« News & letters29 | トップページ | News & letters31 »

2007年9月 1日 (土)

News & letters30

東洋町長の緊急声明

高知県のホームページによれば、本年8月27日高レベル放射性廃棄物の地層処分を高知県に誘致し、それで地域経済の活性化を図ろうというNPO設立の申請が出されていて、今、その申請が縦覧期間中である。
東洋町はこの四月にこの核廃棄物の導入画策に町民がこぞって反対しこれを阻止した。今、核廃棄物を誘致しようという団体が高知県で認可され、活動することには大きな脅威を感ずるものであり、その思いは高知県民全員が同じであると考える。このような団体が認可されないようにお願いする。
核廃棄物の誘致によって地域が活性化し、公益が増進するという趣旨のようであるが、放射能の危険性と評判によって高知県は社会的にも経済的にも大きな打撃を受け、また、県民の健康や安全な生活が脅かされ著しく公益を損じるものである。この悪影響は県外に及び四国全体に大きな負の影響を与えると考えられる。
このことはNPO設立の趣旨(「特定非営利活動促進法」)に反するものである。
また、このNPOは地層処分の適地の調査をしたり、研究会の開催をしたりする事業を遂行するとのことであるが、そうすることによって高知県各地で紛争、トラブルが乱発生し、社会的不安を扇動する結果となるであろう。県は認可をする上に置いてはきわめて慎重な対応が迫られる。
これらの社会不安をかもす団体や企画の発生・活動を未然に防ぐためには各市町村が東洋町のような核導入禁止条例を作るとともに、原発や核廃棄物など放射性危険物を一元的に規制するためにも高知県に核施設導入禁止の条例が早急に制定されなければならないと考える。全県民が今縦覧中のNPO団体の設立について真剣に考え行動することを訴えるものである。

|

« News & letters29 | トップページ | News & letters31 »

反核運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: News & letters30:

» 核ごみ誘致団体申請中 [それがたまるか!!]
何ということでしょう! 高知県に核のごみ捨て場(高レベル放射性廃棄物最終処分場) [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 12時27分

« News & letters29 | トップページ | News & letters31 »