« ホテル購入 | トップページ | せまる株主訴訟最高裁 »

2009年9月18日 (金)

平成21年8月30日衆議院選挙の結果について

News & Letters/144

1、民主党が圧勝した。予想通りであった。しかし、民主党はなぜ自分たちが圧勝したのか、よく分かっていないであろう。自民党も自分たちがなぜ惨敗したかよくわからない。
民主党と自民党の違いがどれだけのものか、さっぱり分からないのである。
強いて言えば、極右的な自民党政権が消滅し、正統的な自民党保守政権が回復したというところであろう。

確かに政変ではあるが、革命でも何でもない。しかし、何かの兆候ではある。
人々が、この社会の根本的な改変を望んでいることもこの選挙で明らかにされている。
しかし、この政変自体では、何も変革の可能性はないだろう。むしろ、極右的な自民党残党と正統保守的民主党が大同団結して、翼賛政治体制が成立し、憲法改正や自衛隊の海外派兵が自由に出来るという恐ろしい結果をもたらす可能性すらある。

来夏の参院選挙で民主党が圧勝した場合、極めて危険な状況になるだろう。
その点では、社民党など護憲的左翼的勢力がごく少数派になったことが危惧される。
議会制度上では、来夏の参院選で、護憲勢力が一定の議席を占め、翼賛政治を阻止する体制が必要であろう。軍事面が強化され、それを優先する権力が出てくると、日本やアジアの運命どころか、地球規模の破滅が加速度的に進んでいくことは間違いない。

2、これからの政治の課題は二つある。

① 1つは、化石燃料と原子力産業による地球環境の悪化をいかにして阻止し、自然と協調して人類が生きる道を切り開く必要があるということ

② 今1つは、政治権力と民衆との関係を如何に協調するか、すなわち如何に徹底的な民主政治を実現するかという課題である。

①を解決するには、やはり、現在の資本主義体制の根本的な廃絶がまず最初に必要であろう。

これは、18世紀末から世界中の社会主義者の主張するところであるが、資本主義に代替するものが社会主義体制で良いのかどうか、いや、徹底した民主主義のうえに社会主義が建設されなければ全体主義的「社会主義」が現出し、これもまた、人類破滅に向かうであろう。その他に何か他にないのか、考究しなければならない。社会主義体制にしても、地球環境悪化の諸政策や生活慣習は直るわけではない。

 自民党はもとより民主党も、地球環境問題については、原子力産業を推進する立場であり、新しいエネルギーの開発など何にも考えていない、高速道路無料化に見るとおり全く危機意識すらない状態である。

②の民主主義の問題については、極めて難しい。

 それは、制度上の問題だけではない。ドストイェフスキーのカラマーゾフ的な世界の問題があるからである。すなわちその小説に出てくる「大審問官物語」の話だ。
真理と自由の分裂。人民に真理を強制すると自由が失われる。人民に自由を与えておくと真理から逸脱して不幸になる。だから大審問官は、自由を制限して真理を強制するために弾圧をするのである。大審問官はスターリン主義の北朝鮮や中国共産党の考え方であるが、むろん保守陣営の伝統的な考えでもある。

この物語の前提は、民衆の愚かさである。大審問官は賢く、民衆は愚かであるという偏見がもとになっている。だから、民主主義の大前提は、民衆が政治的にも科学的にも立派な見識を持つことであり、それによってこの「大審問官」の壁、真理と自由の歴史的な分裂を打ち破ることが出来るのである。

タレント候補や世襲議員を横行させ、マスコミにたやすく操られる民衆では、いつまでたっても衆愚政治のままの民主主義であり、それは、金権腐敗と自堕落と、そして享楽的な生活の果てに地球環境破滅の奈落を歩む事につながっていくのである。
政治家が官僚をリードする、というだぼらだけで問題が解決出来るわけはない。

政治家も官僚も腐っていたのであり、救国救民の立場に立つ政治的リーダーが不在だったのである。民主党であれなんであれいくら期待してもむなしい結果がやってくるだろう。民衆自身が政治的に自立し、自己教育する能力が無い以上、民主主義は単なる形式であってその実体は金権と虚妄をうまく操るこそ泥的土豪劣紳どもが依然として政治を操る。にわかに大量にわき出てバッジを着けた民主党議員たちに政治家としての良識や良心を求めることはどだい無理な話だ。

 人類は、自己を救い出すほどに知的に成長することが出来るだろうか。権官汚吏と俗物政治家の合体では人類の破滅への傾向は阻止できない。
それまでに地球環境は持つのであろうか。「25時」という小説があったが、もう最後の時を過ぎているのではないだろうか。
 

|

« ホテル購入 | トップページ | せまる株主訴訟最高裁 »

国政問題」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/31425781

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年8月30日衆議院選挙の結果について:

« ホテル購入 | トップページ | せまる株主訴訟最高裁 »