« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

2年間の総括をふまえ

News & Lettrs/171

職員・町民は現町政の事業をしっかり把握し
全国に誇れる地域社会の建設に邁進しよう 

平成21年4月29日
職員各位
町民各位  
                           東洋町長  澤山保太郎

 平成19年4月23日より新町政が開始された。
それ以降2年間、激動の改革行政が執行された。

 一挙に多くの事業が振興したので職員や町民の多くは、とまどいたり、驚いたり、中には悲鳴を上げ、強く反発する者まで出てきた。
しかし、休むことなく新町政は前進し、更に前進を続けた。
緒戦を突破し、今や本戦に突入している。胸つき坂にさしかかったというべきで今が辛抱のしどころである。

 新町政の戦略的課題は、

1・山なす借財を減縮し解消する

 平成19年、20年度の2ヵ年で6億円余減らした。
累積した48億円の借金を、まず10億円減らし、30億円台にせねばならない。 借金のための数億円の金利支払いは全くの無駄で死に金である。事業は極力自力でやるか、国や県の金を導入して遂行する。
 21年度末には借金残高38億円台にまで減縮の予定で、3年間で10億円縮小を達
成するぞ。

2・福祉事業を回復せよ。

老人の福祉施設もなく、福祉事業も以前の議会で「全廃」された状況では、県外へ莫大な支払いと見捨てられる老残の境涯だけが町に残るだけだ。

 町負担数億円県外支出、高額の個人負担、高騰する介護保険料、惨憺たる有様だ。
新町政は介護保険を余り使わない福祉事業を開始した。

①超低額有料老人ホームの建設も開始すべく予算を計上した。

②高齢者の医療費無料、

③肺炎ワクチン無料、

④居宅介護者への助成金月3万円支給

⑤訪問介護を町運営(社協委託)

⑥福祉バス無料、

⑦デイサービス開始、デイサービス個人負担実質半額減免等次々と新しい福祉事業を遂行中である。

⑧保育園児への助成も当初通園児には1人月3000円の支援を開始し

⑨今更に月に1人5㎏の米の支給を始めた。

⑩低料金のヘルパー資格取得講習会も2回目が始まっている。結婚相談員制度も発足した。

3・教育環境を整備せよ

 
①小中学校の耐震診断は一部を除きほとんど完了しようとしている。
 このまま小中4校を耐震補強整備をするか、それとも統合・併設するか町民の意志に従
って早急に整備を完了したい。野根中の生徒は現在10名しかいない。

②野根公民館を整備し、甲浦公民館の整備費も予算計上した。

③図書館の整備もはじめ、

④町史編纂事業も開始した。

⑤教育費の保護者負担も大幅に減らし、校長先生には、保護者に請求する前に町に請求するように指示をした。小中新1年生への入学したく金の助成も始めた。

⑥甲浦中学校の給食も5月連休明けからまもなく開始だ。

⑦小中児童生徒1人につき野根米10㎏をこの4月から配給を開始した。

⑧高校生も東洋町に住民票のある者なら全員毎月1人1人に米10㎏を支給する。

⑨幼児から中学校3年生卒業までの子供は全員医療費を無料にした。
これらの支給は全て町内流通の商品券で行う。

4・産業復興政策も多面的に開始している。

①「海の駅」はその象徴だ。地元の商売人が多数参加して支えている。
年間1億円の売り上げ達成は十分可能であり、それどころか数年後には2億円以上の売り上げを目指す。

②町直営のリボルト社は30数名の社員を雇用して施設管理、「海の駅」運営等多方面の事業を展開している。

③今年度開始の失業対策もいくつもの事業計画を立て、数十名を募集中である。
この失業対策で森林の間伐材事業、農地耕作事業、資源ゴミ活用事業、密漁対策事業などが本年5月から開始されようとしている。

④釘一本も買えない町内に、いよいよホームセンター設営の予算も計上された。

⑤荒れた農地の開墾助成事業は2年目に入り、

⑥鹿などの有害鳥獣防護柵助成事業、

⑦生活・営業資金の無利子貸付金事業

⑧自動車免許取得費用助成金制度等が新たに始まった。

⑨商店街活性化のため、町の補助金や給付金の多くを商品券で支払うシステムに切り替えた。

⑩風呂のない観光地の汚名を返上し温浴施設(実質無料)もまもなく国の交付金で建設が始まる。

⑪インターネット整備事業、地デジ対策事業も万全の体制で取り組んでいる。等々。

5・人は石垣、人は城。町職員もむしろ増強中である

地域復興のための人材を集め、どんどん事業を発展させなければならない。
東洋町の行政改革には、職員定数削減の文字はない。全職員の5%賃金カットも廃止した。臨時職員も1万円給料をアップした。町長が作成した公正な採用試験が行われ、また、秋霜の厳しい綱紀粛正が繰り返し行われ法令遵守が徹底された。

庁議は毎週行われ、全て公開されている。公共工事の指名業者選定審査会も公開だ。 
工事の落札率は70パーセント台である。施設備品類の購入にはリサイクル業者も入れて価格破壊が進展している。事業については住民説明会などで十分に説明されている。

借金を減らし、基金を積み、福祉や教育を充実して、そして産業を盛んにし人材を養成する、これが東洋町の戦略であり、着々と実行している。利権行政はすでに一掃された。新町政2年をすぎる今、以上の画期的な事業をよく承知していただきたい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年4月22日 (水)

