« News letter4 | トップページ | News letter6 »

2007年6月 2日 (土)

News letter5

いつしか、人の庭にアジサイが咲くころになっていました。

白浜ビーチの特定団体か個人が設置していた5個の自動販売機を撤去させ町が契約する機械に取り替えることにしました。

1、県の施設で東洋町が指定管理者になっているこの海岸緑地公園で、長年にわたって    何の正規の許可もなく年間数千万円の売り上げをする機械を設置してきた。すでに県庁からも無届だ、という指摘も受けていた。公共施設を特定団体(任意団体)の実効支配に任せて収益事業をやらせてきたこれまでの町政をかえることは、何もオンブズマン町長だから、とか、革命的だとか、いうような高度な問題ではありません。当たり前のことです。

2、また、こんな話もあります。

①実際は親子夫婦同居しているが子供を越境入学させているので別の住所にした。

②また、実際は夫婦同居しているが生活保護を受けるために別居していることにしている。

①②の場合、実際には同居しているから、別居していることにしている家族の住民票は委任状なしに発行してもいいのではないか。

という文書での伺いが私にありました。

①②の不法行為を前提(理由)として正規の行政事務に便宜を図ってやるべきだ、というのである。やむをえない事情があれば住民票の発行は本人でなくても柔軟にしてもいいが、不法行為を理由にしては穏やかではない。私の答えはもちろん不可です。

これが東洋町役場の実態であります。

住民も住民であるが、役場も役場だ、という感じです。これでは法秩序もなにもあったものではない。①②が不法行為だという認識がまるでないのです。新築資金貸付金の滞納額が3億円以上やがて4億円(貸付金額の40%)に達するというのも、むべなるかなであろう。

言うまでもなく、住民票の虚偽の申告は住基法違反であり、刑法の公正証書原本不実記載の犯罪の疑いもあります。

①東洋町の生活保護率は高知県では最悪であり、全国的にも最悪でしょう。作為的な夫婦別居で不正受給があるとすれば正すべきです。住民票どころではありません。

②東洋町では、野根と甲浦に学区制が分かれています。同じ町内とはいえさまざまな理由で越境入学が行われているようです。野根の小中学校のほうが寂れていっています。それどころか、徳島県への越境入学も相当な数だということです。親が毎朝車で徳島方面へ送迎しているようです。町が生活の面倒を見ているが越境児童への国の交付金は徳島へ行ってしまうのか。情けないです。

幹部職員から窓口業務の職員まで法令順守を徹底させなければ、町の財政は崩壊し、町の教育は根底から動揺することになります。

|

« News letter4 | トップページ | News letter6 »

民主主義は産業」カテゴリの記事

コメント

越境入学の問題は簡単にはいかない面があると思います。東洋町だけではなく、どこの自治体でもありますよ。新町長になられた方たちは、皆感じ、改革しようとしますが、実行できない理由もあったかと考えます。。町長は知った事を直ぐこのように外に向けて出すのではなく、何故そのような事が起きてるのかを調べてから、家庭の事情とか、色んな情報を受けて、調査してから、指導して、対策をたて、きちんと出来て成果が出た時点で、はじめて外に向けて、このような事があったが、このようにしたら改善することができた。と報告できないのでしょうか?
いつでも、法にふれると言えば、理屈が通るみたいですが、そのような問題として取り扱わなくても、スムーズに改善できる事はただあると思います。大ごとにしてからは、そこらじゅうに亀裂がはいり、うまく行かないのではないでしょうか?
小さな町の中で、どのようにしたら、みんなの力を結集して、町を変えられるか、住民や、町議、職員と話を深めて、良い知恵を生み出して行く事が大切なのではないでしょうか?間違ったやり方を改めていく事はとても大切な事です。改革して、成功してから、成果として知らせたら、本当に好感の持てる町長と評価されると思いますよ。これ以上町の恥を外に出さないで改革できないものなんでしょうか。観光協会の件でも、本当に調査が不足していると思いますよ。会長さんの善意の持ち出しとボランティアで成り立っている面もありましたからね。
苦肉の策として行っている事もあるわけで、誰も個人の懐にお金を入れている人たちはいないのですから、サーファーのイベントにも観光協会はたくさんの寄付をしていますし、色々お調べにならないと、最初に問題ありきで事を行うことは良くなるものも良い方向にはいかないと思えます。皆さんが町長には協力しなくなり、何をするにも、誰も協力しなく孤立してしまいます。
観光協会がお金を出して、町の楽しみをたくさんやっていた事もすべて中断してしまう懸念があります。
あれだけ新聞に一方的に情報を流す、町長のやり方、長のする行いではないと思います。恒例の夏の花火大会も協力者がないとできません。独断ではやれないと思います。多額の水道料金や、国保のお金は四月。五月、集金されてますか?未集金の問題、これも直ぐ法的手続きされますか?長年にわたる滞納者の問題、これは大きな問題です。田嶋前町長は、議会で追及され、何百万も自腹を切られたようですが、沢山町長はきちんと100パーセント集金して下さいね。それはこの町の願いです。

