« 株主訴訟最高裁へ | トップページ | ホテル購入 »

2009年9月 5日 (土)

東洋町50周年記念式典

News & Letters/142

東洋町町制施行50周年に際して

                       基調報告

人生50年ということがあります。地域社会にとっても半世紀というのは大きな歴史であります。昭和34年7月に野根町と甲浦町が合併し新しい東洋町が誕生しました。その間50年5代目の町長として今私は記念式典の壇上に立っているわけであります。

昭和34年といいますと、先のアジア太平洋戦争の戦禍から14年後のことであり、岸信介総理大臣の時代でありました。ちょうど国内は勤評闘争とかまた、あの安保闘争が続いて起こっていた時代であり、また池田内閣がすぐ後で成立し所得倍増といってまさに日本経済が混乱の中から飛躍的に発展しようとしていた時であります。
当時野根、甲浦の人口もピークにさしかかっており、両町とも4000人を超える大所帯でありました。

記録や識者に聞くと、合併当初は、町政は大変でありました。役場の位置も定まらず、町長選の有効無効で大もめになり、また、教育委員会も勤評闘争のあおりを受けて一時機能不全に陥っていた、ということでありました。更に重大なことには、新町政がスタートした翌年東洋町の財政が破綻に瀕し、財政再建準用団体に指定されるということになったのでありました。合併にこぎ着けた苦労もさりながら、合併直後、町民や役場のなめた辛酸は大変なものがあったと考えるものであります。

それから、町政は徐々にたち直り、庁舎の確定、行政組織の整備、下水道などの生活環境の整備、ポンカンの特産化など現在の東洋町の基盤ができあがったわけであります。
この間、全国的傾向の中で、東洋町も人口流失や産業の低迷などで町政は急速に衰退の傾向になってきました。
町政がだんだん低迷する中で、この低迷を押しとどめるための試みとして二つの注目する事件が起こっています。

1つは、平成14年に平成の大合併の波が東洋町にも押し寄せてきたということであります。高知県東部の市町村との合併か、又徳島県の町村との合併か、迷ったけれども、結局東洋町はどことも合併せず独自で存続する道を選んだのでありますが、国からの交付金や補助金の削減のなかでわれわれは独自の地方自治の厳しい道を選択したわけであります
今ひとつは、平成18年から19年にかけては、全国を揺るがすような大事件、高レベル放射性廃棄物の埋設施設を東洋町に導入するかどうか、をめぐって町内を二分する騒動が起こったのであります。その騒動も町長選挙という形で無事決着をつけ、その点については現在町内では何の問題も無くなっているのであります。

アメリカの新しい大統領オバマさんは、アメリカにおける原子力産業に関し大きな政策転換をしました。すなわち高レベル放射性廃棄物の埋設処理施設とされていたユッカマウンティンの事業計画を正式に廃止し、原子力発電建設に対する補償金制度も廃止しました。
東洋町の選択は世界の潮流にかない、新しい人類のエネルギーへの転換にさおさすものでありました。

現在、化石燃料の過剰使用による温暖化現象などで地球環境が人類存続の危機的な状況にまで悪化しています。国家の財政も市町村分も合わせると1000兆円にも上るという国債の累積で何時国家的な経済的大破綻が到来するやも知れないという状態であります。
一寸の虫にも五分の魂ということわざがありますが、東洋町は小なりといえでも独立した地方自治体であり、国家・人類の末端を担いたっております。

この、今日の日の50周年を画期として、われわれは、町民の要請のみならず、この時代の人類の要請にも応答する義務があるのであります。自力更生の健全な財政と産業基盤を整えて、新しい時代の一翼をになっていかねばなりません。

地球環境問題や、国際的な経済危機などに見るように、これからは平穏な時代とは違い、何時嵐が吹きすさぶか分からないという不安定な時代が到来する予感がするのであります。つい最近、衆議院選挙で自民党公明党の歴史的な敗北があり一種の政変があったわけでありますが、否応なく大きな変革の時代が再びやって来ようとする予兆とも思えるのであります。

来年には、坂本龍馬のNHK大河ドラマが放映されると言うことであります。
龍馬は幕末の日本に於いて単に策を弄し口舌のたくみで斡旋活動をしていたというような人間ではありません。
龍馬は自ら白刃をかいくぐり血煙の中で時代を切り開いた、戦うプランナーであったのであります。我々は坂本龍馬を観光の看板や客寄せの材料にするのではなく、龍馬を 困難な局面を切り開く先達として正しく仰ぎ見、その見識と勇気を見習うというふうに考える必要があると思います。

かくて我々へのこの困難な時代の要請は、再び三度、龍馬のように時代を切り開く茨の道を、勇気を持って進んでみよというものであります。
我々は、これから先50年、100年の歳月、幾山川を越えても、歴史の呼びかけに正しく応答し、自然豊かな故郷を守り抜き、地域社会と国家の安泰を果たして、次の世代に感謝され喜ばれる故郷(ふるさと)を残していかねばならないのであります。

最後ではありますが、町制施行50周年の今日の日に近隣市町村の代表者や、守口の市長さんや議長さん、それに高知県庁の総務部長さんが遠来ご参列下されたことを厚く御礼申し上げます。
また、今日の晴れの日に表彰される町民の皆さん、誠におめでとうございます。表彰者の皆さんこそは、アジア太平洋戦争の戦禍を越え、ふるさと内外にあって戦後復興を成し遂げてこられた戦士であります。われわれは、異境の地で戦没した「英霊」の御霊に感謝するとともに、生きてふるさとの再建に尽くしてこられた人々を永く顕彰してゆきたいと思うのであります。
誠にありがとうございます。

以上で私のご報告と決意の程を述べさせて頂き基調報告に替えさせて頂きます。

|

« 株主訴訟最高裁へ | トップページ | ホテル購入 »

東洋町の歴史」カテゴリの記事

町政」カテゴリの記事

東洋町の改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町50周年記念式典:

« 株主訴訟最高裁へ | トップページ | ホテル購入 »