« News & letters27 | トップページ | News & letters29 »

2007年8月30日 (木)

News & letters28

       闇融資事件

闇融資事件が断罪された。副知事らが実刑判決が出た。私も橋本知事のもとの高知県政の闇をつく本を出版した。しかし、本当は何にも闇の話ではない。モードアバンセへの巨額融資にしろ私たちが追求した橋本県政の悪の数々は、闇で行われたのではない。白昼堂々と行われた。

他府県の同種事件と違うのは闇で行われるような事件が 真っ昼間に行われたという点にある。当局も説明せず議会も見過ごし報道陣ももてはやすことはあってもこれを何も問題にしてこなかった。当局や関係者らには見えていた、見えすぎるほどだったが、県民にとっては闇であった。そういう意味の闇だ。

モード社への融資は予算に計上されていた。「闇融資」と言うから人が聞けば予算外の金がでていたのかと思うだろう。そうではない。予算として計上され執行された。だからこそ県政上の問題となり、議会百条委にかかったのである。予算書に計上されていた融資であるから県執行部が説明しなくても議会がその予算の説明を求めていたらすでに分かったはずである。

また、モード社支援は県の同対審で正規に審議されていた。有力県会議員数名もその審議会に参加していた。委員はモード社の具体的計画を点検することができたはずですが、委員らは全員このモード社の支援を含む県の同和対策に賛同していました。

新聞もモード社の開業をでかでかと紹介し祝福していました。モード社に関係する団体や人物を見、それらがやってきた事業の姿を見れば、怪しい、ということがすぐに分からなければならず、すくなくとも賛美することはなかったはずです。全国的に同和事業に関して利権にまつわる重大事件が頻発していた当時、すくなくとも警戒心を持つ必要があったであろう。

県庁内でもこのモード社への融資に反対する有力幹部や職員がいたと聞きます。
あとで、オンブズマンらへの内部告発からこの事件が明るみに出ましたが、それでも県も議会も報道陣も、モード社の実名を隠し続けました。

モード社の実名、関係団体、関係人物らをはっきり公表したのは、私達オンブズマンであり、私が発行した「高知県民新聞」でした。
今回の闇の本当の姿は、重大事案を闇に閉ざそうとした当局や関係者の邪悪で卑怯な姿の影でもあります。

|

« News & letters27 | トップページ | News & letters29 »

高知県政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: News & letters28:

« News & letters27 | トップページ | News & letters29 »