投稿: 東洋町町民 | 2007年6月 2日 (土) 23時02分

   実名で堂々と意見を言い合いましょう

 コメント欄を見ましても、海陽町住民や東洋町住民、東洋町在住の皆さんから意見が寄せられています。傾聴に値する意見や、辛辣な批判もあり読んでいて感心することもあります。

 ただとても残念なのは、匿名での投稿であり、「どこの誰かわからない」状態ですね。下司孝之さんもご指摘されていましたが、せっかくのご意見が、もったいない。

>わざとなんでしょうが、この欄へ投稿の『海陽町在住』の方の蓮っ葉な言いようは澤山への批判の真剣さを疑われます。

>本来の貴方はこんな言い方で世間を歩いている方ではないと思います。
批判があたっていたとしても貴方にも賛成は入りませんよ、相殺効果だけの文章は空しい。

 沢山町長は「手の内をすべて曝して」います。文章で情報公開をしているわけですね。当然意見は異なる人がいるわけです。ですので実名で堂々と反論や批判をすれば良いのです。

 ちゃんと実名で投稿されれば、実質的に「公開質問状」のようなものになります。そのほうが「前向き」な東洋町づくりになると思います。
 是非匿名投稿者の皆様もご意見は実名で投稿をお願いしたいと思います。

 どんどん「正論」を言われて沢山町長と論争されれば良いと思います。対立する意見がぶつかってより高い段階で止揚される。それは沢山町長の愛読書であるヘーゲル哲学のなかの弁証法ではなかったかと思います。

 立場こそ違え町の将来を思う真剣な議論は必ず東洋町が良くなる方法へ行くと思います。日本中探しても「論争好き」の首長はそうはいない(橋本知事もそういえば論争好き)ので良いのではないでしょうか。

 どこのだれだか不明な人に「東洋町へ出てきて現実みろ」と言われましてもこちらも仕事をしていますので、時間的な余裕はありませんし。
 わたしは今回「核のゴミ」を高知県から退治していただいた東洋町の皆様に感謝しています。親近感も持ちました。

 「あのときこうだった。ああだった。」というお話より、「これから原発交付金に頼らずこうやります。」というお話をお聞きしたいのです。是非「前向きで」「面白い」提案をお願いします。
 


投稿: 西村健一 | 2007年6月 5日 (火) 18時24分

西村健一様の発言について

実名で投稿されている事には、敬意を表したいと思いますが
実名でないとダメだとか、そんな事言っていたら
ご自分に都合のよい意見に偏るかもしれません

お忙しい公務の合間に、情報収集をする事は大変な事
町長には裸の王様になって欲しくありません

弱い人も沢山います
立場上名前を明かせない人も沢山います
偽名で発言すればよいのでしょうか?
同姓同名の人に迷惑がかかるかもしれません
誰が発言したかなんて、ここでは些細な事だと思いますが

何の為のブログですか?タダの日記ですか。。?
一方的に伝えたいだけですか?

私は、町の現状や、町長の考えを広く伝えたいから始められたブログだと思っています

町長の記事に対する反応、発言も貴重なはず

誹謗中傷は、良識のある読者は受け流すはず
折角の書き込み、受け取る側が精査すればよい事だと思います

人々の声を吸い上げる努力が出来ないのであれば
市民オンブズマンの名誉に傷がつくのではないでしょうか

町長は勇気のある方だと思いますので
頑張ってください。。

投稿: 室戸市民 | 2007年6月10日 (日) 13時53分

私も室戸市民さんの意見に同意します。
私は一応東洋町民ですが小さな町ということもあり、ここで本名をさらしてしまうと、
西村健一様とは違い住所・年齢・家族構成・性別・趣味・学歴などの個人情報をネット上で何者かにばらされてしまう可能性があります。

下手をすると私の意見に反対する人が、私の写真などをネット上で公開するということも考えられます。一町民として、町長のブログに意見を書き込むのにここまでのリスクはとても負えるものではありません。

投稿: 一応東洋町の人 | 2007年6月11日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: News letter5:

» 原子力政策と地方自治について 6月8日(金曜) [けんちゃんのどこでもブログ]
西村 今月のゲストは、沢山保太郎東洋町長です。友人で市民オンブズマン高知代表の窪 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 08時18分

« News letter4 | トップページ | News letter6 »