« News & letters23 | トップページ | News & letters25 »

2007年8月10日 (金)

News & letters24

市町村での職員採用試験はどうも不透明ではないかと思っていました。
採用試験要領で、学科試験や面接試験の配点などの試験実施要領が明確でなく公表されていないからです。室戸市でも大きな問題として提起しました。
東洋町でも同様に不明瞭でした。
すなわち、
第1に、学科試験や面接試験の結果が総合評価方式ではないことです。どういうことかというと、学科試験の結果は単に1次試験の「あしきり」用に使われているだけで、2次試験の段階では学科試験の結果は「チャラ」にされてきたようです。40点の人も90点の人も2次試験では同列に並び面接試験を受けると言うことです。そうすると、後は面接試験の結果によって決まると言うことになります。
しかも、この「あしきり」というのも、どの水準で「あしきり」がおこなわれるのかあらかじめはっきりしていない。学科試験で50点以上のものとか、成績上位何人のものとかいうのをあらかじめ決めていないから、お目当ての受験者のとった得点をもって合格点とすることができるようになっているのである。
そればかりか、学科試験の結果、試験用紙も答案用紙も委託業者にそのまま送付され、採点結果の成績表だけが委託業者から町に送りかえされてくるのであるが、それを見ることができるのは首長だけであるということになると、その「あしきり」もあやしくなり、「あしきり」自体も不存在ということになってくるであろう。こうして、実質的には面接試験だけの採用試験になってしまう。もちろん面接試験は、客観的な判断材料は何もないから、お目当ての受験者を合格者に選び出すのはさほどむづかしいことではない。
こうしていけば、コネ採用システムが構築され、市町村役場はコネ就職の利権の巣となるであろう。県庁がどうであったか。これまで多くの疑惑は、教員採用試験に向けられてきた。

このたびの東洋町の採用試験は、これまでの試験とは根本的に相違している。この7月に一般の臨時職員の採用に当たっても学科試験と面接試験を行い、基本的に成績に従って採用された。
これまで観光協会で雇用されていた人も応募があり臨時職員に採用されたが、それは学科試験が成績優秀であったからであり、それ以外の理由は何もない。面接試験では受験者間の差異はあまりない。
このたび、正職員が7人近くやめることになり、急遽採用試験を実施しなければならなくなった。それで、東洋町では初めて試験実施要領が作成された。
試験は学科試験と面接試験とにした。学科試験の配点は80%、面接試験は20%配点し、学科試験50%正解以上のもので、成績上位5人までが第1次試験合格者とし、第2次試験の面接試験を受けるものとした。
試験官は、庁内5人で構成し、このものが採点をし、面接をし、合議の上合否の決定をすることにした。
学科試験50%以上の正解がなければ全員不合格とする。
受験者は事後、自分の成績、自分の答案用紙を確認することもできる。
来る8月19日、いかなるコネ、情実のはいる余地もない公明正大な試験が東洋町で行われる。
改革は進む東洋町の一こまです。
他の市町村の採用試験の実態はどうであろうか。市町村民はそれぞれ、これをチェックしなければ、行政から利権や不正を一掃することはできない。自分ところの自治体の試験制度を点検する必要がある。
コネで入ったものは、もともと、正義感が欠如し、良心が麻痺している可能性があるからである。
もし、コネで入った人がいるとしたら、今更やめろとまでは言わないけれども、その人たちは、その分一生懸命公務に励み、住民サービスに尽くして、正規に入った人以上の貢献をすることを心がけるべきであろう。

|

« News & letters23 | トップページ | News & letters25 »

東洋町の改革」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに訪問しましたが、相変わらずの歯切れのよさ、明快なな論理、行政改革への志の高さ、いいですねえ。
金はなくとも知恵はアル!「新たなる公」が生まれそうな予感がします。そこで提案です。
会社には社外重役という仕組みを取り入れるところがあります。外の眼をもって会社を見る、指導する、提案すると言う仕組みです。
 さてこの仕組みを東洋町にも導入しませんか。名付けて「東洋町の町外助役」です。
1)町外助役は外からの目で町長に助言や提言をします。そうすることによって町長は鷹の目を持つことが出来ます。
2)町外助役は公募します。地位や知名度に囚われず審査するため、名前や履歴は伏せた上で審査します。
3)町外助役は現金報酬を得ることはありません。お礼としては、ポンカン、魚など東洋町の美味しい資源を、年に4回、1万から2万円相当を送ります。その感想をモニターとして報告します。場合によっては食の大使として自発的にに動いてもらいます。そんな活動を面白がってやってくれる人が、社外助役です。
4)任期は1年再委託あり。
5)町外助役は年に数回、東洋町町外助役プレゼン集会に自己負担で出席することとします。
 こうすれば外の眼が東洋町に導入されます。
最後に、しがらみで採用しないこと、
 こんな条件なら、私は是非応募したいですが、いかがですか。
追伸:蛇足ではありますが、町長とはなんのしがらみもない一高知市民です。それではまた。

投稿: 魔法使い=技術士(都市計画) | 2007年8月16日 (木) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: News & letters24:

» 市民の手で政府を [それがたまるか!!]
高知県は自由民権運動の発祥の地です。でも、私たち市民は今、何者からも束縛されず自 [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 23時40分

« News & letters23 | トップページ | News & letters25 »