« (続)議会質問とそれへの応答 | トップページ | 核導入の財政的こじつけ »

2008年7月 7日 (月)

海の駅将来イメージ

News & letters 103/

東洋町の「海の駅」は小粒ながら順調です。

議員の中には反対するという人もおりますが、今は全国何処の市町村でも「・・・駅」が設置されている時代なのにどうして「反対」が出来るのだろうか。
採算が合わないといって、設置費用や運営費などのコストと出店者からの手数料収入を計算して議会で「追求」するというのです。
それでは公共施設を建設して使用料などの収入でその施設の建設費や運営費のコストをまかなうという計算でいけば、どうなるであろうか。ほとんどの施設が利用料や手数料収入では数百年・数千年かけても建設費も出てこないであろう。
東洋町役場の裏に地域福祉センターがある。これの建設費は6億数千万円だ。この施設の1年間の利用料金合計は3万円程度である。
これで建設費を出すと計算すると約2万年かかることになる。1回の使用料を100万円単位にしないとコストが回収できない。・・・・・ばかげた話は止めよう。
公共施設は、しかし、最初からコストが合うように出来ている。すなわち国民は税金を出してあらかじめ費用を負担しているのである。

Img002ところで、東洋町の「海の駅」の場合は設置費と収益とでコストと収益が合うように設計されていた。
1年で収支が合うなどというこんな施設も珍しいだろう。設置費や人件費で約1000万円、管理者の手数料収入と出店者の収益が合わせて1000万円以上。集客数4万〜5万人。
議会で反対する理由が何もない。
海の駅の将来のイメージを添付します。
費用は3000万円程度でやります。

Img003屋根に太陽光発電を設置するつもりですが、この費用は別です。太陽光発電の設置費用は例の道路の暫定税率のおこぼれが東洋町に1500万円ぐらい入ってくる予定ですから、これをあてがうということも考えられます。「海の駅」大方のご意見をお願いします。

|

« (続)議会質問とそれへの応答 | トップページ | 核導入の財政的こじつけ »

民主主義は産業」カテゴリの記事

コメント

 香南市夜須にあるヤ・シィパークはこのたび(7月5日)に事務所と2階レストラン、インフォメーション・フロアも新設しました。

 屋上が津波雛所になっており、施設の電気も太陽光パネルで補っているようです。建設費は1億5千万と聞いています。

 休日のヤ・シィパークは物凄い人です。でも最初はそうでもなかったです。

 東洋町海の駅はまだ小さな施設ですが、健闘していると思います。
 沢山さんの今回の海の駅の将来像構想も無理はありません。きっと成功するでしょう。

投稿: けんちゃん | 2008年7月 8日 (火) 10時29分

久しぶりにブログを拝見しました。今年の5月ごろ、名古屋から来た友人リピーターを案内して、東洋町を訪問しました。白浜海水浴場に建っていたものが、仮設海の駅なのですかね。昨年は大坂の大学から地域おこしの応援もありましたし、少しずつ、良くなって来ているのではないでしょうか。
 又、一度、遊びがてら、見に行きます。

投稿: 魔法使い | 2008年7月31日 (木) 04時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の駅将来イメージ:

» イン・カレと大盛況のヤ・シィパーク [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 今日は朝から花曇状態。梅雨も四国地方どうやら明けたようで(金曜・土曜は凄い雨で [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 10時24分

» 太陽光発電の現状 [太陽光発電のエネルギー]
太陽光発電に期待をかけて [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 18時49分

« (続)議会質問とそれへの応答 | トップページ | 核導入の財政的こじつけ »