東洋町の実験炉 成功

News & Lettrs/170

北朝鮮の飛翔物体の実験は成功したのかどうか、わかりません。
東洋町の実験炉は成功しました。
生ゴミを乾燥させる炉のことです。

この炉は元は竹炭を製作する目的のものでしたが、土佐市のくず鉄やさんにただでもらって、役場の西横においてありました。
この製炭炉に魚などの生ゴミを入れて廃材に着火し、蒸したところ、ほどよく乾留し、珍しい炭ができあがったのです。魚炭や菜炭ともいうべきものです。

東洋町はゴミ・ゼロ運動の最初の目的である生ゴミの堆肥化のため、予算を組みました。

安芸メルトセンターで東洋町の生ゴミ(15万キログラム)の処理費用にはおよそ年間500万円ほどかかっています。
生ゴミを出さずに、これを肥料にすることにしたのです。
乾燥炉の購入費800万円ということで予算を組んで議会の承認を得ました。廃油などで燃料費を抑え乾燥炉を運転すれば年間数百万円のコストダウンという計算でした。しかし、どう考えても乾燥炉にこれだけの金をかけるのは惜しい。

そこで、もらい受けていた製炭機でいけるのではないかと考えて50㎏ほどの生ゴミを入れて実験したのです。約2昼夜かかって蒸したところ、成功したのです。
この製炭機で生ゴミを処理すれば、乾燥炉を買う必要はなくなりました。また、燃料費も廃材を少し燃やす程度ですからほとんどただで稼働出来ます。
出来た魚炭などはほとんど芸術作品のように原型のままで黒光りをしています。手で握ると簡単に崩れ砕けます。肥料に最適です。

稼働中に出てくる白い煙は配管をすれば暖房にも使えると思います。
今回は2昼夜稼働させましたが、1昼夜でも良いと思います。実験を続け最適の運転方式を確定します。

かくて東洋町の実験炉は成功しました。
経費削減、資源ごみ大切、エコ・エネルギー創出にむかって頑張ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

役場の環境

News & Lettrs/169

先日4月15日の臨時議会で、例の議員から、役場を取りまく環境が悪くなった、というご批判を受けた。役場の空き地には、現在間伐材や、竹炭の釜、清掃運搬車、食用廃油製油器械、生ゴミ処理機などが次々と置かれるようになった。
それらのことで、役場が汚い雰囲気になったと言うことらしい。その男と我々では役場のイメージ、ひいては人間生活のあり方が全く違うようだ。

役場は一般行政事務を行うが、また、生産活動を振興させ、環境を浄化する拠点としても機能させなくてはならない。職員も、ネクタイを締めてきれいな手作業だけではなく、土に汚れ、汗や糞尿にまみれて働く必要がある。生ゴミを大切にして有機肥料の生産にも乗り出すし、養鶏や養豚事業にも取りかかるであろう。殖産興業とは軟弱な話ではない。公務員とはお高くとまって机上で指示したり計画したりはんこを押していすれば能事終われり、という存在ではない。公務員は、人民に犬馬の労を尽くして奉仕する奴隷身分のことである。

この男は、役場がホームセンターを作るというとこれも反対だ、という。「民業を圧迫する」からだというのである。しかし、東洋町には、釘の一つも買ううところもない、全て徳島県か室戸市まで出かけなくてはならない。これではいけないので、町が、出店者を募り、共同市場の施設を提供し、そこで材木、トタン、釘、金槌、鍬や鎌など日曜大工の商品、種苗、花樹類等を売ってもらうという事業なのである。
「民業」を圧迫と言っても東洋町にはその民業が存在しない。町民は釘を買うのにも大概は隣町の徳島へ行かねばならない。

東洋町の開店によって圧迫されるのは隣町徳島海陽町の4つのホームセンターである。田島毅三夫議員が心配するのはその隣県の4つのホームセンターであり東洋町がホームセンターを開けば「共倒れになる」ということである。だから、東洋町のホームセンターは反対だという。老人施設といい、温浴施設といい、又今度のホームセンターの建設と言い、この議員の反対の理由は全て徳島の「民業」への配慮である。東洋町民の利益、町民の生活のことはまるで考えにない。

このホームセンターの設置などが計上されている予算案に反対したのは、田島毅三夫議員と、他には小野議員のお二方の議員だけであった。
他の大方の議員はもはや田島毅三夫議員の意見に乗る人はいないと思われる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

海の駅 3月売り上げ

News & Letters/168


この3月29日の新装開店以来「海の駅」東洋町の売り上げが伸びています。
1億円を目指して頑張ろう。

 3月の日計売り上げ下記はPDFファイルを参考ください。

「uminoeki-3gatu-uriage.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

最近の庁議

庁議第39回以降

News & Lettes/167

東洋町の場合は、庁議は公開であり、一般職員や庁内通行の町民も見聞きすることが出来る場所で行っている。町長は、ほとんどの来客、職員との応対、決裁もそのオープンスペースで行っている。

行政機関の極秘中の極秘である「指名選定審査会」もそのオープンスペースで行っている。
日常の行政実務では、何も秘密にするようなことはほとんど存在しない。

資料は膨大です。PDFファイルにしてありますので、下記のリンクをクリックしてください。39回目以降の庁議の記録や、関連資料を読むことができます。

  「39kai-ikou.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »