« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

リコールつぶしの新聞報道

News & letters 87/反核の町政を守ろうとして発したリコール運動

高知新聞は、何らの法的な検討もせず、このリコール請求書が無効であるという趣旨の記事を流した。
しかし、1週間前には、支局長と地域報道部長は、実際には拠り所とした地方自治法には何もそんなことは書いていなかったということを認めた。その法律を見ることさえもしていなかったということを住民の前で認めた。

一昨日は編集局のお歴々が本社で、地方自治法の投票段階の条項を見てそれで判断した、といいなおした。
しかしそれも、今の段階は請求段階の話だ、どうして請求段階の条項を見なかったのだ、と問われて詰まってしまった。
そうすると、「地方自治法」ではなく、「地方自治法など」と書いてあるから問題ない、といいだした。

間違いを犯した役人のような訳の分からないいいわけに乗り出した。
みずからを切開することのできない者はジャーナリストになるべきではない。太平洋戦争で自社がどのような犯罪的な加担宣伝をしてきたか、高知新聞は総括したであろうか。

自由民権の伝統というなら、素人も同然の県の選管(事務局職員)だとか、最高裁判例とかいうのでなく、みずから法令をひもといて正義はどちらにあるかみずから判断する必要がある。言い詰まると法律の専門家ではないから、という。法律でも政治でも、医学や科学的なことでもそれを読み解いて国民に分かるように報道するのがジャーナリストの仕事だ。

もし直接請求が、選挙と同等のものとするなら、高知新聞に残るのは、公職選挙法第148条但書(虚偽の報道 同法235条の2 二年以下の禁固等)に該当するかどうかという問題である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最高裁昭和29年判決の歴史的な是正を

News & letters 86/東洋町リコールについて 最高裁昭和29年判決の歴史的な是正を

「saikousaihanketu-zeseiwo.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

高知新聞の報道について

News & letters 85/

昨夜(4月24日夜)高知新聞室戸支局長と地域報道部長とが来町し、リコール運動をしているグループと面談した。
テーマは、リコール運動についての高知新聞の報道について
主なものは、高知新聞4月16日の記事で、「リコール署名が無効の可能性」という見出しと記事中、「地方自治法施行令によれば農業委員が議員の解職請求代表者になることは違法である。」という点であった。この記事の根拠として、地方自治法や同法施行令のどこにそんなことが書いてあるのか、という住民側の質問に対し、新聞社側は、地方自治法関係の法令は確認していなかった、確認せずに県の選管の意見を聞いて書いただけだ、謝罪します、ということでした。
新聞社が何も説明できないので、住民側は関係法令(地方自治法、同施行令、及び公職選挙法、同施行令)をその場で提供して検討してもらった。
どこにも新聞社が言うような違法であるという条文はないということを確認したが、なお検討するとのことであった。
住民側は、法令も確認せずに法令違反だというようなでたらめな報道姿勢は、リコールつぶしになり、新聞社が一方的な政治的な活動をしたことになり、そのあり方が問われる、あの新聞記事は、リコール運動に大きな否定的影響を与えているので、法令をよく確認して公正な、中立的な記事を書いて頂きたい、法令にはどういう風に書かれているのか、はっきり読者に分かるようにして回復措置をとって頂きたいと要望した。
新聞社は出来る限り早く検討し対応したいとのことで帰っていった。

くだんの男は、新聞に違法だと書いてあるじゃないか、と言って選管に何かと電話したりして、仮提出のリコール署名簿審査中の選管事務に影響を与えようと必死になっている様子である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

