« News letter18 | トップページ | News letter20 »

2007年6月28日 (木)

News letter19

法令遵守について

観光協会の問題等で私の説明不足で誤解を生じているようですので説明不足分についてはお詫びをしなければなりません。

それは、なぜ現在の状態が法令に違反し処置を必要としているか、という点で十分納得されていない向きがあるようです。これこれは法令違反だといってもわからない人には、私のやっていることが性急で不当だというふうにみえるらしい。

これは町の財産で、それからの収益を民間団体が収納し勝手に使っているのは法令違反だといっても多くの人はすぐわかるけれども、慣習や馴れ合いになれた人にはそれがさっぱりわからないということがあります。今までやってきて問題がなかったのだから・・・・という人がおるわけです。だから、そのような人にまでわかるように何よりも法令に基づいた適切な財産管理(公金を含む)とは何か説明し話さなければなりません。手抜かりがありました。

①東洋町生見の駐車場の年間1千数百万円の収益金を観光協会が徴収しそれを観光協会に入れていました。しかし、この大金については、議会の議決がなければ町長といえども勝手に民間団体にくれてやるという契約をすることができません。町営の駐車場で徴収された料金は公金です。地方財政法第3条2には「地方公共団体は、あらゆる資料に基づいて正確にその財源を補足し、且つ、経済の現実に即応してその収入を算定し、これを予算に計上しなければならない。」また、同法第4条2「地方公共団体の収入は、適実且つ厳正に、これを確保しなければならない。」と規定されています。

管理を委託したものに対して経費を支払ったとしても水揚げと経費の差額である収益金は当然町の収入として予算に計上しなければならないはずです。それを故意に怠り、誰かにプレゼントしたとしたら背任の疑いが出てきます。町がとるべき収益金を誰かに渡すとすれば、いったん会計に納めた後に、補助金交付規則とかの条例・規則にのっとって支出しなければなりません。それらは無論議会の審議を経て議決が必要です。そのように適法な手続きを経ずに得られた観光協会の収益金については不当利得の可能性があり、町として請求権が出てくると考えています。

東洋町には町営の駐車場についてこの前の議会までは管理・運営の条例も規則も何にも作っていなかった。後先になりますが私が町長に就任してからあわてて違法状態を是正中です。現在でも違法状態は完全に正されていません。ブレーキをかけていますが制動距離があるのですからしばらくお待ちください。

それは、地方自治法第244条2の公の施設の設置管理について条例制定の規定に違反します。一時、短期的ならともかく長期にわたって町長といえども公の施設を勝手に運営し、あまつさえこれの運営を丸ごと民間団体に預けるということは違法であります。

これらの法令や規則については一般の人は詳しくは知らないでしょう。しかし、常識で考えて、公営の施設の料金を全額民間団体が取得するということはおかしいというぐらいはわからなくてはなりません。法律を知らなかったでは通用することではないのです。町側だけではなく観光協会役員にも責任があります。その金をいい目的のために使ったから問題ないという主張も認められません。

それだったら、たとえば極端な話、暴力団が更正資金にするんだといって公共施設に縄張りをはり、てら銭をとってもかまわない、ということになるでしょう。江戸時代には盛り場ではそんなことが普通でした。しかし、現代の市町村では議会の審議など適法な手続きを踏んでもらったお金でなくては、すべて不当な利益ということになるのです。

多くの町民は私のやっていることや新聞記事を見て事態を理解してくれています。きれいさっぱりにしてくれという声がしきりです。駐車場料金の収益金は、東洋町の衰微する産業の復興に使わなくてはなりません。たとえば、甲浦の漁師には正規の網干し場もなく困っています。もともと白浜の浜が網干し場であったけれど駐車場にせられ遠慮がちにその駐車場で干しています。観光客から見れば邪魔かもしれないけれど何百年も続いた漁師の権利が侵害されたままです。

新しい網干し場を整備するのに1000万円かかります。長い間の正当な漁師の願いをできる限り早く実現する必要があります。その漁師たちはこれまで莫大な税金を払って町財政を支えてきました。観光だけではなく、地場産業を復興する資金にもその駐車場の料金を使う必要があります。多くの町民はそのことを理解してくれるとおもいます。

|

« News letter18 | トップページ | News letter20 »

町長日誌」カテゴリの記事

コメント

町長 様

確かに、法的な手続きに問題があったかも知れません
それは私どもには解らない問題です

しかしながら、東洋町観光協会は、役場に変わって
東洋町の観光の一翼をになってきた筈
そこのところの、観光協会の位置づけを
ハッキリさせない事には、解決出来ない問題です

公的に上手くいかなかったから
民間に委託する事業が増えている訳で

法的整備は必要かもしれませんが
民間の協力が必要な事も明らかです

採算の取れない事は
民間の効率に期待して委託する事が
増えているのではないでしょうか

観光協会もボランティアで支えられているようですし
観光協会は、何も私的事業、利潤追求を
している訳ではありませんよね

駐車場の料金も、観光協会に入って
観光事業に使われているのではないですか?
それは効率を考えての事なのではないですか?

