« リコール無効について異議申立書入手 | トップページ | 行政手続法について »

2008年5月13日 (火)

最高裁判例について

News & letters 91/

 東洋町の町議リコール事件に関し50年前の最高裁判例の誤りを指摘してきた。農業委員など公務員が直接請求代表者になっているのは法令違反であるから、集めた署名簿は全部無効だ、という。

 この最高裁判例や行政実例の誤りについて、既に十数年前から有力な学説があった。
これについて小論を引用掲載する。

 PDFファイルを参考にしてください。

 「saikousai-hanrei.pdf」をダウンロード

|

« リコール無効について異議申立書入手 | トップページ | 行政手続法について »

日本国憲法と地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁判例について:

« リコール無効について異議申立書入手 | トップページ | 行政手続法について »