4月22日

News & letters 84/

ふるさとを 防衛する
無名の戦士たちよ
高知県東洋町
反核の町
2007年4月22日
 を忘れるな

年老い 背は曲がり 
体はほとんど地の草に這い
肌へは しわ深く
されども 
天に突き出すその(拳)こぶしには
ふるさとを守る祈りがあった

見よ 祈りの力を
やがて死んでいく老婆や老翁たちの
やせ細った腕(かいな)と
拳(こぶし)が発する
不思議な 祈りの呪力を

確かに見たであろう
国家の巨きな野望が
その呪文の前で音を立てて崩れ落ちた

祈ることを知れ
若者達よ
祈りに込めて
ふるさとの願いを語れ

2007年4月22日 反核の東洋町
深い歴史の伝説の中に
私たちの心の奥底に
老婆老翁の祈りが建てた
この金字塔を
高く仰げ
とこしえに

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月20日 (日)

高知新聞への公開質問状

News & letters 83/

東洋町でのリコールにつき高知新聞は、本年4月16日付け朝刊で、農業委員が請求代表者に入っているから4月14日に提出されたその田島毅三夫町議リコール請求の署名簿はすべて無効である、地方自治法にそう書いてあると断言口調で記事にしました。

質問1
  地方自治法のどこにそのような趣旨のことが書いてあるのでしょうか。
地方自治法でも、施行令にもどこにもそんなことはかかれていない、と思うが、その法条をはっきり示してください。
  過去の判決とか行政実例などでそれらしき解釈がなされていることは私たちも知っておりますが、リコールの事を定めてある地方自治法なり、何なりの法令で
 農業委員が議員の解職の直接請求代表者になれない、と明定している個所はどこでしょうか。あるいは明らかにそう明言していなくても、そのような趣旨に解せられる条文はどこにあるのでしょうか。
東洋町の場合、そのくだんの農業委員は議員解職請求の代表者となり署名を集める活動に参加したが、集めた名簿の有効性を審査してもらうためにそれをいったん選管に提出する寸前に請求代表者を辞退してやめています。
この農業委員の署名集め段階での請求代表者であったということについて、それゆえにすべての署名簿が無効であると言える法的根拠はどこにあるのか、地方自治法のどこにそれを書いてあるのか示して貰いたい。

質問2 
  地方自治法にそのようなことを規定した法条があれば、私たちも納得します。もし、ないとするなら、高知新聞はいかにして、上掲のようにこのリコールの署名簿が無効であり、しかも地方自治法に違法であると書いてあるとの断定をするにいたったのか、お聞かせ願いたい。

署名を取りに一軒一軒回っていくのは大変つらいことです。署名を取ったからといって何か得をするというのではありません。議会内外で人を誹謗中傷し次から次へ名誉毀損の裁判を起こされている人間、これまで言ってきたことをすべてひっくり返し、利権行政を擁護する男、彼の周辺の住民を中心にして40パーセント近くの有権住民が怒ってリコールの声をあげた。その事実の重みを評価せず、はっきりしない根拠でリコール運動に否定的な記事を作ったとしたら、その責任は重いと思います。

今回のリコールはどうなっていくのかわかりません。
しかし、住民側は確信をもってこのリコールを住民投票にまで持っていくでしょう。
リコールつぶしをせず田島議員が真に住民の意思を聞きそれに依拠して議員活動をしたいなら、住民投票の際、堂々と弁明し投票で判断を仰いだらいいでしょう。
高知新聞は、3分の1を越す住民の意思をどのように考えているのか、いまどき、高知県のどこかにリコールを遂行するだけの力を持っている住民がいるのか、少しでも考えられて、上の質問に誠意を持ってお答え願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

リコール

News & letters 82/

選管や新聞報道によると、田島毅三夫町会議員へのリコール請求書が出されたが、しかし、この請求書に農業委員が1人入っていた、そこで今回のリコール請求の署名簿(1125人)の署名が有効かどうかという問題が浮上した。
町の選管はその農業委員を含む直接請求の代表者に有資格者であるとの証明書を発行していて、リコールはその証明書を掲示しながらすすめられたのである。町の選管のミスであった。
法令や昭和29年の最高裁判例(青森地方裁判所)では、農業委員という公務員が議員解職請求の直接請求者に入っている請求署名簿は全部無効ということである。
地方自治法施行令の規程では、公職選挙法89条が準用されると言うことだ。
しかし、今回の場合、最高裁の判例の事実とは次の点で大きな相違がある。

第1に、最高裁判例の場合は審査も閲覧期間も過ぎ本請求も終わった段階のものであった。
是正も取り下げも何にも出来ない段階のものだ。
東洋町で今問題になっているのは現在署名簿の審査前の段階で、署名簿を預かっているという段階である。申し出又は選管の指示によって請求者の変更も、また、署名者の変更(取り消し)も可能である。
しかも、町選管は、署名簿の手渡しを受けたが、正規の受理をしておらず、預かり状態である。

第2に、署名の重みと瑕疵の重みの比較が必要だと言うことである。
昭和28年頃の農業委員の影響力と現在のそれとは全く相違している。当時は農地改革の真っ最中で農業委員の影響力は重大だった。現在とは比較にならない。また、今回の署名者の多くは漁師町がほとんどで、農業関係者は数十名に過ぎない。
問題の農業委員が請求者に名を連ねていようといまいとほとんど関係なく署名は集まったと考えられる。

第1の点については、県選管の直接請求のマニュアルにも次のようにかかれている。
直接請求代表者の辞退の場合では、直接請求代表者証明書を訂正し、再交付するとし、「この場合には、当初の直接請求代表者の連名による証明書でとりまとめた署名簿も、訂正後の証明書でとりまとめた署名簿も、ともに有効である。」と明記されている。

住民の意思の重みと選管のミスの重みを天秤にかければ答えは自明であろう。
なお、選管は、全署名者の意志を再確認するために適切な措置を執るという。

ところで、このリコールに反対するグループ(某新聞社も含む)は早くから上掲の最高裁判例を知っていたとみえ、署名簿が手渡された頃を見計らってこれを俄然問題化した。リコールつぶしの高等な戦術と考えたのであろう。だが、正しい民衆の意志は一つ一つは小さいが、さざれ石が、巌(いわお)となるごとく、何人も押しつぶすことは出来ないのである。
今回の署名簿はそのような重いものであった、と考える。
どんな困難も、七難八苦も、
    WE  SHALL OVERCOME

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

高知県庁

News & letters 81/

橋本県政はもう終わりました。
だから、次のような姿勢に変えて欲しいのです。

例えば海の駅
これは東洋町が今試運転中です。お客さんはだんだんと増加しこの3ヶ月で1万人以上に達していて、年間5万人が達成されようとしています。
しかし、この粗末なプレハブの海の駅の立っている場所白浜ビーチは、県の施設です。美しい海と浜辺が駐車場の前に広がっています。
200台の駐車場とデラックスなトイレがあります。
本来なら、県が主導して海の駅を作り、物産展を開くべき所です。少なくとも地元の者に呼びかけ、県がバックアップするから物産展をやってみないか、といって条件作りをするべきです。
地元商店は廃れきっています。多くの町民は隣の徳島県のスーパーへ買い物に出かけています。
地元の安くて新鮮な魚や野菜・果物を出せば間違いなく繁昌するはずです。
県が本当に県勢浮上を考えているならとっくの昔にこの白浜ビーチに海の駅は出来ていました。

事態は反対です。地元が海の駅建設に動き出しましたが、誰も支援はありません。地域支援員とかがいるそうですが、知らん顔です。小さなプレハブ小屋を作って建てることでも、建築や公園法、適化法だの
どんどん規制を加えてきます。あげくには、西の方で失敗した施設の例の新聞記事まで参考にといって持ち出してくる始末です。一銭の金も出さないがいちゃもんは出しますというのでしょうか。
県庁の皆さん、改革粉飾とパフォーマンスの時代は終わったのです。実質利権行政は終わった。すなわち橋本県政は終わったのです。
県庁は、県民の先に立って働いてください。市町村のやっていることを仮に支援するのがいやであっても、じゃまはしないでください。