何もかも、役場に取り込むつもりなのですか?

あなたの問題の解決の仕方、捕らえ方は
官僚的(テクノクラート的)ですね
事によっては、良いかもしれませんが

観光協会のボランティアが取り組んでいる事まで
役場に取り込んで、職員にさせる事は
非効率行政になるのではないですか

観光協会の協力が必要だから
謝罪したのではないですか?

そこのところと、観光協会の地位を
ハッキリさせてあげないと
今まで東洋町にとって大切な
観光事業に協力して来た方達の努力を
踏みにじる事になり

これから先の観光協会の協力
住民の協力を得る事が
難しくなるのではないでしょうか

何の為の行政なのか
いささか、そこのところの疑問が
大きくなるばかりでは無いでしょうか?

投稿: eeyan | 2007年6月28日 (木) 19時04分

こんな文章をブログに掲載している方がいました。
町長さん、このようにされると町民から慕われて尊敬されると思います。是非ご参考になさって下さい。

私が東洋町長ならば。。なんて事が有る訳ないですが。。

いらっしゃいませ〜 (^^ゝ

今日は、町長の観光行政の考え方を
町民の皆さまにご説明する文章を
作文しました
澤山町長に差し上げます

な〜んちゃって〜 ^^
折角だから読んでくださいませ〜


町民の皆さま
お忙しいところ
お集まり頂きありがとうございます

今日は観光行政について
町民の皆様方にお願いがあってお集まり頂きました

皆さまもご存知の通り
東洋町の観光事業は、東洋町観光協会と商工会
ボランティアの皆さま方のご協力の元
現在まで行われてきました

関係者各位の皆さま方の並々ならぬ
ご協力とご苦労に感謝いたします
これからも、変わらぬご協力とご支援をお願いいたします

さて、お願いがあると申し上げましたが
実は、私は前町長から町政を引き継ぐに辺り
いろいろと気になるところが出てまいりました

と申しますのも
観光行政に関わる、財産の管理、金銭の出入り
事業の法的根拠、手続き等に問題があります
今のままでは、法律違反の恐れがあります

今までは、関係各位のご努力の元
大した不正も無く、無事に過ごして
来られたかもしれませんが
法的根拠が曖昧のままでは
何か事故、事件の時に問題になるかもしれません
また、不正の温床ともなりかねません

町にとっては、とても大事な観光事業
これからもその役割に期待しなければ
いけない事には変わりがありません

また、ご存知の通り、町は極度の財政難であります
これから先、尚一層の効率良い
クリーンな、観光行政の推進の為にも

観光協会をはじめ、関係各位
ボランティアのみなさまにも
尚一層のご協力を頂く為にも
その努力に報いる為にも
胸を張って、観光事業を推進して頂く為にも

観光行政に関わる、観光協会の地位
委託業務、行政財産の明確化、明文化を図る為にも
法的整備を行う事が、急務であると考えました

付きましては
ご迷惑をおかけする事もあるかと思いますが
どうか、そこのところをご理解頂き
関係各位、皆様方のご協力を
仰ぎたい次第でございます
ご協力、よろしくお願い申し上げます

大袈裟に処分とか騒がなくとも
要するにこんな事で済む事だったのではないでしょうか?

投稿: 廣田 乃江 | 2007年6月29日 (金) 00時34分

勿論、漁業対策も、農業対策も
必要な事は沢山あるでしょう

しかし、駐車場の駐車料金は、観光客が落としたもの
それを観光事業に使うのは正当な事じゃないのでしょうか?

観光事業に使うお金は、別に町の財政から
支出出来ると言うのでしょうか

納涼祭に支出するお金も、減額して
やっとこさ用意出来るのですよね

花火大会も開催する事になったそうですが
それも、半分の予算だそうですね

その状況の中で、駐車場から得た収益を
観光事業に使わないのであれば
観光業は、置き去りですか?

町長の目が何処に向いているのか
全く解りづらい話しですね

ネットラジオで言ってる事は
観光行政を中心に話しておられたように思いますが

その場凌ぎの発言ですか?

投稿: eeyan | 2007年6月29日 (金) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408473/6958815

この記事へのトラックバック一覧です: News letter19:

» 私が東洋町長ならば。。 [応えは 風に聴け。。]
なんて事が有る訳ないですが。。 いらっしゃいませ〜 (^^ゝ 今日は、町長の観光 [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 00時26分

» 次第に明らかになるほころび。。 [応えは 風に聴け。。]
どうも、観光協会の処分といい 教育委員会の人選といい 東洋町町長 澤山氏が、私的 [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 08時52分

» 東洋町の民主主義 [それがたまるか!!]
けさの高知新聞は、沢山保太郎東洋町長の、法的にすじをとおした行政手腕を紹介してい [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 20時37分

« News letter18 | トップページ | News letter20 »