« 買収 | トップページ | 最近の庁議 »

2009年3月31日 (火)

修正案否決

News & Letters/166

 国からの地域活性化交付金の受け入れ事業計画について臨時議会を開いた。その事業計画の中に、町の施設である自然休養村という研修宿泊施設の改装予算を5000万円ほど組んだものがあった。主として内部の温浴施設の拡張工事だ。
現行のものは湯船が畳一畳ぐらいの大きさで2人ぐらいしか入れない。二階には子供で言えば100人、大学生なら50人ぐらいが合宿できる部屋がある。現在の家族風呂程度の湯船では、お客は隣県の温浴施設まで行かねばならない。

 観光地で、10人程度の風呂も存在しないというていたらくだ。これを国の資金で改装するという事業計画に対して田島毅三夫議員からこれを全額削除するという修正議案が出された。その理由は新聞に出されていないのでここに明らかにしておく。
いろいろの理由を述べていたが、田島毅三夫氏が言うのは、大変なことだ、東洋町の風呂が繁昌すれば隣県の宍喰の風呂屋がつぶれる、というのであった。

 この方は、どこの町の町会議員なのであろうか。

このたびの臨時議会には、他にも徳島の利権にとって「大変なこと」がいくつかあった。
 低額老人ホームの建設もその一つである。
ほとんどの東洋町のお年寄りが、旧執行部の政策(福祉事業を「全廃」する)で、隣県の施設でお世話になってきた、そのため数億円の町の金を他県に送金し続けてきた、澤山町政は、この方策を根本的に破棄し、町で福祉事業を全面的に回復し、金を外へ出さないように努力し始めた。その事業の一環で低額老人ホームの建設に踏み切ったのである。
また、「海の駅」の建設と稼働も隣県にとっては「大変なこと」だった。東洋町民でもってきたという隣県のスーパーにとっては巨大な打撃であり、東洋町民が来なくなるばかりか徳島県民までが地元スーパーを素通りして東洋町の「海の駅」に吸引されているからである。

 田島毅三夫氏らがこの1、2年澤山町政のやることについてことごとく「大変なことになる」、大変だと言って騒ぎ議会内外で反対してきたのは、このことであった。
徳島の利権が澤山町政によって破滅的打撃をうける。
今度の臨時議会で、そのことが本人の口からはっきり表現されたのであった。

 これが、東洋町議会内外で現町長を攻撃してきた連中の正体であり、動機である。これからもその対立は議会の基調となり来年1月の町議会選挙、次期町長選挙まで続くであろう。
 臨時議会の出席議員(「所用」で欠席が3人もいた)はその事を見破り、修正議案を一蹴し否決した。

|

« 買収 | トップページ | 最近の庁議 »

東洋町議会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修正案否決:

« 買収 | トップページ | 最近の庁議 »