教育でも同じです。形骸化した制度を押しつけるのではなく、教育現場の実態を把握してください。
越境入学で一つの学校がつぶれかかっている、何とか調査だけでもしてくれないかと訴えても、知らないふりをするどころか、我関せずと言う堂々たる回答が来る。こんなものは県政を施すのではなく権勢を振り回しているだけなのではないでしょうか。
城に寄りかかって高禄をはむ昔の守旧派俗論党の侍と同じではないでしょうか。

福祉でもそうです。
町は豪勢な施設を作って、それでもそこで福祉事業を行っていました。町が3000万円出して5000万円の介護報酬を得て併せて8000万円の事業をやっていましたが、それを、町が赤字だ、損だといって、県外業者に「民営化」だという説明で一切を放り投げ、町の福祉事業を「全廃」しました。他県に福祉事業を丸投げしても町は毎年巨額の費用を県外業者に払い続けています。
町が社協に3000万円出して8000万円の事業をしたことがどうして損になるのでしょうか。
また、町の施設をがらんどうにし、町が福祉事業を止めて県外業者(その代表は自民党国会議員)を利するために県立高校(分校)の運動場を丸ごと無償で提供しました。これは町の執行部と県庁とがぐるになってやったことです。特定業者を利するために公募さえもしませんでした。
行政財産上に民間の建造物を建てることは地方自治法で固く禁じられています。行政財産上に私権を設定してはならないというのは行政のいろはです。
そこは町の規則でも今でも運動場となっていますが、県外業者の3億円の施設が立っています。
県庁はこれについて説明を求めてもだまったまま何も答えがありません。
この福祉全廃路線に荷担し活躍した某県会議員が最近東洋町にやってきて、市町村が福祉事業をやることは損をするという持論を披露し、彼を信用していたおおかたの傍聴人に不信を買いました。この県会議員は町内で起こっているリコール運動をやめるべきだという説教をして帰ったということです。

県庁。停滞と闇と権柄づく。この肥満した中間項。
この白い巨塔は、道州制で雲の上に蒸散する前に、解体されて、その資産と人材とをすべて市町村に下放し、市町村の野山に吸収されるべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

保育園児と数え歌

News & letters 80/保育園児と勉強

野根の(ぎんなん)保育園児らと短い時間遊びながら数の勉強をしました。

数を知らない子供がいるので昔の徳島の数え歌を歌ってあげました。歌を歌いながら数を覚えよう。

一で 市の種、
二で 庭桜
三で 下がり藤
四で 獅子牡丹
五つ いやまの千本桜
六つ 紫いろよく染めて
七つ 南天ぱらりと開く
八つ 山吹
九つ 小梅
十で 徳川葵のご紋
十一 じゅくじゅく柿の種
十二 にっこり笑うれば
十三 さんごは海の底
十四 仕事に励むれば
十五 五徳に鉄瓶のせて
十六 ろうそくたてのかみ
十七 質屋は金持ちじゃ
十八 花嫁美しい
十九 熊皮毛が粗い
二十 錦はあや錦
     たまたま一貫借りました

うろ覚えですが、大体こんなものでした。
徳島で幼児期を過ごしたとき、私の姉ら女の児がおじゃみをしながらこの歌を歌っていました。
昔の家庭教育は数の覚えでも、奥ゆかしく、なつかしい町や村の生活の情緒が漂っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

損害賠償請求事件控訴趣意書

News & letters 79/損害賠償請求事件控訴趣意書

「kousoshuisho.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

野根の福祉バスの運行式

News & letters 78/野根の福祉バスの運行式

野根川の奥の村々に無料の福祉バスを週4日2便ずつ走らせることになりました。その開通の式に朝早く出かけました。野根川のせせらぎのほとりの廃校後にさくらが満開でゆめのような光景がありました。思わずイムジン川の曲が胸にわき起こりました。

野根川の 水清く
  静かに
       流れるよ
    鮎は自由に
        群がり泳いでる
     我が故郷 
         野根川の
           奥山里に
             野根川の
                 水清く
            とうとうと流る


美しい自然と平和な村里がいとほしく
          涙が流れました。
こんな所に老人ホームを建てらせてもらいたいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »