H グリーンの思想体系」という大著があり、それを下宿で一生懸命に読みました。

 新カント派の理想主義哲学で、私は完全な観念論者になった気でいました。そして、河合の系統の学者の本を読みあさりました。その弟子である猪木正道などには直接会って話を聞いたりもしました。
河合は命がけで軍国主義に抵抗しましましたが、マルクス主義を批判する立場でした。

 さらに、私は、N.A ベルジャーエフというロシアの思想家に傾倒し、この哲学者の本を読みあさりました。特に「ドストイエフスキーの世界観」という著作には深く感銘しました。ベルジャーエフはキリスト教的な哲学者でレーニンと同じ世代です。ロシアのツアーリズムには抵抗しましたが、彼も共産主義に批判的でした。マルクス主義をひん曲げたスターリン主義に対する批判はすでにベルジャーエフやドストイエフスキーの思想の中心にあったのです。

 私はマルクス主義の文献も読みましたが、科学的な分析はその通りだと思うのであったが、どうもマルクス主義には、私の主体的な意志や熱情を根拠づける思想性がないのではないか、という疑問を抱き続けてきました。学生運動に参加し政治的にはラジカルであるが、思想的には保守的な観念論的であり、ちぐはぐな気持ちを持ち続けていました。

 私は、自分がマルクス主義者になるうえで、河合栄次郎とベルジャーエフの思想の煉獄を通過して洗礼をすましていて良かったと思っています。

 私がマルクス主義に傾倒しましたのは、確か大学2回生の秋ぐらいだったと思います。

 今でもはっきり覚えています。立命館大学の清心館の日本史研究室で、そこの書架にあったマルクスエンゲルス選集補完第4冊を読んで、私は感動し、マルクスが自分の理想主義哲学と同じ出発点にいたことがわかりました。その補完4はマルクスの若い時代の論文集でしたが、中でも「経済哲学草稿」や「ヘーゲル法哲学批判」などは感動的であり胸がふるえるような興奮を覚えました。

「ドイツの解放は人間の解放であり・・・・
「人間を人間の最高の本体なりと宣言する、そのような理論にたってする解放、・・・」

 私は夕暮れの京都の町を歩きながら、私の思想の方向をマルクス主義にはっきり向けることを決意しました。

 若い時分のマルクスの論文には、後年の著作には見られない彼の生の声(ヒューマニズムと変革のパトス)がわき出ていました。
この様な私のマルクスへの接近が正しいことが分かったのは、梯明秀とアメリカのラーヤ ドゥナエフスカヤ女史の著作によってでした。私は2人に実際に会いました。梯教授は京大と立命の教授でしたので生前に何度も会うことが出来ました。
梯教授の本の名前は手元にないので忘れました。

 ラーヤはロシア革命の指導者トロツキーの秘書をしていた女性でした。私は集会の壇上でラーヤ女史と肩を組んでインターナショナルを歌いました。私の肉体は確かにロシア革命につながったのだと思いました。ラーヤ女史はその時ドイツ語で歌っていました。彼女の本は「MARXISM AND FREEDOM](翻訳「疎外と革命」)です。
梯とラーヤのこの2人の偉大なマルクス主義者の哲学はマルクス主義をプロレタリア・ヒューマニズムの根底でとらえており、ドストイエフスキーやベルジャーエフの批判にも十分答えることの出来る真の革命の哲学でした。

 私は、若い世代の人々が梯教授やラーヤ女史の本を読んで、いま資本主義の破滅が地球の破滅をもたらそうとしている時、マルクス主義の思想と実践に踏み出すよう勧めるものであります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

暗殺

News & Letters/184

NHK大河ドラマで吉田東洋が暗殺された。
ドラマでは吉田東洋は余りよく描かれていない。
しかし、藩政革新派の中心人物であった吉田東洋が倒れたことは土佐にとって甚大な被害であった。

土佐勤皇党の過激な行動は時代の要請にあったものであり、犠牲を省みない実践行動には敬意を表するものであるが、東洋暗殺だけは良くなかった。
しかも、土佐勤皇党のこの行動は、守旧派の最上級武士らと組んだものであり、それら姦物らの復権を許したうえ、自らの解党四散を招き、幕末維新における土佐藩の決起を大きく遅らせる結果をもたらしたのであった。

土佐勤皇党は、郷士・庄屋層を主とするものであるが、この連中の元は土佐に起こった天保の庄屋連盟に発している。
この庄屋連盟の趣旨は、武家階級を排し、天皇と民衆が直結するという天民思想をもっており、武士は討ち果たしてもよいという極めて急進的反封建の革命思想を持っていたのであった。

その意味では、改革派の吉田東洋らの公武合体路線のはるか先を走る思想ではあったが、現実政治の中で次々と藩政改革を進める吉田東洋らの歩調とはとても合致しないものであった。

だからといって焦燥に駆られて大人物をテロってしまうことはなかったであろう。
結局、土佐藩の維新での活躍は東洋の弟子たち(後藤象二郎、福岡孝弟、板垣退助、岩崎弥太郎ら)と坂本龍馬など土佐勤皇党の残党によって成し遂げられたことを思えば、帯屋町での東洋暗殺は返す返すも残念なことであった。

近親憎悪のような内ゲバは百害あって一利なしだ。

勤皇でも国学系統の勤皇は問題がある。
土佐勤皇党の領袖武市半平太は国学系統であって、国学の書物を懐に入れていたという。

土佐南学系統の天皇観と国学のそれとには、大きな相違があった。
本居宣長は、土佐南学の天皇観を批判している。

すなわち、土佐南学(谷秦山の系統)は神代の神、天皇を人間と見なした。これに対して国学の大家は神代のことを人代の理屈で見るのはけしからぬ、それは漢意(からごころ)であると非難した。

一方では天皇を神仙視し、他方では賤民への激しい禁忌けがれを強調する国学系統の思想と、神や天皇は人間であると喝破し、穢多も同じ日本人であるとした土佐南学とは土台から大きな懸隔があったのである。
坂本龍馬は儒学や国学など学問の方は余り進んで居ず、勝海舟や佐久間象山など洋学系統の思想を受けていた。これら洋学派はもともと天皇神仙思想や賤民蔑視思想とは無縁であった。
吉田松陰や、佐久間象山らは賤民解放の思想を抱いていた。
土佐の国学系統の下級武士たちは維新後に「油取り一揆」という反動的な騒動を起こし、賤民解放令反対に立ち上がったのはむべなるかなである。

国学系統の矯激な思想による暗殺に倒れた吉田東洋は、古い身分格式に手を入れ、農民漁民を主体とする日本で最初の近代的な兵制を土佐に布いた。土佐人はもっとこの人を評価しなければなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »