« 平成19年度東洋町商工会総会 | トップページ | News letter2  »

2007年5月29日 (火)

news letter

私は法令順守を公約にしています。こんなことを公約にするというのもおかしなことです。

それほど行政機関にとって法令順守がむずかしいということでもありますが、行財政改革にはこの法令遵守が一番役に立つという面もあります。

行政機関のいろいろな問題は、法令が不備だというのもありますが、大概は、法令違反、脱法行為が主な原因です。

1、東洋町の核の問題でも私は憲法第95条違反の案件であると考えています。

放射性の核廃棄物は危険である、ということで反対したわけですが、また一方町長が独断で応募し、政府や原環機構がこれを即座に受け入れて地層処分地を決めようとしたという強引な手法も同時に問題でありました。憲法第95条違反についてマスコミがほとんど取り上げなかったのは合点がいきません。

憲法95条は特定地方に適用する特別法については、当該地域の住民の同意が必要だと明記してあります。今回の東洋町の問題は、高レベル放射性廃棄物に関する国の特別法の適用でありますので、これについてはまさに憲法95条の適用が必要でありました。その手続きも法律(国会法)で定められているのです。

法律の遵守によって今回の騒動は解決されていたと思います。

2、私が今取り組んでいる東洋町内部の諸問題もすべて法令違反を正すという作業です。

観光協会の白浜ビーチの管理、生見海岸の駐車場の管理なども、県の管理条例違反、また町が地方自治法で定められた管理条例も作らなかったという違法行為に基づき、町が収納すべき駐車場料金を収納しなかった、など法令に基づく整理が必要な事案です。そもそも、過疎債で整備されたこの駐車場を有料で運営することができるのだろうか。

3、さらには、県から譲与された室戸高校甲浦分校の運動場は、町の行政財産であるのに、特定団体の豪勢な建物(他県からの介護施設)が建てられ、無償で貸し付けられています。しかもその貸付契約書には建ててから6年間で撤去し、原状に復すという信じられない内容が盛り込まれています。この施設建設に国の補助金などが当てられているとしたら、どうなるのでしょうか。

そもそも行政財産は売ることも貸し付けることも禁じられています。ましてその上に建造物を建設するなどということはありうべきことではなく、地方自治法違反です。

改革といってもすべからく現行の法令を使う以外にありません。

法令順守という点では、私は人後におちることはないと思います。

誰かさんたちが、独走だ、独裁だ、公約違反だ、と叫んでいるようですが、

私は法令順守においては誰にも相談いたしません。黙ってどんどん法令を守り法令を実行いたします。みんなが赤信号で横断歩道をわたっていても私は渡りません。規則を守るということについては誰にも遠慮せず黙って実行します。不当な利権行政はすべて法令違反ですからどんどん断ち切っていきます。そういう点では私は独走態勢に入りつつあると考えます。あまり速いからついていけない、という人がいます。

誰も私についてこなくてもいいのです。人はそれぞれ自分の仕事を一生懸命やっていればいいのです。私は私や部下が不正行為で捕まらないように法令順守を断行するのみです。

|

« 平成19年度東洋町商工会総会 | トップページ | News letter2  »

町長日誌」カテゴリの記事

コメント

おそらく誰もついて行かないでしょう。
せっかく当選されても、皆さんのご苦労が分からない方でしたね。
支持した責任があり、悩みましたが、ここまで、小さな人間だったとは、お育ちでしょうか。
多分任期は全うされずに、リコールか辞職に追い込まれる事でしょう。
少しでも役に立てるよう努力をされるならもっと謙虚に、他人のことばに耳を傾けましょう。

最近はひとり去り、二人去り、あなたのことばで、どんどん離れて行く人間がいることを分かっていないでしょう。町長のお仕事は何ですか?
何も変化がありませんよ。
軌道に乗るまで一ヶ月かからないと豪語していましたね。教育はどうなっているのですか?
あなたはつつくだけで、作り上げることはできないのですね。
足元から揺らいでいます。私はもう応援はいたしません。

投稿: 東洋町在住 | 2007年5月30日 (水) 16時57分

〜人はそれぞれ自分の仕事を一生懸命やっていればいいのです。〜
法令遵守を公約にするくらい、これを言うのもおかしなことだと思います。あまりにもあたりまえで、同感だと表明するのをためらうほどです。
それをわざわざ言わなければならないくらいにあたりまえでない「法令を遵守する自治体首長」という仕事、ぜひ、まっとうしてください。
それぞれ自分の仕事を一生懸命にやっている人たちが、行政活動への監視に時間を割く必要がない程度には、安心して生活できるように。
・・・応援のつもりです。

投稿: 寺町歩 | 2007年6月 1日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: news letter:

» 鹿児島黒豚とんかつ [鹿児島黒豚とんかつ案内]
鹿児島黒豚とんかつ情報をお探しの方はご活用ください [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 13時31分

« 平成19年度東洋町商工会総会 | トップページ | News letter2  »