« 東洋町核廃棄物拒否条例が全会一致で採択 | トップページ | news letter »

2007年5月26日 (土)

平成19年度東洋町商工会総会

平成19年度お祝いの言葉                 

東洋町商工会の平成19年度の総会の開催をお喜び申し上げます。

昨年から今年にかけて、核廃棄物をめぐって東洋町は大騒動がありましたが、先日、町の放射性核物質持込拒否条例が成立しこの問題について最終的な決着がつきました。皆様方のご協力を感謝いたします。

これから先は、町の行政を改革し、町の産業の復興に全力を注がなくてはならないと考えます。物事は一気に進みませんので少しずつ段階を踏んで着実に前進するよう心がけていく所存です。本町は何を言っても1次産業が大事でありますが、流通・販売部門の活性化、商工部門の復興も重視されるところであります。

そこで、私は長年懸案でありました道の駅(または海の駅)の東洋町での建設を戦略的な課題として取り組んでいるところであります。

この構想が実現されたらそこは地場産品の販売・流通の拠点ともなり、町民の生産活動を大きく促進していくものと期待しています。

東洋町海浜の利用者、外来の観光客などの利便も一段と進み、また、多くの町民も町外へ買い物をしに行く必要もなくなると思います。

一定の環境的、条件整備が進みました際には、東洋町の商工会の皆さんに具体的なご相談に上りたいと考えていますので、ご協力をよろしくお願い申し上げて挨拶に代えたいと思います。

|

« 東洋町核廃棄物拒否条例が全会一致で採択 | トップページ | news letter »

観光開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年度東洋町商工会総会:

« 東洋町核廃棄物拒否条例が全会一致で採択 | トップページ | news letter »